2017年9月14日 (木)

2017年9月 月齢23.2 よくぞ見つけた二十三夜の月

昨夜の月の出が22:55と遅くなり、近所で見えてくるのは日付が変わってから。
ということで完全に朝のお月見にスイッチ!
ここのところの天気予報を見ていると、夜のうちは曇りで朝から夕方までは晴れなんですよね。見方によってはお月見にはもってこい。でも、雲が多めの日が続いています。
今朝も6時半に起きて外に出てみたのですが、空は真っ白け!今日のお月見はダメかと諦めていました。
7時半頃、ゴミを出しに行ったのですが空はやはり真っ白け。でも、さっきよりもやや日差しが感じられたので、見えないもんかと雲だらけの空をみあげていると、雲と同化した月を見つけてしまいました。
急いで一眼を撮りに戻って、月はと改めて探して、なんとか発見!月がわかりますか?
Simgpi6448
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/400秒 F7.1 ±0EV ISO100(9月14日 7:42撮影)
月齢23.1

上の写真をトリミングして見ましたけど、雲と同化した二十三夜の月がわかりますか?
Simgpi6448crop
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/400秒 F7.1 ±0EV ISO100(9月14日 7:42撮影)
月齢23.1

今日のような月を見つけるのはお月様バカのなせる技。とはいえ、スッキリした月の方がみたいですよ。
さてさて、明日の朝も今日のような空みたいで、月は細くなるし天気は微妙で見られるかどうか。土日月の三連休は台風の影響でダメっぽいですね。週明けには新月。明日が今の月廻りの見納めとなりそうなのでなんとか見られるといいですね。

今回は、1ヶ月後の中秋の名月にちなんだ絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (4)

2017年9月13日 (水)

2017年9月 月齢22.1 朝の空にほぼ下弦の月

月の出が22時を過ぎ、お月見は朝へと移ってきました。
今朝は6時半前に起き、着替えて外に出てみると、空は明るいながらも意外と雲が多くて月は見えるのか?と心配しましたが、玄関前から空を見上げて見ると、雲が流れる高い空に月が見えました。
Cimg6584
自宅にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/400秒 F5.9 ±0EV ISO125(9月13日 6:39撮影)
月齢22.1

緑道公園に行って、空をみあげていると、雲が流れていって青空にスッキリとしたほぼ下弦の月が見えました。
Cimg6592
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/400秒 F5.9 ±0EV ISO160(9月13日 6:44撮影)
月齢22.1

青空なんだけど、巻雲が流れていてて、ときどき月に巻きついていました。
Cimg6605
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/250秒 F5.9 ±0EV ISO80(9月13日 6:48撮影)
月齢22.1

朝の空高くに見える下弦の月。
もう3ヶ月もすると、青空の月も寒そうに見えますけど、今の季節の朝の月は気持ちがいいですね。
月はどんどん細くなっていき、20日に新月を迎えますが、週末には台風がやってきそうなので、今週中は見られるといいですね。
台風が近づいたら身の安全を第一にしてください。

今回は、現役プラネタリウム解説者と、日本を代表する天体写真家による世界で一番やさしい星座解説の本の秋編をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (4)

2017年9月11日 (月)

2017年8月 月齢19.8 更待月

昨夜の月の出が20:36とだいぶ遅くなりました。
月が近所で見えてくるのは1時間後の21時半過ぎ。
風呂に入ってのんびりして見に行けばいいかなんて思っていたら、気がつけば23時過ぎ。
月は?と外を見ると、雲がなかったので、これは撮りに行ってこようと、緑道公園へ。
空にはきれいに更待月が見えました!
Simgpi6426
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(9月10日 23:29撮影)
月齢19.8

昨晩はシンプルにお月様だけ撮影してお月見終了。
月の出が遅くなってきたので、朝へのスイッチの頃ですね。
そして今夜は月の出を前に雲だらけの空となっていて、見られなそうですね。
今の月が欠けていき、新月を迎えると、いよいよ中秋の名月を迎えます。
中秋の名月は10/4(水)です。でも、満月は2日後の10/6です。
どちらも見られるといいですね。

今回は、中秋の名月にちなんだ絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2017年9月10日 (日)

2017年8月 月齢18.7 寝待月にウサギ?

今日の月は寝待月。月の出が19:57と遅くなってきましたね。
天気予報では夕方から曇ってくるとのことでしたが、意外に雲が増えていなかったので、月の出から30分以上経った20時半過ぎに家を出て、月が見えるところはないかなぁと歩いていると、路上で月が見えたのですが、撮るにはちょっと邪魔になるのでいいところはないかなぁと歩いているうちに林試の森まで行ってしまいました。
ちょうどよく林試の森の木々の上にボヤーッと月が見えていました。
Simgpi6245
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F3.5 ±0EV ISO1600(9月9日 21:12撮影)
月齢18.7

ボヤーッとした感じを生かして月を撮影。
Simgpi6290
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO400(9月9日 21:14撮影)
月齢18.7

無事にお月見できたからもう帰ろうと、園内を歩いていて、木々の間に月が見えたので、こういうお月見もいいなぁと眺めながら歩いていて、見つけちゃいました。
月にウサギがいた!なんてね。
Simgpi6371
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月9日 21:26撮影)
月齢18.7

そして家に帰る途中、武蔵小山駅前の再開発地区の大型クレーンの近くに月を見つけたので、見える場所を探して撮影。クレーンに吊り上げられているお月様です。
Simgpi6396
駅前にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F5.6 ±0EV ISO1600(9月9日 21:41撮影)
月齢18.8

武蔵小山駅前の再開発はどんどん進み、1棟目のタワマン建設が進む中、2棟目の敷地の立退きが進行中、3棟目となる商店街の部分は現在、計画策定中。で、終わりではなく、さらに商店街を潰して、4棟目、5棟目の計画も進行中なんですよ。
最終的に今ある店舗の8割近い店舗が立退きます。

タワマンの下には、現在ある商店街のように店舗を並べるらしいけど、これまで商店街を支えてきた個人商店は自分の土地なら営業できても、高い賃料を払っては経営が成り立つわけもなく、消えていき、土地に縁もゆかりも愛着もなく、ただ売れればいいだけのどこにでもあるチェーン店が並んでいるだけの特徴のないただの店舗通りになることでしょう。

この先、本格的に人口減を迎える時代に、タワマン5棟分の需要があると考えているのか?
店舗にしても都内はあちこち同じ顔になっていて、聞こえるのはすでに店舗は飽和状態にちかいという声。 他のところとパイを奪い合うだけ。
売上が上がらなければさっさと撤退して入れ替わり、この先10年、20年と街と歩んでいく店舗などあるわけもなく、数十年後にはまた全て建替えで、店舗は総入れ替えで、老舗といわれる店舗はこの先は生まれることはない。
そんな街に訪れる人は愛着を感じるはずもなし。もちろん近隣住民も。
それで商店街の活性化とはちゃんちゃらおかしい。
これは商店街活性化ではなく街壊し以外の何物ではない暴挙!
かつて日本一長いアーケード商店街として有名となった武蔵小山商店街は間もなく終焉を迎えること間違いなし!
品川区は完全にバカ!

タワマンの人間だってどれだけ住み着くのかわかりゃしない。
災害となれば、止まったエレベーターのために復旧に人手が余計にかかるだけで、周辺の初期救助の手助けには全く役立たずとなる!
1棟辺り2000人として5棟建てば1万人!それだけの災害援助も必要になる。
今までの住民の邪魔にしかならない!
それで絆で防災とかいうバカな品川区長!
役人ともども建設利権にたかるだけ!
原発だって地震も津波も平気と言っていたのにあのざま。
タワマンだって絶対にどうにかならないという保障はない。
低層の親子3世代が近くに暮らせて、低メンテナンスコストの長寿命住宅を建てて、育児施設、老人施設、病院なども併設し、暮らしやすく定着できる街を作るべきなのに、投機目的優先でメンテナンスに金も人でもかかる使い捨てのようなタワマン作りに精を出す。

都内ではオリンピックと防災の名のもとに、あちこちで住民の声など無視して再開発や道路拡張(五輪の練習場となるので周辺の混雑解消とか言って)が進んでいます。
何のための防災で、何のための五輪なのか?
この国は完全に腐りきったとしか思えません。

東京周辺で幾つもの警告が発せられているというのに、本気で防災を考えていない。
いつ地球から見放されることか。
東京五輪は開催できるのか?
あんな所に選手村を作って大丈夫なのか? 
さてさて、どうなることやら。

私は月を眺めて日本人の愚かさを嘆いているだけですけどね。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2017年9月 5日 (火)

2017年9月 月齢14.7 ボヤーッと十五夜

今日は朝からずっと曇り空。ときどき日差しは指すものの全く雲は取れず。
日が暮れても、今日は完全にダメだな、そんな空。
でも、お月様バカは諦めません。
夕食後にダメ元で散歩がてら緑道公園に行ってみました。
すると・・・
ボヤーッと月明かりが見えるじゃないですか!今日はこれだけでもいいやとまずは撮影。
Simgpi6144
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:50撮影)

厚い雲がかかっているけれど、その雲は流れていて、雲が流れた後は少し雲が薄そうな感じだったので、もしかしたら見えちゃうかもなぁと眺めていると、思った通り、月がボヤーッと見えてきたので、よし、ヤッター!と撮影しました。
Simgpi6159
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:51撮影)
月齢14.7

見ていると、さらに雲が薄くなってきて、月の輪郭がはっきりと分かる程度にまでなってくれました。
ほぼ丸の十五夜お月様です。
Simgpi6184
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:53撮影)
月齢14.7

でもまたすぐに雲が・・・。
Simgpi6192
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:54撮影)
月齢14.7

この後も月は見えたり隠れたりしていましたが、次第に見えない時間が長くなってきたので、お月見終了。
見られないと思っていた月が、めちゃくちゃいいタイミングで見られたので大満足。
さて、明日の満月も天気はよくありませんが、見に来てみなくちゃはじまりませんね。はたして・・・

今回は、丸い月にちなんだ絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2017年9月 3日 (日)

2017年9月 月齢12.6 青空に十三夜の月

あそ起きるといい天気。でも昼前には雲が広がって、今日のお月見はダメかと思わせておいて、午後を過ぎたら雲は多いものの秋の雲が広がるいい天気になりはじめて、見えるかもと思わせぶりに、私の気持ちを弄ぶ空。
女心と秋の空と書いたら炎上?しちゃうのかもしれないけど、まさにそんな空。
こんな日はよく空の見えるところに行って、月の出(16:14)間もない頃から見える所につくように歩こうと、目黒線多摩川駅から田園都市線二子玉川駅まで多摩川ウォーキング!
二子玉川公園に到着したのは、16:45。もう月が見えていてもいい時間だったので、アプリで月の方向を確認して、空を見ると、ものすごくうっすらとした十三夜の月が見えました。
Simgpi5999
二子玉川公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F9.0 -0.7EV ISO100(9月3日 16:47撮影)
月齢12.6

もう少しはっきりするまでベンチに座って一息ついていると、いいものを見つけちゃいました。
だいぶはっきりしてきたら撮ろうと思っていたら、月が雲に隠れてしまったんですけど、それが帰っていい具合に作用してくれました。
外灯の風力発電用の風車が風に吹かれて羽が回っていて、雲を吹き飛ばしているように見えました。本当は風を受けているんですけどね。
Simgpi6016
二子玉川公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F7.1 ±0EV ISO100(9月3日 17:04撮影)
月齢12.6

小さな雲が流れてきては去っていき、月は次第にはっきりとしていきました。
Simgpi6056
二子玉川公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F10.0 ±0EV ISO100(9月3日 17:07撮影)
月齢12.6

風車も一生懸命風に吹かれて回っていました。
Simgpi6073
二子玉川公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F20.0 ±0EV ISO800(9月3日 17:08撮影)
月齢12.6

そして周りに雲がなくなってスッキリした十三夜のお月様です。
Simgpi6095
二子玉川公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO100(9月3日 17:21撮影)
月齢12.6

そして今夜は夜もスッキリとお月見出来ました。夜の十三夜のお月様です。
Simgpi6142
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(9月3日 19:44撮影)
月齢12.7

今回の月廻りは、前回の殆ど見られなかった月廻りから一転して、よく見られていますね。
台風の影響もそれほどでもなく、ありがたいことです。

今日は、眞子さまと小室さんの婚約が正式に発表されましたね。
その中で、小室さんは、眞子さまを「月」に例えて、交際中のエピソードを明かしたそうですね。ニュースから一部を引用。 「宮様とたびたびお会いするようになりましてから、ある日夜空にきれいな月を見つけ、その時思わず宮様にお電話をいたしました。その後もきれいな月を見つけますと、うれしくなり、宮様に電話をおかけしています。宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに、強く惹かれました」

雅だという声も上がっているようですが、スマホの画面に向かって下を向いてばかりいないで、もっと月を見上げましょうよ。
みんなも雅になれますよ。

今回は、1ヶ月後の中秋の名月にちなんだ絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2017年9月 2日 (土)

2017年9月 月齢11.6 都庁でお月見

朝は雨。その雨もお昼前には上がってその後は雨がウソのような、台風一過のような青空が広がりました。
今日は入間に行った帰りに都庁によって見ました。
都庁南展望台から眺めた景色です。流れる雲の中に月も混じってますよ。
Cimg6514
都庁展望台にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/250秒 F7.0 ±0EV ISO80(9月2日 16:39撮影)
月齢11.6

ちょっとズームイン!
Cimg6518
都庁展望台にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/640秒 F5.4 ±0EV ISO80(9月2日 16:40撮影)
月齢11.6

さらにズームインして、手前のdocomoタワーと、奥の存在感が薄くなった東京タワーと月です。
Cimg6521
都庁展望台にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/500秒 F5.7 ±0EV ISO80(9月2日 16:40撮影)
月齢11.6

雲はどんどん流れ、月だけを残して行こうとすると、月はちょっと乗っけてよなんて言ってるみたいでした。
Cimg6528
都庁展望台にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/640秒 F5.9 ±0EV ISO80(9月2日 16:41撮影)
月齢11.6

雲が流れ去り、スッキリした空のお月様です。
Cimg6539
都庁展望台にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/400秒 F5.9 ±0EV ISO80(9月2日 16:49撮影)
月齢11.6

夜もスッキリとした月が見られるかなと思ったら、なんと曇っちゃってるじゃないですか!
それでも月明かりは感じられたのでしばらく見ていると、チラッと月が見えたタイミングを逃さず撮影しました。
月明かりをたなびかせるお月様です。
Simgpi5197
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月2日 20:12撮影)
月齢11.7

ちょっと見ない間にもう下弦の月(4/19 18:57)。早いですね。
ソメイヨシノが散り、八重桜の季節ですが、もう間もなくゴールデンウイーク。
月は、ゴールデンウイークの前に新月になって、徐々に存在感を増していきますので、のんびり月見を楽しむのもいいでしょう。

今回は、現役プラネタリウム解説者と、日本を代表する天体写真家による世界で一番やさしい星座解説の本の秋編をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

«2017年9月のお月見情報