« 2021年2月 月齢15.6 晩冬の十五夜 | トップページ | 2021年3月 月齢17.7 ぼんやり居待月 »

2021年2月28日 (日)

2021年2月 月齢16.6 上りゆく立待月

今日はよく晴れてましたね。
これなら今日も月の出(18:36)から追うぞ!と意気込んで、いつもの場所に出かけました。
今夜も上る月を連続撮影しようと、昨日見えた位置とアプリの方向から見えてくる位置に検討をつけて準備して、見えてくる前から連射開始。
そろそろ見えてくるかなと付近を歩いていると、予想していた位置よりもさらに南寄りの位置の家の影に見えていてでびっくり。
カメラの位置に戻って確認すると、携帯のアンテナのすぐ近くから上ってきていましたが、見やすい位置にカメラを動かしている余裕はないので、やむを得ずカメラの向きだけを変えて撮影続行。
連続写真は今回の最後で。

見えてきた位置で別のカメラで撮影。
月の出から8分後の上りたての立待月です。
潰れているように思いませんか?
Dscf47292
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/50秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:44撮影)
月齢16.6

それからわずか1分後の立待月です。
Dscf47309
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/25秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:45撮影)
月齢16.6

ところが、スッキリとした夜空というわけではなく、月がぼんやりはしませんでしたが、周りに雲が増えてきていました。
Dscf47361
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/5秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:58撮影)
月齢16.6

月の出から1時間後(19:36)の月です。
だいぶ雲が薄れてきていましたが、まだ雲がかかっていました。
Dscf47504
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/50秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月28日 19:36撮影)
月齢16.6

18:43:34から19:43:34まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成しました。
昇る月の色の変化もわかりますが、ところどころで雲が増えて月にかかっている様子もわかると思います。
Moon20210228
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F5.6 ±0EV ISO400(1月30日 18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成)

おまけ
3/4に最接近する火星とプレアデス星団と牡牛座のヒアデス星団を撮影しました。
名前は入れてませんがわかりますよね。
Dscf47260

今日で2月も終わり。
あっという間に2ヶ月終わっちゃいましたね。
今月のお月見は雲があったりしましたけど意外とたくさん見られましたね。
さくらが咲き出す3月のお月見はどうなるでしょうね。
桜と月を楽しめるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

|

« 2021年2月 月齢15.6 晩冬の十五夜 | トップページ | 2021年3月 月齢17.7 ぼんやり居待月 »

コメント

  のぼりたての月が赤いですねぇ。

投稿: felizmundo | 2021年3月 2日 (火) 00時42分

felizmundoさん

上りたての月は赤みを帯びていましたが、雲があったので余計に赤く見えていたみたいです。

投稿: ブドリ | 2021年3月 2日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年2月 月齢15.6 晩冬の十五夜 | トップページ | 2021年3月 月齢17.7 ぼんやり居待月 »