« 2017年7月 | トップページ

2017年8月13日 (日)

2017年8月 月齢20.2 実は見ていた土曜日の月

今年の夏は天気が悪すぎ!月見が全然出来ないし、夜空を見上げてISSを見ることも、流星群を見ることもままなりません。
月見をしたのは日曜日の6日。それから週の間はずっと曇りか雨で、月の出もすっかり遅くなってしまいました。
昨日(8/12)の土曜日は雲は多いものの意外と晴れ間もあって月見ができるかもしれない可能性がありました。
月の出は21:20。20時半頃の空はやや雲があるものの、東の空にはまだ晴れ間があったので、近所で見られるようになる22時半頃まで晴れていてと願っていました。
しかし、その後、風呂に入ってストレッチしてなどしていたらすっかりお月見から遠ざかっていた影響で、完全に忘れてしまいました。
そろそろ寝ようかなと思って、ふと、お月見忘れてた!と気がつきました。まずい!空は?と外を見ると、雲が増えているものの、もしかしたら見えるかもしれない切れ間もあったのでとりあえず緑道公園に行ってみました!
すると、なんとか月が見えました!
久しぶりの月を激写!
Simgpi3641
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO1600(8月12日 23:33撮影)
月齢20.2

スッキリした月のように見えますが、実は雲だらけの空に見えていたんですよ。
Simgpi3655
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F5.6 ±0EV ISO1600(8月12日 23:34撮影)
月齢20.2

月は朝まで残っているようになったのですが、朝はまたしても曇り空でお月見ならず。
この先の天気がまた1週間ずっと雨や曇りとスカッとした青空の夏はどこへ行った?
いい加減うんざりの夏ですね。

今回は、こんな可愛いお話で済めばいいのにと思うを絵本お届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

2017年8月 6日 (日)

2017年8月 月齢14.0 反薄明光線と真夏の十五夜

7/31に月を見て以来、8月中はずっと曇りか雨でお月見の期待すら持てない日々が続いていました。
そして今日、久しぶりに期待に胸膨らむ日がやってきました。
天気はやや雲があるものの眩しい太陽が照りつけ、久しぶりに晴れ!

月の出は17:36。天気予報はあまり芳しくないので曇る前に月が見たいとそわそわしていました。
1分でも1秒でも早く月を見るには東の空の見える高いところが一番!というわけで、浜松町の世界貿易センタービル展望台シーサイドトップに17時前に行って月の出を待ちました。
さて、東の空。大きな積乱雲がモクモク。この写真の真ん中やや下から上ってくるはずなのですが、これではいつ見られるの?という感じです。雲の下の方は浦安方面なのですが、土砂降りだったみたいです。
Simgpi3410

月の出の時間が過ぎ、5分、10分、20分、30分と過ぎるうちに大きな積乱雲は崩れたもののしっかりと雲が居座っていてなかなか月が見えてきません。
そして、45分過ぎた18:20についに月が見えてきました。
月がどこかわかりますか?
Simgpi3483
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F4.5 -0.3EV ISO100(8月6日 18:20撮影)
月齢14.0

月はなかなか雲から抜け出そうで抜け出ずすぐに雲に入ってしまい、見えてこい!と念じて曜白上半分見えてきました。
Simgpi3500
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 -0.3EV ISO400(8月6日 18:21撮影)
月齢14.0

その後も雲から出てこないまま、さらに5分が過ぎ、ようやく雲から抜け出てくれました。もうちょっとで抜けるところを一枚。
Simgpi3508
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 -0.3EV ISO400(8月6日 18:26撮影)
月齢14.0

そしてようやく月が雲から抜け出てくれました。
Simgpi3523
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F4.5 -0.3EV ISO200(8月6日 18:28撮影)
月齢14.0

真夏の十五夜です。
Simgpi3528
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 -0.3EV ISO400(8月6日 18:29撮影)
月齢14.0

少し北寄りに出来た積乱雲と十五夜です。
Simgpi3549
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/60秒 F4.0 ±0EV ISO100(8月6日 18:36撮影)
月齢14.0

月の南側を見てみると、空に筋が走っていました。これは!太陽から伸びてくる反薄明光線!
反薄明光線と月が撮れるとはラッキー!
ちなみに、反薄明光線(はんはくめいこうせん)というのは、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の筋(光芒)が放射状に収束して見える現象で、薄い夕焼けを挟んで数本の筋が見えていると思います。
Simgpi3554
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F3.5 ±0EV ISO100(8月6日 18:37撮影)
月齢14.0

先程の積乱雲が崩れ真っ赤に染まったので月と撮影。月の左側に筋が見えているのがわかりますか?これも反薄明光線です。

Simgpi3573

世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/60秒 F4.0 ±0EV ISO400(8月6日 18:47撮影)
月齢14.0

この薄明光線はiPhoneで撮影した方が見やすかったので、そちらを掲載します。20170806_184941215_ios

思ったよりも天気の崩れが遅く、久しぶりんお月見を堪能出来ました。

でも7日・8日は台風の影響で曇りや雨になりそうで、満月は見られるかどうか微妙なところですね。8日未明の部分月食もかなり難しそうです。
その後は曇り時々晴れに天気予報がなったので見られそうですが、月の出が遅くなっているので、タイミングよく見られるかどうか難しいところですね。
なんとも気を揉む真夏のお月見シーズンです。

今回は、真夏の夜におすすめの宮沢賢治の不朽の名作「銀河鉄道の夜」をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

2017年8月 1日 (火)

2017年8月のお月見情報

7月の前半は梅雨なのに雨が降らず、意外とお月見を楽しむことができましたが、梅雨明けした後半は梅雨空が広がり、お月見を楽しめませんでしたね。
8月に入ったらカラッと晴れた夏空がやってきて、夜空を楽しめるといいですね。

それでは、2017年8月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

8/3(木) 夕方から4日の未明、月齢11の月と土星が接近して見える。

8/8(火) 03時11分:○満月
       03時20分:部分月食

8/13(日) 04時:ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日~8月20日)

8/15(火) 10時15分:下弦の月

8/19(土) 未明から明け方、東の低空で月齢26の細い月と金星が接近して見える。

8/22(火) 03時30分:●新月

8/25(金) 夕方から宵、月齢4の細い月と木星が接近して見える。

8/30(水) 夕方から深夜、月齢9の月と土星が接近して見える。

今月は流星群があるのですが、ちょうど満月に近い頃なので見やすい条件とはいえませんが、見上げてみなければ始まりませんので、夜空を見上げてみてください。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ