« 2016年12月 月齢16.9 居待月はど~れだ? | トップページ | 2016年12月18日 北極星とISS(国際宇宙ステーション) »

2016年12月17日 (土)

2016年12月 月齢18.0 寝待ち月の出を追いかけて

今宵の月の出は20:11。月の出も遅くなり、近所で見えるようになるまで待つのも厳しい頃になってきました。
月の出が20時過ぎならあそこならいいかも?と月の出の方向を調べた結果、おなじみの八幡神社に行くことに決定!

20時についてセッティングするも、見える方向にはいろいろな建物があって、見る場所によって微妙に影になるから、とりあえず月が見えたら良さそうなところに移動して撮るしかないと、月が見えてくるのを待ちました。
見えてきたのは月の出から10分後の20:21。
あそこか、思っていたより南寄り!(実は方向を間違えてました・汗)
カメラの向きを変え、見えてきた月を撮影。いやー、こんなビルの隙間というかなんというかという場所ですよ。
見えてきたばかりの寝待月です。
Simgpf0946
八幡神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR 1/2秒 F6.3 ±0EV ISO800(12月17日 20:22撮影) 月齢18.0

その後、羽田を飛び立った飛行機が月の前を横切らないかなぁと待ち続けたのですが、20時を過ぎると飛び立つ飛行機の数が減ってきて月の前を横切ってくれる飛行機はなく、月はあっという間に飛行機の航路よりも高い所に上ってしまいました。
あーがっかり。というわけで、月の出から40分後のまだちょっと黄色みが強い寝待月です。
Simgpf0976
八幡神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR 1/250秒 F6.3 ±0EV ISO800(12月17日 20:51撮影) 月齢18.0

いいものはないかなぁと眺めていて、そうだ、東京タワーと撮ろうと広角側で撮影しました。
左のマンションのすぐ左側に細く光るものが見えると思いますが、それが東京タワーです。この邪魔なマンションができなければ、東京スカイツリーも見えたのに。
Simgpf0995
八幡神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR 1/2秒 F4.0 ±0EV ISO400(12月17日 20:56撮影) 月齢18.0

それでももしかしたら通過するかもと21時まではとしぶとく粘ったのですが、結局、飛んでこず、撤収だ!とカメラを三脚から外して片付けたのですが、あ、ここのところふたご座に接近していたのに撮ってなかったけど、今なら撮れる!ともう一度セッティングしてふたご座と撮影しました。
ちょっと見にくいのですが、月の上の方に見える2つの点(上がカストル、したがポルックス)です。月の右にポツンと見えているのはプロキオンです。
Simgpf1028
八幡神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR 1秒 F4.0 ±0EV ISO640(12月17日 21:08撮影) 月齢18.0

明日は21:13とだいぶ遅くなります。駅前の再開発現場なら22時頃には見られそうだけど、夕方にISS(国際宇宙ステーション)が見られるから明日はそっちに力を注いで、お月見は月曜の朝にするか、さてさて悩みどころです。
今の月も見られる日が徐々に少なくなってきましたね。
頑張って早起きして追いかけられるよう頑張ります!

今回の絵本は、低倍率の双眼鏡だけで十分楽しめる、夜空観察入門を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

|

« 2016年12月 月齢16.9 居待月はど~れだ? | トップページ | 2016年12月18日 北極星とISS(国際宇宙ステーション) »

コメント

ブドリさん、おはようございます。

昨夜は、八幡神社で月の出待ちをしていたんですね。
寒かったでしょう!
お疲れ様でした。
そして、街中の月の出get、おめでとうございます。
本当に同じ時間帯にお月見していたんですね。
久しぶりですね。
(笑)

投稿: layout3 | 2016年12月18日 (日) 09時30分

layout3さん

ほんとに久しぶりに同じ時間にお月見していましたね。
少しずつ、撮れる日が増えてくることをサンタさんにお願いしておきます。

投稿: ブドリ | 2016年12月18日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年12月 月齢16.9 居待月はど~れだ? | トップページ | 2016年12月18日 北極星とISS(国際宇宙ステーション) »