« 2016年8月 月齢22.1 真っ青な空の下弦の月 | トップページ | 2016年8月 月齢23.0 南中の二十三夜の月 »

2016年8月25日 (木)

2016年8月25日 1日で月火水木金土

いまひとつすっきりしない空が続きますね。
いま注目は、土星・火星・アンタレスの見え方の変化ですが、そちらに気を取られているうちに、なんと木星が金星に近づいていて。28日には大接近!そしてまもなく見えなくなろうとしていたんです。
28日に大接近を撮ろうと思っていたら、28日の天気は悪そう。少しでも撮れそうなのはと天気予報を調べると、ずっと曇りで、撮れそうな可能性があるのは青空も見えている今日以外にないと判明!
一眼を持って出てないから帰って準備して出かけねば!
とすると都庁も文京シビックも40分はかかるから、ギリギリ見られるかどうか。暑くても多摩川浅間神社の見晴台なら20分もあれば着けるので多摩川浅間神社に決定!
というわけで、大急ぎで家に帰り、カメラと三脚を持って出かけ、到着したのは18時20分頃。
到着すると目に飛び込んできたのは、星ではなくなんと富士山!綺麗に山の形が見えました。夏にはなかなか見られないのですが、なんという奇跡!浅間神社のご加護です!
Simgpd8017

三脚を準備して、金星が見えてくれば方向が定まるのになぁと舞っていると、キラリと金星がキラリ。
金星に向けて撮影していると、何やらいっぱい飛んでいるものがありました。黒い物体は鳥じゃなくて全てコウモリなんです。
めちゃくちゃたくさんのコウモリが飛び回っていたんです。これはいつものことなんですけどね。
Simgpd8105

そして木星も見えてきて、さらに待っていると、肉眼では見えなかったのですが、写真にかろうじて水星まで写っていました。
クリックすると、見やすくして水星の位置を示した写真が見られます。
Simgpd8182
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F6.3 ±0EV ISO1600(8月25日 18:51撮影)

まだ見えていた富士山と水星・木星・金星です。
こちらもクリックするとわかりやすくした写真が見られます。
Simgpd8188
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F5.6 ±0EV ISO1600(8月25日 18:54撮影)

水星がわからなくなると、上空は暗くなってきました。暗くなってきたとなれば、昨日も追いかけた、土星・火星・アンタレスです。
今宵は武蔵小杉のタワーマンション群と土星・火星・アンタレスです。
わかりますよね?
Simgpd8214
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F3.5 ±0EV ISO400(8月25日 19:00撮影)

月は今朝撮影した下弦の月で、「2016年8月 月齢22.1 真っ青な空の下弦の月」を御覧ください。
太陽は撮影していませんが、惑星は太陽の光で見えているということでご容赦を。
というわけで、8/5以来の月火水木金土の揃い踏みでした。
まもなく水星は太陽に近くなって見えなくなり、木星も9月に入ると見えなくなるので、当分の間揃い踏みはお預けです。
次は10/8~12の水星と木星が夜明け前に接近する頃がチャンスだと思います。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、星座の入門書です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

|

« 2016年8月 月齢22.1 真っ青な空の下弦の月 | トップページ | 2016年8月 月齢23.0 南中の二十三夜の月 »

コメント

 クリックして出てきた小さい水星を指す矢印がチャーミングでした(笑)それにしても、金・木星の接近は気づきませんでした。というか、雲がこちらは西空にいっぱいでした。
 「く」の字になった火星たちを見るのがやっとでした。ブドリさん、おめでとうございま~す!

投稿: felizmundo | 2016年8月25日 (木) 22時59分

ブドリさん、おはようございます。

暑い中での惑星撮影、お疲れさまでした。
見事に揃いましたね。
早朝ウォーキングのお月見から始まって、あの暑さの中で凄いですよ。
私には出来ないです…。
ブドリさんらしい記事に拍手ぅ〜!

投稿: layout3 | 2016年8月26日 (金) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年8月 月齢22.1 真っ青な空の下弦の月 | トップページ | 2016年8月 月齢23.0 南中の二十三夜の月 »