« 2017年1月 月齢4.1 月と金星の大接近と火星 | トップページ | 2017年1月 月齢5.1 月と火星の大接近と金星 »

2017年1月 2日 (月)

2017年1月1日 火星と海王星の大接近!

2017年の年明けから、月と惑星が接近するイベントがありますが、その影に隠れてとはいいませんが、肉眼では見えないので、いまひとつ注目されていませんでしたが、元日の夜に、惑星の大接近がありました。
それは火星と海王星。地球のお隣の惑星の火星と、一番遠い惑星・海王星が大接近!
どれぐらい近いのかというと、その間隔は0.1度未満。これは、北斗七星の柄に位置する有名な二重星ミザールとアルコルの間隔よりも小さいということなので、ほんとにピタッとくっついているような感じです。
海王星の位置は12/31は火星のちょっと上、元日は大接近、1/2は火星のちょっと下と近づいてきて離れていくんです。
実は大晦日の日にもとりあえず写真を撮影していました。
それがこの写真。まさか海王星が写っているとは思いませんでしたが・・・
Simgpf1734
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
5秒 F6.3 ±0EV ISO1600(12月31日 18:24撮影)

ステラナビゲーターという天体ソフトを使って、カメラの画角と合うようにシミュレーションすると、海王星の位置が判明。
これがシミュレーションの画像です。
20161231

これをもとに、海王星の位置を確認すると、下の写真のようになります。
まさか海王星が写っているとは!
Simgpf1734a

海王星が写ることはわかりましたが、ズームで長時間撮影すると流れてしまってはっきりしない天体が余計にぼやけてはっきりしなくなったので、ならば、アストロレーサーを使って流れを止めればよりはっきりとする!と、元日の大接近に挑みました。
そして撮影した写真がこちら。前回の写真と同じぐらいの画角に合わせてみました。
前の写真は5秒、こちらは10秒ですが、星が流れてないでしょ。
Simgpf1857crop
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR アストロレーサー使用
10秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月1日 17:57撮影)

火星と海王星を書き入れてみると、ほんとに火星のすぐ横に海王星があって、よく見ないとわかりません。
Simgpf1857

火星付近をトリミング。これだけトリミングしても星が流れていないんですよ。アストロレーサーさすが!
Simgpf1857crop2

1/2は少し下の方に離れました。
またまた林試の森で撮影してきました。

今夜は海王星が火星の下の方に離れました。
動きとしては火星は西へ、海王星は南へという動きです。 Simgpf2034
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR アストロレーサー使用
10秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月2日 17:43撮影)

太陽系の中で一番遠い惑星の海王星も写るもんですね。ただ、今回は火星というターゲットがあったので、撮影した写真から探し当てられましたけど、なにもない時にはさすがに判別不能でしょうね。
でも、惑星同士の接近は確実に撮れるということがわかりました!
これでまた、楽しみが増えちゃいましたよ。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

|

« 2017年1月 月齢4.1 月と金星の大接近と火星 | トップページ | 2017年1月 月齢5.1 月と火星の大接近と金星 »

コメント

ブドリさん、こんばんは!

おぉ〜!
火星と海王星のコラボを撮っていたんですね!
ブドリさん凄い!
アストロレーサーも凄い!
お見事ぉ〜〜〜!

投稿: layout3 | 2017年1月 2日 (月) 22時37分

layout3さん

撮るつもりはなかったのですが、大晦日の写真で写っているとわかったので楽しんじゃいました。
こういうものが都内でも撮れる!
それを知ってもらえるだけでも嬉しいです。

投稿: ブドリ | 2017年1月 3日 (火) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年1月 月齢4.1 月と金星の大接近と火星 | トップページ | 2017年1月 月齢5.1 月と火星の大接近と金星 »