« 2008年10月 月齢4.0 | トップページ | 2008年10月 月齢7 »

2008年10月 4日 (土)

2008年10月 月齢5 木星・金星・さそり座と

今回は横浜港大さん橋から夜景中継です!
思いかけずたくさんの星々と撮影できたので全部お見せします。

真ん中の明るいものが月、左の上の方にある小さな点が木星、右下のビルのすぐ上にある点が金星です。ほぼ一直線に並んでいるところです。
クリックして拡大した画像で確認してください。
Dsc65664
横浜港大さん橋にて α100+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/6秒 F3.5 -1EV ISO400 (10月4日 17:45撮影)
月齢5.0

月をアップにして撮影したら、周囲に3つの星が!
真ん中の星がアンタレス。周りの星もさそり座の星です!撮影中はアンタレス以外は気がつかなかったんですよ。
地球照も見えてます。
Dsc65690
横浜港大さん橋にて α100+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/3秒 F6.3 -2EV ISO1600 (10月4日 18:03撮影)
月齢5.0

最後はみなとみらいの夜景とお月様です!
Dsc65682



星と月のコレクション (ふしぎコレクション) Book 星と月のコレクション (ふしぎコレクション)

著者:林 完次
販売元:フレーベル館
Amazon.co.jpで詳細を確認する



|

« 2008年10月 月齢4.0 | トップページ | 2008年10月 月齢7 »

コメント

こんな綺麗な写真素晴らしいですね
横浜竹之丸に30年間住んでいましたが懐かしい 
08年11月13日西空に金星と左上に木星が、月齢満月
一片の雲もなく筑波山の夕焼けは絵巻物のように美しいです 当地は茨城県県央の那珂市です 西一直線100キロ先が東京です 直線状に筑波山があります
金星は美と愛の女神アフロデテの象徴の星ですが輝きは美しいですね
ゼウスの星、木星も輝いています
12月1日頃最高に接近するのでしょうか

投稿: ゆめかな | 2008年11月13日 (木) 17時15分

ゆめなかさん
横浜に住んでらしたのですね。それも30年も!
住み始めた頃と今とでは街はかなり変わったのでしょうね。
でも、空は変わらずに綺麗に見えます。
筑波だと空もより一層綺麗でしょうね。
1日の夕方頃、月と金星、木星がかなり近づきますね。金星とは夜中頃、最接近するようです。
大晦日にも月と金星が近づきますよ。

投稿: ブドリ | 2008年11月14日 (金) 08時40分

11月22日明けの空は獅子座、土星、半月 月の女神セレーネの半月の輝きは美しかったです 東の空は春の大曲線が素晴らしかったです この曲線を南に下ると地平線下にサザンクロス南十字星が輝いています 南半球から北半球を見るとカラス座が鮮やかに輝いていた事が記憶にあります 西洋では
カラス座はスパンカー(船の帆の意味)もありますが、この星座割合に目立つものです 私、以前は航海者でしてJPSの無いアナログ時代は自分の位置は全て太陽、恒星の高度を測定して確認したものです 
 星座は美しいギリシャ神話の物語が付いているので大好きです
11月22日夕方の茜色の夕映えに愛と美の女神のアフロデテの象徴の金星と大神ゼウスの星 木星が鮮やかですね
12月1日2日は月の女神セレーネの眉の様な細い月が加わって絵巻物の光景が見られるので楽しみです
この光景を見ていると 共に太陽を回るメリーゴーランドの様に感じます
地球は生命の揺り籠かも知れません

投稿: ゆめかな | 2008年11月22日 (土) 08時27分

ゆめかなさん
朝の星たちはとても綺麗に見えたのですね。西の方の空はひらけて見える場所がなくはないんですけど、東の空が見られないんですよ。それがちょっと残念。
12月1、2日。私も楽しみです。

投稿: ブドリ | 2008年11月22日 (土) 23時43分

今朝の春の星座ゆめかな と思うほど綺麗でした 春の大曲線が南に下り
スピカ乙女座に月の女神セレーネの美しい顔のような半月がでていました スピカは豊穣の女神であり
正義の女神でもありますね 右手に悪を征伐する正義の剣をかざし、左手に正邪を計る天秤を持って、平等をきす為に目隠しをしていると言われます。
昔の人は星座に物語を付けて様々な思いを馳せたのでしょうか 星は農耕の民にとっては、季節と時を表すメモリーであったし 旅人にとっては道しるべであったと思います 豊かな文化を創造した古代人の足跡を現代人もまた踏襲しています、宇宙星人の私たちは、古代の人の創造した星座物語を楽しんでいます

投稿: ゆめかな | 2008年11月24日 (月) 16時21分

ゆめかなさん
なかなか朝は起きれないし、空が広く見えるところがないので星座を追いかけるのが難しいので、コメントの話を確認できなくてとても残念でなりません。
昔の人は星座と対話しながら農耕をしていたんでしょうね。私たちも生活の中で何かしら意識して過ごすと、忘れている何かを思い出すかもしれませんね。

投稿: ブドリ | 2008年11月26日 (水) 00時17分

写真で見る星や月の美しさはまた格別な魅力があるものだと深い憧憬の心で見させて頂いています 
天体の限りなく透明な輝きの、一瞬を、心の命ずるままにシャッターを切る、そして、出来上がった写真を見る楽しみは、自身でなければ解らないものかも知れません でも解りますよ.. 美しいものは誰が見ても美しいものです
広大普遍的な天体の一幕の感動を、写真に収めてブログに載せて他人にも魅せると言うことは、私にはできないので、羨ましく思います
天体観察は寒い中とか、不便な過疎と地となりますので、大変です

投稿: ゆめかな | 2008年11月29日 (土) 09時54分

ゆめかなさん
たくさんの人に見上げれば人間の手の届かないところに美しい世界が広がっていることを知ってほしいと思っています。
外での天体観測は大変ですよね。
私は都内なので、本格的にしようと思うとなかなか難しいです。それにくらべ、月は一番身近で見る方にも親しみやすいですよね。
いろいろと知り合った方には月を見ることでほんの少しのゆとりを持てますよと、月を見ることを勧めています。

月と木星と金星の大接近。楽しみですね。

投稿: ブドリ | 2008年11月30日 (日) 21時22分

4月27日天の川を確認しました
前日は発達した低気圧が日本海を北上して春の嵐の典型的気圧配置となりました
風で黄砂も一掃されて翌日4月27日早朝快晴 白鳥座から射手座に下る天の川を確認しました興奮してNHKラジオ朝一番にメール送信して天気予報の時読んで頂きました 平地で天の川を見るのは久しぶりです 南国で見るような圧倒的迫力ではありませんが、懐かしいバルジ(星密集地帯)に会えて興奮しました 以前赤道直下で見た天の川とは比較出ませんが.....
5月19日明けの明星金星が眩しく
半月の近くに木星が輝いて、素晴らしい天体ショーです
私の家のミカンの木に真っ白いミカンの花が満艦飾に咲いて甘い香りが漂っています 水戸市近辺の北関東でもミカンが沢山成ります 
温州ミカンは隔年性が強くよほど摘果しないと翌年に実を付けません
裏年というものです
余談を書いてすみません
星の写真いつも楽しく見せて頂いていいます 天文カメラマンは寒く暗い僻地に行くので大変だと思います

投稿: ゆめかな | 2009年5月19日 (火) 05時59分

ゆめかなさん
天の川を発見されましたか!
東京ではなかなか厳しいので羨ましいですね。
水戸あたりでもみかんが取れるのですか。まったく知りませんでいた。みかんの花の香りはかいだ事がありませんがいい香りなのでしょうね。実のつき方も勉強になります。ありがとうございます。

投稿: ブドリ | 2009年5月22日 (金) 00時32分

boutique冬の夕映えに美しいシルエットの坂東富士(筑波山)に一番星の木星が輝いています 間もなく金星が出る頃でしょうか
昨年は世界天文2009でした12月8日朝6時8分国際宇宙ステーションを初めて見ました すごく感動しました 大きな火の玉が北西の空から北斗七星(北東)方向に進んで行きました 2~3分間のドラマでしたが興奮しまた 350キロ上空の大気圏外で無重力ですから夢の世界と思います
下界は現実ですが天空は星の王子様の住む夢の世界....星を見ていると金髪の星の王子様が見えて来る時があります 
人は夢をみて夢を食う果てしない旅人のようです

投稿: ゆめかな | 2010年1月12日 (火) 15時53分

ゆめかなさん

坂東富士に木星という巡り合わせもいいですね。
宇宙ステーションを見たのですか。一度見てみたいのですが、なかなかタイミングがあわないんですよね。いつかキャッチしてみます。

空をみあげていると星の王子さまが見えてくるより自分がそんな気持ちの時もありますよ。
「人は夢をみて夢を食う果てしない旅人」
今はその夢すらも見てない人が多いから荒れている人が多いのかもしれませんね。

投稿: ブドリ | 2010年1月13日 (水) 08時36分

1月24日夕刻5時32分国際宇宙ステーション(ISS)がキラキラと観察できました90分で地球を巡るハイスピードですが凡そ2~3分間の長い時間の観察でした 北西から南東に飛行してスリウス近くを通過して行きました 関東上空で我が家の頭上でした凄く感激!! 見た感じき金星(最大-4.7)よりも明るく感じました飛行士若田に手を大きく振りました
一般の人工衛星と違って太陽光パネルを広げた幅は100メートル強ですから輝度の大きさが想像できます
星に縁の無い都会でもISSは見えると思います

投稿: ゆめかな | 2010年1月26日 (火) 09時48分

1月24日夕刻5時32分国際宇宙ステーション(ISS)がキラキラと観察できました90分で地球を巡るハイスピードですが凡そ2~3分間の長い時間の観察でした 北西から南東に飛行してスリウス近くを通過して行きました 関東上空で我が家の頭上でした凄く感激!! 見た感じき金星(最大-4.7)よりも明るく感じました飛行士若田に手を大きく振りました
一般の人工衛星と違って太陽光パネルを広げた幅は100メートル強ですから輝度の大きさが想像できます
星に縁の無い都会でもISSは見えると思います

投稿: ゆめかな | 2010年1月26日 (火) 09時48分

ゆめかなさん

ISSを観察できたのですね。羨ましい~
東京からも十分見られる明るさですよね。
明け方に通過することが多いですよね。夕方だと週末にタイミングが合えば見てみたいです。

投稿: ブドリ | 2010年1月27日 (水) 00時36分

moon35月16日快晴の北西の空に女神の眉のような細い2日月と金星が大接近しました 童話の一ページを見ているようでした その脇を国際宇宙ステーション(-4.7)と前日に打ち上げられたhappy01スペースシャトル.デスカバリのランデブー飛行を見ましたハッピーでした 19時41分~19時47分北西~南東にピカピカの国際宇宙ステーション(ISS)はハートを熱くしてくれました


投稿: ゆめかな | 2010年9月 5日 (日) 14時33分

heart04いま夕映えにピカピカの金星がきれいです 春に日本の金星探査機あかつきが打ち上げられて 10月ころ金星の周回軌道に入るようです 女神アフロディテの金星も分厚い硫酸の雲で覆われた激しい嵐の不毛の星ということです
地球から眺める金星の何と美しいこと....boutique二足歩行の人類の果てしない夢を載せて宇宙に思いを馳せて......

投稿: ゆめかな | 2010年9月 5日 (日) 14時48分

happy01けさ窓を開けて4時の空は快晴でした
オリオンが高度を上げて輝いていました カペラ プロキオン ポルックス アルデバラン リゲル シリウスの冬のダイヤモンド星座を造っていました 透明な朝の大気に輝く星フィスタは浮世の些事を忘れるには余りあるほど美しかった 
最も明るいシリウスはbeerエジプトでは明けの明星として崇められた 明けのシリウスは母なるナイルの氾濫を物語っているからです ナイルの神オシリスは明けの明星シリウスと言うことです
8.3光年の彼方の美しい輝きを改めて見る思いでした

投稿: ゆめかな | 2010年9月 5日 (日) 15時10分

ゆめかなさん

今、金星が夕方の空に綺麗に輝いていますね。あかつきが目指す先に光が差しているようです。どんな発見があるのでしょうね。
オリオン座も徐々に高度を上げ、暑い暑いといっている地上とは関係なく夏から秋へと変わっていますね。

投稿: ブドリ | 2010年9月11日 (土) 23時56分

heart04星空のかなたの 小さな星から 大切なものを探して遥かな旅をした星の王子様....... night日没後の南東の空に木星がピカピカと輝いています 一昨日27日木星のわきをboutique国際宇宙ステーション(ISS)が日本列島縦断して関東地方の真上を飛行して行きました
-4.7金星ほどの明るさでした 真上の時は本当に明るいです 次に関東の真上を飛行するのは11月14日(日)と11月28日ころです

投稿: ゆめかな | 2010年10月30日 (土) 22時11分

ゆめかなさん

返事を書いたと思って忘れていました。ごめんなさい。
寒くなるに連れて夜空もきれいに見えるようになってきましたね。
東京でも目を凝らしてみれば無数の星が見えることにようやく気が付きました。
見ようと思う心と見るための余裕が必要なんですね。

投稿: ブドリ | 2010年11月18日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/10280/24261753

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年10月 月齢5 木星・金星・さそり座と:

« 2008年10月 月齢4.0 | トップページ | 2008年10月 月齢7 »