« 2017年7月 月齢7.9 大型クレーンと九夜月 | トップページ | 2017年8月 月齢14.0 反薄明光線と真夏の十五夜 »

2017年8月 1日 (火)

2017年8月のお月見情報

7月の前半は梅雨なのに雨が降らず、意外とお月見を楽しむことができましたが、梅雨明けした後半は梅雨空が広がり、お月見を楽しめませんでしたね。
8月に入ったらカラッと晴れた夏空がやってきて、夜空を楽しめるといいですね。

それでは、2017年8月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

8/3(木) 夕方から4日の未明、月齢11の月と土星が接近して見える。

8/8(火) 03時11分:○満月
       03時20分:部分月食

8/13(日) 04時:ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日~8月20日)

8/15(火) 10時15分:下弦の月

8/19(土) 未明から明け方、東の低空で月齢26の細い月と金星が接近して見える。

8/22(火) 03時30分:●新月

8/25(金) 夕方から宵、月齢4の細い月と木星が接近して見える。

8/30(水) 夕方から深夜、月齢9の月と土星が接近して見える。

今月は流星群があるのですが、ちょうど満月に近い頃なので見やすい条件とはいえませんが、見上げてみなければ始まりませんので、夜空を見上げてみてください。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

|

« 2017年7月 月齢7.9 大型クレーンと九夜月 | トップページ | 2017年8月 月齢14.0 反薄明光線と真夏の十五夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年7月 月齢7.9 大型クレーンと九夜月 | トップページ | 2017年8月 月齢14.0 反薄明光線と真夏の十五夜 »