天体

月と天体のコラボ

2016年2月 5日 (金)

2016年2月 月齢25.8 二十六夜の月と5惑星

月と土星が接近してから一日。月は土星と金星の間で一人旅。
5時40分に家を出て、お月見散歩。
今朝はよく晴れてなんの心配もなくお月見も天体観測もできる朝でした。
まずはかなり細くなったお月様です。
Simgpb2257
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO800(2月5日 5:54撮影)
月齢25.8

雲がないから緑道公園で5惑星にチャレンジ!
まずは空高くて見やすい木星側から。
木星を右に見て入るのは火星まで。おとめ座のスピカが真ん中に!
Simgpb2275
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.0 ±0EV ISO3200(2月5日 5:58撮影)

火星から左を見て、土星を見つけ、月を入れ、金星もみつけました。残るは水星。緑道公園の間の路上で車に注意しながら見る位置を少しずつ変えて、なんとか一緒に収まった!
またまた月+5惑星を達成!
写真を拡大して見て下さいね。
Simgpb2283
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.5 ±0EV ISO3200(2月5日 6:00撮影)
月齢25.8

そして朝9時。月はまだ高い位置にいるんだよなぁと、バス停で空を見上げ、太陽から45度位の位置かなぁと探していたら、うっすらと月を発見。バス停からちょっと移動して、目安になるものを見つけて撮影。こんなうっすらとした月を誰がみつける?私が見つけます!
Cx042901
路上にて RICOH CX6
1/570秒 F5.6 ±0EV ISO100(2月5日 9:01撮影)
月齢25.9

そしてお昼。外に出た時にまだ月は見えるんじゃないの?とやはり太陽から45度くらいの位置を下から上に、上から下にと探すと朝よりもうっすらとした月を発見!
よし、写真だ!と、RICOH CX6の電源を入れたのですが、レンズが繰り出したところで操作不能に!電池を抜いて、入れなおして、電源ボタンを押しても反応無し。家に帰り別の電池で試しても反応無し! ガーン!完全に壊れたみたいです。 2012年10月に購入してから3年半。朝のウォーキングでも大活躍してくれていた相棒CX6が召されてしまいました!
修理に出したとしても・・・
上の9時の写真が最後の一枚になりました。
今まで付き合ってくれてありがとうありがとう。
早朝のお供が・・・
中古で探すか、新品のコンデジを買うか、携帯をスマホに変えるか。はたして・・・

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、たまにはこんなふうに夜空を見上げてみたくなる絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年1月31日 (日)

2016年1月 月齢20.8 夜明け前の月火水木金土

水星が明け方の空に顔を見せ始めた1月中旬から、明け方の空を眺めると西から木星・火星・土星・金星・水星の順に肉眼で見られる5惑星を見ることが出来るようになっています。
そして、月が朝まで残り、木星を通り過ぎ、この先は細くなりながら火星・土星・金星へと近づく今週は、5惑星+月、夜が明ければ太陽までほんの数時間の間に見ることが出来るんですよ。
それを狙おうと今朝は4時に起きました。
外を確認せずに着替えて外に出ると、なんと空はところどころ切れ間があるものの雲だらけ。起き抜けに空を見たらもう一度寝ているところでしたが、着替えて出てきたし、天気予報では明け方から晴だったからとにかく行かなきゃ始まらないと、林試の森へ。本当は目黒不動の方が良かったのですが、5時にならないと門が開かないんです。
林試の森に行っても月は見えているものの雲は減っていなかったのですが、とりあえず三脚を立て月を撮影。南中(4:44)直後のお月様です。
綺麗に見えますが、わずかな雲の隙間の月なんです。
Simgpb2089
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV IS0800(1月31日 4:57撮影)
月齢20.8

いつ晴れてきてくれるの~。お願い晴れてきて~と願いながら眺めていると、晴れ間が広がってきました。
そして、雲間に木星・火星・土星がなんとか揃ってくれました。
Simgpb2094
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F4.0 ±0EV IS0800(1月31日 5:02撮影)
月齢20.8

ところが、再び雲が広がってきて火星も土星もわからなくなってしまいました。
とりあえず、木星・月・火星・土星まで撮れたから残すか金星と水星だから、ここにいても水星が見えてくるが先か明るくなるのが先かという場所だし、5時を過ぎたから目黒不動の門も空いたから神変大菩薩前で水星と金星を待とうと、移動開始。
目黒不動の境内に入ると、お不動様のご加護かなんと雲が減っていて、星が綺麗に見えていました。
ただ、境内はいつもは真っ暗なのに節分会のためなのか、照明がたくさんついていて明るいのなんの。撮りやすい位置はないかと探し、明かりが灯籠でカメラに入り込まないところを見つけて撮影。
なんと金星も見える位置に来てくれている幸運さでした。
金星は広角でも入らなかったので、まずは木星から土星までです。
Simgpb2124
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
2.5秒 F4.0 ±0EV IS0400(1月31日 5:42撮影)
月齢20.8

少し向きを変えて金星まで撮影しました。
Simgpb2126
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
2.5秒 F4.0 ±0EV IS0400(1月31日 5:42撮影)
月齢20.8

上の2枚の写真をマイクロソフトICEで合成してみました。無事に木星から金星まで収まってます。
Planet20160131

水星はもう地平線の上に上がっているので、この場所で水星が見えてくるのを待っていてもいいかもしれないけど、明るくなるのといい勝負。やはり神変大菩薩前にで見ようと移動すると、金星よりも低いところは雲が漂っていて、水星が雲の中!
すでに日の出(6:42)まで一時間を切っているので、見えなくなるまでの時間との勝負で少し焦りました。
そして、6時少し前についに雲の中から水星が出てきてくれました。
金星と水星です。これから金星と水星はどんどん近づいて2/13の明け方に再接近しますよ。
Simgpb2143
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F5.6 ±0EV IS0400(1月31日 5:58撮影)

これでよし!さっきの場所に戻って木星から水星まで撮って帰ろうと移動すると、なんと雲だらけになっていて木星はチラッチラッと見える程度で、火星も土星も雲で見えない状態になっていました。
しばらく見ていたのですが、空が明るくなりだし、これじゃ今、パッと晴れて撮影しても火星も土星も判別できないから撮影終了!というわけで帰宅しました。
起きてすぐに外を見るかどうかで危ないところでした。
今年はまだまだツキがありますね。
水星は2月中は明け方の空にいますが、日の出が早くなってくるので見られる時間が短くなって探しにくくなりますので、金星と接近する頃までがおすすめです。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、内田麟太郎さんの月が登場するナンセンス絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年1月26日 (火)

2016年1月 月齢16.5 レグルスと木星の間の立待月

今日の月の出は19:16。月の出が遅くなってきました。
この時間ではどこかで月の出を狙うというのもなかなか厳しく、いつもの緑道公園でも見えてくる時間は月の出から2時間後ぐらいの21時過ぎから。
今夜はしし座のレグルスと木星の間に月が位置するので一緒に撮りたいので、22時過ぎに緑道公園へ。
まずは欠けてきたというよりは潰れてきたような立待月です。
Simgpb1370
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/1000秒 F6.3 ±0EV ISO400(1月26日 22:21撮影)
月齢16.5

そして、しし座のレグルスと木星を入れて撮影しました。
木星はようやく建物の上に来たところで少し開けたところで撮影しました。
Simgpb1378
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO1600(1月25日 22:22撮影)
月齢16.5

明日は月と木星が一晩中寄り添っていますよ。見る時間によって月と木星の位置が違って見えますので時間とともに眺めてみるのもいいかもしれませんよ。
明日も寒そうなので暖かくして眺めてください。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、ネイティブアメリカンのお月様の絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2016年1月21日 (木)

2016年1月20日 初の北天グルグル!

年が明けてから北極星を真ん中にして何枚も撮影した写真を合成して北の空のグルグル写真を撮りたいと思い、チャンスを伺っていたのですが、週末の夜はどうも今ひとつすっきりとしない空でもやもやしていました。
また今度の週末の天気も期待できない予報。
それなら晴れた平日を狙い、月曜日に雪が降った後は、冷え込んだこともあり空が綺麗な日が続いていた20日の夜に頑張ってきました。
何度か試してはいたのですが、すっきりと晴れた夜ではなかったので、結局設定は手探り状態。
何枚も撮影し、北極星の位置を確認しながらシャッタースピードを調整して、連続撮影を開始したのは21:33。
電池の消耗と余計な明るさのカットのために液晶モニタを閉じて撮影開始。今回は今後の参考にすべく30分撮影してみることに。
撮り始める直前に失敗してました。何故か設定が暗めに設定されてしまっていたんです。まずはこれで撮ろうと設定した写真です。
Simgpb0416
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(1月20日 21:31撮影)

それが、撮影開始した時の1枚目がこちら。
設定の微妙な違いがわかりますか?絞りの値とISO。これだけですが大きく違うんです。
Simgpb0417
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:31撮影)

シャッタースピード10秒で連射して約30分間撮影した173枚を比較明合成しました。
Star20160120a0
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:33~22:03まで撮影した173枚を比較明合成)

これでは全くわからないので明るさを調整して、なんとか北極星を中心に回っている様子が浮かび上がりました。
左の明るめの5つの星がカシオペア座、右の星座はすぐにわかると思いますが、北斗七星です。
Star20160120a1
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:33~22:03まで撮影した173枚を比較明合成)

取り終えて写真を見ると暗すぎたとがっかり(--;)。帰るつもりだったのですが、当然、もう一度ってなりますよね。でも、冷えてトイレに行きたい状況でもあったんです。カメラを置いてトイレにはいけないし、持っていくとせっかく北極星にあってるから動かしたくないしとの葛藤から、トイレを我慢し、絞り値を予定の4.0に変更して、15分だけ撮り直すことにしました。この時、ISOが低くなっていることには気づかず、暗めだった・・・。
15分間、87枚の写真を合成したのがこの写真です。
Star20160120b0
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 22:06~22:21まで撮影した87枚を比較明合成)

やはり暗めなので、明るさを調整すると、かなりたくさんの星が写っていることが分かりました。下の方を横切っているのは飛行機の航跡です。
Star20160120b1
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:33~22:03まで撮影した173枚を比較明合成)

初のグルグル写真の本格撮影は設定のミスもあって暗めでしたが、林試の森の北の方は渋谷・新宿方面になるのですが、撮影の感じがつかめました。
これはかなり楽しめますね。
今回は防寒がちょっと甘く、足先が冷え、下半身が冷えてきたので辛くなったので、次回はしっかりと防寒対策をして、1時間ぐらいは撮ってみたいですね。北天だけでなく、月の出が遅くなったら、南天のぐるっと写真にもチャレンジです。
夜空はなかなか楽しいなぁ。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、星座ウォッチング入門書です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2016年1月 月齢10.4 冬のダイヤモンドと月

週末にニューアイテムの本格投入を予定していたのですが、なんとまた雪が降るかも知れないとのことで、予定を早め、夕食後に林試の森へ突撃!
今夜は月がアルデバランの左側に接近。アルデバランの左側ということは、標準レンズで撮影するにはちょっとむずかしい冬のダイヤモンドの中に位置しているということ。
横位置で撮影したかったので、月を大きく撮るよりも先に撮影。
まずは写真だけをクリックしてご覧ください。
Simgpb0366
林試の森にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
アストロレーサー使用
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(1月20日 20:54撮影)
月齢10.4

実はこの写真、標準ズームレンズではなく、NEWアイテムGPSユニットの『アストロレーサー』、レンズは『smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]』を使用して撮影したものです。
『アストロレーサー』はPENTAXのGPSユニットなのですが、GPS情報から取得した緯度で天体の動きを算出し、内蔵している磁気センサーおよび加速度センサーから得られたカメラの状態(左右および上下の傾きと方位)によって、手ぶれ補正機構を利用してイメージセンサーを天体の動きに同調して移動させることで、長時間露光しても星が流れることなく、点像のままで撮影することができるんです。使用するレンズによって、追尾できる時間が変わるのですが、概ね数分は連続追尾が可能なんです。
何度か練習で使用していたのですが、いつも雲が増えてきて、効果が確認できずにいたのですが、今回、ついに本格投入!
20時過ぎから撮影を開始したのに、こんなに晴れた日ははじめてなので、設定をいじくり、明るすぎたり暗かったりを調整し、なんとかまともに撮れたのが、21時前。
下の写真は10秒間露光したものです。月がまぶしすぎましたが、星は流れていないのがわかると思います。

この写真を明るめに調節し、星の名前を追加し、線で結んで、冬の大三角と冬のダイヤモンドを図示しました。
Simgpb0366a
林試の森にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
アストロレーサー使用
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(1月20日 20:54撮影)
月齢10.4

なんと、電池が切れてしまったので、交換ついでにレンズをズームレンズに変えて、月だけを撮影しました。時間は期せずして21時ちょうどでした。
この時、アストロレーサーは使用していなかったのですが、使ってみたら写りがもっとはっきりしてたのかなぁ?
Simgpb0370
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO200(1月20日 21:00撮影)
月齢10.4

今夜大接近のアルデバランと月です。右下に写っているのですが暗くて申し訳ありません。
Simgpb0376
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月20日 21:01撮影)
月齢10.4

この後は、北天グルグル写真にチャレンジ!はたしてその結果は?
思ったよりも冷えたし、設定に戸惑い、間違えたりして撮影し、家に戻ったのが23時。
近日中に画像処理しますので、もう少々お待ちください。

広角レンズとGPSユニットで天体観測に心強い味方が出来ました。これからまだまだ寒い冬の澄んだ空を楽しみますよ。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)も、月夜のナンセンス絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2015年12月 9日 (水)

2015年12月 月齢27.1 一直線に並んだ細い細い月と惑星

惑星との共演が続く早朝の東の空。
月もいよいよ細くなって惑星との共演を楽しめるのも今朝が最後と言っていいでしょう。
そんな今朝は5時に起きてお月見&天体観測。外に出ると雲一つない快晴の最高の夜空でした。
まずはいつもの緑道公園に行ってみたのですが、月がまだ屋根の上に来ていないので惑星との共演は撮れず!そのうち見えてくるだろうけど、夜が明ける前にはっきりと撮りたい。林試の森では木の高さを超えるのは6時近くだろうと思い、急いで目黒不動へ!
予想通り、目黒不動に行くと、月も惑星も揃って見られました。
まずは細くなった月とうっすらと地球照です。
Cx042600
目黒不動にて RICOH CX6
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO436(12月9日 5:30撮影)
月齢27.1

そして低い月から金星・火星・木星までなんとか収まって、記念撮影。スピカとアルクトゥルスも写ってます。
Cx042608
目黒不動にて RICOH CX6
2秒 F7.4 ±0EV ISO400(12月9日 5:33撮影)
月齢27.1

無事に撮れた撮れたと、お不動様にお礼をして、林試の森へ。
6時頃と踏んでいた林試の森では予想通り!木の低い芝生広場でようやく月が見えてきたところでした。
少し写真を明るく調整して、なんとか火星も見えています。
Cx042617
林試の森にて RICOH CX6
2秒 F7.4 ±0EV ISO400(12月9日 5:51撮影)
月齢27.1

早く家を出たので早めに戻り、帰り道に緑道公園によってみると、いつものところでようやく月が見えて来たところでした。
火星は肉眼では確認できたのですが、ほんのり明るくなってきた空では写すのは難しいですね。
Cx042627
緑道公園にて RICOH CX6
1/15秒 F3.5 ±0EV ISO800(12月9日 6:05撮影)
月齢27.1

緑道公園からの帰り道。地平付近がほんのり朝焼け色に染まり、たくさんの線が空を行き交う空の月と金星を撮影しました。
どれだけの人が、つかの間の楽しみを味わったでしょうね。
Cx042630
路上にて RICOH CX6
1/13秒 F4.5 ±0EV ISO800(12月9日 6:06撮影)
月齢27.1

月と惑星の共演の最後をしっかり撮れて一安心。
明日は月齢28の細い細い細い月が5:06に上ってきます。
夜明けも遅くなったので、低いところまで見える場所ならば、6時前まではひょっとしたら見られるかもしれませんよ。
チャレンジしたいのですが、眠い!眠くてたまりません!
今も危なく寝そうになりながらキーボードを叩いていますが、打ち間違いが多くて進まず、ようやくここまできました。
5時頃に家を出て目黒不動が無難かなぁ。頑張って起きるつもりですが、品川区はなんと曇りの予想なのでどうしようかなぁ。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、星空の不思議をちょっと科学的に絵と写真でわかりやすく説明した絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (5)

2015年12月 7日 (月)

2015年12月 月齢25.1 ひやひやの細い月と火星

惑星との共演が続く早朝の東の空。
月も細くなってきて残りあと数日の楽しみとなりました。
今朝もお月見&天体観測ウォーキング!と張り切って5時半前に家を出ると、空はなんと真っ白!雲に覆われていました。昨日の天気予報では今日は曇りのち晴れだったはずだから、きっと見えるに違いない!いや、見えてくれ!の願いが通じたか・・・
いつもの緑道公園を歩いていると、雲に隙間ができ始めていたので見えてくるかもなと木にしていると、細い月がちらっと雲間に見えました。これは見逃さないようにと立ち止まって完全にお月見モード。でもすぐに隠れてしまいましたが、これなら見えてくると、見えた位置にカメラを向けて待ち続け、月が雲間に綺麗に顔を出してくれた瞬間を逃さずに撮影しました。雲間でもいいように少しシャッタースピードを遅めにしていたので、うっすらと地球照も見えています。
Cx042545
緑道公園にて RICOH CX6
1秒 F5.6 ±0EV ISO200(12月7日 5:39撮影)
月齢25.1

この様子なら、木星・火星・金星も見えてくるはず。でも、月に背を向けて進む円融寺に行くと見逃しかねないから緑道公園を右往左往して月見に右往左往しようと決めました。
そして!ちぎれちぎれになってきた雲間に木星・火星・金星も揃って見えてきて、大慌てで撮影。カメラを下に置けなかったので手持ちでギリギリの撮影。
撮れたと思ったら火星に雲がかかっていましたけど、月と金星と同じ長さを木星方向に伸ばした所に火星がぼんやりと見えていますよ。
Cx042569
緑道公園にて RICOH CX6
1/4秒 F3.7 ±0EV ISO800(12月7日 5:47撮影)
月齢25.1

この様子じゃ明るくなる前に綺麗に見えるの?と不安になりながら緑道公園を右往左往していると、よし来た!と今度はカメラを地面において撮影したら、またしても火星に雲が!でも、今度は月の右下にスピカ、左上遥かにアルクトゥルスもキャッチしました!
Cx042572
緑道公園にて RICOH CX6
2秒 F7.4 ±0EV ISO400(12月7日 5:50撮影)
月齢25.1

しばらく後ろになるけど、林試の森まで行く間になんとか見えてくれるといいなと、意を決してウォーキング!
林試の森の水車門付近に来ると、なんと月周辺から雲が消えていました。今朝もツキがあった!
夜の木星、朝の月と金星、夜と朝の境界付近に火星があります。
Cx042579
林試の森にて RICOH CX6
2秒 F8.0 ±0EV ISO383(12月7日 6:02撮影)
月齢25.1

このあとはまた雲が出てきて月は見え隠れ。林試の森を一周りして家に帰ろうと林試の森を出たところにある桜の木と一枚。
7割ぐらいの葉を散らし、枝先にちょこんと残っていた桜の葉と、月齢25を過ぎ見えなくなるまであと僅かの儚い物同士の記念写真。
Cx042590
林試の森にて RICOH CX6
1/133秒 F5.6 ±0EV ISO800(12月7日 6:30撮影)
月齢25.2

まさか雲が広がっているとは意外にもヒヤヒヤさせられたお月見になりました。
明日の朝は月が金星を追い越して金星の近くにいます。さらに、金星と月の左側にはカタリナ彗星がいます。これは肉眼では見にくそうなのでなんともいえませんが、双眼鏡があれば編み得るかもしれませんね。
明日は一眼でチャレンジしてみようかなぁ。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、なぜ月にうさぎがいるのかというお月見の絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2015年12月 6日 (日)

2015年12月 月齢24.1 火星と有明月

惑星との共演が続く早朝の東の空。
今朝は月と火星が接近しているところを撮らなくちゃと頑張って起きて、お月見&天体観測ウォーキング!
快晴と思いきや、なんと木星と金星の間を泳ぐ月と火星のところにだけ帯状に雲が流れていて月と火星にいたずらしてるんですよ。
それでも見えないことはなく、なんとか撮影出来ました。
写真では雲がほとんど見えませんが、細なが~く雲が流れていたんです。雲と月が空の目のように見えませんか?
Cx042480
緑道公園にて RICOH CX6
2秒 F7.4 ±0EV ISO400(12月6日 5:34撮影)
月齢24.1

火星に近づいたお月様です。
Cx042485
緑道公園にて RICOH CX6
2秒 F15.4 ±0EV ISO400(12月6日 5:35撮影)
月齢24.1

そして今日もまた6時過ぎの朝が迫ってくる空の木星・月・火星・金星です。左の上の方の枝に引っかかったようにアルクトゥルスが写っていますが分かりますか?
Cx042503
目黒不動にて RICOH CX6
2秒 F7.4 ±0EV ISO308(12月6日 6:02撮影)
月齢24.1

この時間帯は晴れていたのですが、9時過ぎに外に出ると、空は青空は見えるものの雲で賑やかになっていました。月を探しに行くのをやめて庭木の枝打ちに精を出していました。
月は明日、明後日と細くなりながら金星に近づきます。そしてその後はもっと細くなってどこまで見られるかですね。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、いつでも星がそばにいる絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2015年12月 1日 (火)

2015年12月 月齢19.1 木星に近づく寝待月

上りたての寝待月をお届けしましたので、今度は朝と言うか夜明け前の空高くの寝待月です。
Cx042371
緑道公園にて RICOH CX6
1/1000秒 F5.6 ±0EV ISO800(12月1日 5:46撮影)
月齢19.1

月の出も遅くなったので当然月の入りも遅くなり、早朝ウォーキングの頃は空高くにお月様がいます。
そして今、明け方の南の空高くには太陽系の仲間・木星がいるんですよ。
その木星ににしからお月様が近づいていて、ようやく一緒に写る距離まで近づきました。一番近づくのは12/4ですよ。
木星と月の間に割って入るのがしし座のレグルスとアルギエバです。
夜明け前の雰囲気を壊さない程度に明るく調整したのですが、分かりますか?
Cx042377
緑道公園にて RICOH CX6
1/2秒 F4.0 ±0EV ISO418(12月1日 5:48撮影)
月齢19.1

12月に突入!師走ですよ。
12月はクリスマス前にイルミネーションと月のコラボレーションにかけ、ISS(国際宇宙ステーション)も新しいカメラでチャレンジして今年のいい締めくくりを目指します。
みなさんも忙しい中にも心にゆとりを持ってお月見を楽しんでください。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)で、師走の忙しい中、星の王子さまと星を巡ってのんびりしてください。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2015年11月28日 (土)

2015年11月 月齢16 十六夜の月を追いかけて

月の更新がないから、まさか東京では月が見えなかった?なんて思ってませんよね。
昨日は、駅前再開発で11月中には全て退去となっている地区にある時々食べに行っているイタリアンのお店に最後に行こうと誘われ、居酒屋じゃないのに長居し、アルコールもそこそこ入ってしまいました。
それでも、月はしっかりとお店にいく前と、帰ってきてからも撮影し、そして今朝も撮影したんです。

それでは18時頃に月の出をむかえた十六夜の月が見やすい位置に来た19時過ぎの月です。
Simgpa1891
公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO200(11月27日 19:21撮影)
月齢15.7

帰ってきてから緑道公園に撮影に行ってきました。
オリオン座も上ってきていて、ちょうど月がオリオン座の頭のようでした。
Simgpa1929
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.0 ±0EV ISO3200(11月27日 22:51撮影)
月齢15.8

空高くに上ってきた十六夜の月です。
Simgpa1942
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/1000秒 F6.3 ±0EV ISO400(11月27日 22:53撮影)
月齢15.8

そして今朝、日の出(6:29)直後の十六夜の月です。
Cx042310
路上にて RICOH CX6
1/310秒 F5.6 ±0EV ISO336(11月28日 6:31撮影)
月齢16.2

雲の心配がなくお月見ができるのはありがたいことです。週末は心配なさそうですが、週が開けると再び怪しくなりそうです。
暖かくしてお月見を楽しみましょう。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、お子様向けの星座図鑑です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

より以前の記事一覧