十五夜

十五夜の写真です

2017年10月 4日 (水)

2017年10月 月齢14 ヤキモキしながらの中秋の名月

今日は朝から晴れていません。
午後から晴れるというのに昼を過ぎても全然雲が減らず、お月見大丈夫?という展開。
14時を過ぎると日差しがでたものの東の空はまだまだ雲だらけ。
横浜港大桟橋だとベイブリッジの方向で、文京シビックだと東京スカイツリーのちょっと離れた右側に出てくるけどどっちに行こうか悩む悩む。
15時前に東の空に青空が広がってきたので、よし文京シビックに行こうと家を出たのですが、駅に行くまでに雲が広がっていて、これは行っても見えるか微妙!
見えないとショックだからと、目的地を変え、近所の八幡神社の境内に変更!
16:20に到着!
この程度の雲なら十分に見られるなと思っていました。
20171004_162204838_ios

しかし・・・
月の出時刻の16:42を過ぎ、そろそろ見えてきそうな17時前の空。地面付近にも雲が増えはじめ、上空はすでにねずみ色の雲で覆われ、この空は晴れとはいわん!
予定では中央の地表付近に雲がある所から上ってくるはずでしたが・・・
Simgpi7834

もう見えてもいい17時過ぎに付近を見渡すと、なんと予定よりもはるかに南側、上の写真の右の方のビルよりも南側に上ってきていました。
Simgpi7835
八幡神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(10月4日 17:02撮影)
月齢14.1

このあと上の方の雲に突入!見えてこないかなぁとなっているとちらっとは見えるもののなかなかしっかりと見えてきません。
ちらっと見えた、その少し後に、雲がなければ決定的瞬間到来!それがこの写真。
中秋の名月のど真ん中を通過してるのに~、雲がなければ~!
Simgpi7881

すっかり意気消沈!
かなり大きな雲の中に入ってしまって、その雲も動いているように見えなかったので、早々に撤収!
そして夕食後。
晴れたのかなぁと玄関を出ると、正面に中秋の名月が見えました!
Simgpi7894
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(10月4日 19:36撮影)
月齢14.2

でも、雲がないというわけじゃないんですよ。
すぐに怪しい雲が襲ってきて月にかかり、犬の顔か龍の顔かという感じになっちゃいました。
Simgpi7926
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(10月4日 19:37撮影)
月齢14.2

駅前のタワマン用の大型クレーンに吊り上げられているように月が撮れないかなぁと行ってみたのですが、ちょっと遅すぎて、クレーンよりも高い所になっていたので、シンプルにクレーンと中秋の名月です。
雲はずっとかかって離れてを繰り返していました。
Simgpi7960
駅前にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F4.5 ±0EV ISO1600(10月1日 19:44撮影)
月齢14.2

しっかりお月見出来て一安心。
それにしても今年は雲が多い。もう少しスッキリと晴れる日があってくれても良さそうなのに雲が多いhが多すぎる!夜空を見上げたい人間にはヤキモキする日が多いですね~。
さて、中秋の名月を見たら、次は11月1日(旧暦9月13日)の十三夜で後の月見をしましょう!
なぜって?
十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼んで、縁起が悪いといわれているんですよ。
ちなみに十五夜は中国からの風習ですが、十三夜は日本古来からの風習です。
晴れてくれるといいですね。

今回は、月の満ち欠けの絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2017年9月 5日 (火)

2017年9月 月齢14.7 ボヤーッと十五夜

今日は朝からずっと曇り空。ときどき日差しは指すものの全く雲は取れず。
日が暮れても、今日は完全にダメだな、そんな空。
でも、お月様バカは諦めません。
夕食後にダメ元で散歩がてら緑道公園に行ってみました。
すると・・・
ボヤーッと月明かりが見えるじゃないですか!今日はこれだけでもいいやとまずは撮影。
Simgpi6144
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:50撮影)

厚い雲がかかっているけれど、その雲は流れていて、雲が流れた後は少し雲が薄そうな感じだったので、もしかしたら見えちゃうかもなぁと眺めていると、思った通り、月がボヤーッと見えてきたので、よし、ヤッター!と撮影しました。
Simgpi6159
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:51撮影)
月齢14.7

見ていると、さらに雲が薄くなってきて、月の輪郭がはっきりと分かる程度にまでなってくれました。
ほぼ丸の十五夜お月様です。
Simgpi6184
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:53撮影)
月齢14.7

でもまたすぐに雲が・・・。
Simgpi6192
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月5日 19:54撮影)
月齢14.7

この後も月は見えたり隠れたりしていましたが、次第に見えない時間が長くなってきたので、お月見終了。
見られないと思っていた月が、めちゃくちゃいいタイミングで見られたので大満足。
さて、明日の満月も天気はよくありませんが、見に来てみなくちゃはじまりませんね。はたして・・・

今回は、丸い月にちなんだ絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2017年8月 6日 (日)

2017年8月 月齢14.0 反薄明光線と真夏の十五夜

7/31に月を見て以来、8月中はずっと曇りか雨でお月見の期待すら持てない日々が続いていました。
そして今日、久しぶりに期待に胸膨らむ日がやってきました。
天気はやや雲があるものの眩しい太陽が照りつけ、久しぶりに晴れ!

月の出は17:36。天気予報はあまり芳しくないので曇る前に月が見たいとそわそわしていました。
1分でも1秒でも早く月を見るには東の空の見える高いところが一番!というわけで、浜松町の世界貿易センタービル展望台シーサイドトップに17時前に行って月の出を待ちました。
さて、東の空。大きな積乱雲がモクモク。この写真の真ん中やや下から上ってくるはずなのですが、これではいつ見られるの?という感じです。雲の下の方は浦安方面なのですが、土砂降りだったみたいです。
Simgpi3410

月の出の時間が過ぎ、5分、10分、20分、30分と過ぎるうちに大きな積乱雲は崩れたもののしっかりと雲が居座っていてなかなか月が見えてきません。
そして、45分過ぎた18:20についに月が見えてきました。
月がどこかわかりますか?
Simgpi3483
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F4.5 -0.3EV ISO100(8月6日 18:20撮影)
月齢14.0

月はなかなか雲から抜け出そうで抜け出ずすぐに雲に入ってしまい、見えてこい!と念じて曜白上半分見えてきました。
Simgpi3500
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 -0.3EV ISO400(8月6日 18:21撮影)
月齢14.0

その後も雲から出てこないまま、さらに5分が過ぎ、ようやく雲から抜け出てくれました。もうちょっとで抜けるところを一枚。
Simgpi3508
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 -0.3EV ISO400(8月6日 18:26撮影)
月齢14.0

そしてようやく月が雲から抜け出てくれました。
Simgpi3523
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F4.5 -0.3EV ISO200(8月6日 18:28撮影)
月齢14.0

真夏の十五夜です。
Simgpi3528
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 -0.3EV ISO400(8月6日 18:29撮影)
月齢14.0

少し北寄りに出来た積乱雲と十五夜です。
Simgpi3549
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/60秒 F4.0 ±0EV ISO100(8月6日 18:36撮影)
月齢14.0

月の南側を見てみると、空に筋が走っていました。これは!太陽から伸びてくる反薄明光線!
反薄明光線と月が撮れるとはラッキー!
ちなみに、反薄明光線(はんはくめいこうせん)というのは、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の筋(光芒)が放射状に収束して見える現象で、薄い夕焼けを挟んで数本の筋が見えていると思います。
Simgpi3554
世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F3.5 ±0EV ISO100(8月6日 18:37撮影)
月齢14.0

先程の積乱雲が崩れ真っ赤に染まったので月と撮影。月の左側に筋が見えているのがわかりますか?これも反薄明光線です。

Simgpi3573

世界貿易センタービルにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/60秒 F4.0 ±0EV ISO400(8月6日 18:47撮影)
月齢14.0

この薄明光線はiPhoneで撮影した方が見やすかったので、そちらを掲載します。20170806_184941215_ios

思ったよりも天気の崩れが遅く、久しぶりんお月見を堪能出来ました。

でも7日・8日は台風の影響で曇りや雨になりそうで、満月は見られるかどうか微妙なところですね。8日未明の部分月食もかなり難しそうです。
その後は曇り時々晴れに天気予報がなったので見られそうですが、月の出が遅くなっているので、タイミングよく見られるかどうか難しいところですね。
なんとも気を揉む真夏のお月見シーズンです。

今回は、真夏の夜におすすめの宮沢賢治の不朽の名作「銀河鉄道の夜」をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

2017年7月 8日 (土)

2017年7月 月齢14.3 真夏の十五夜

今日はやや雲があったものの、全体的にはよく晴れてめちゃくちゃ暑い一日でした。
今日は真夏の十五夜。月の出は18:07と、日没(18:59)約一時間前。
満月間近になって、月の出も遅くなってきました。
それでは久しぶりに高いところから月の出を見守るかなと、浜松町駅前の世界貿易センタービル展望台シーサイドトップへ行ってきました。
さて、月はいつ見えてくるかなぁと、東の窓側でじっと待っていました。
そして、月の出から約30分後に、うっすらと見えました。
写真の右上の方をよく見てくださいね。
Simgpi1136
世界貿易センタービル展望台にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(7月8日 18:36撮影)
月齢14.3

これが、うっすらとした十五夜です!
Simgpi1137
世界貿易センタービル展望台にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(7月8日 18:38撮影)
月齢14.3

待つことしばし。
日没時刻(18:59)の赤いお月様です。
Simgpi1168
世界貿易センタービル展望台にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO800(7月8日 18:59撮影)
月齢14.3

暗くなってきて、いろいろな明かりが目立つようになってきました。
屋形船や定期船が行き交って大忙しの隅田川の出口、東京湾を真夏の十五夜お月様は見守っていました。
Simgpi1220
世界貿易センタービル展望台にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/30秒 F4.0 ±0EV ISO800(7月8日 19:20撮影)
月齢14.3

眺めているうちにどんどん月は上り、そろそろ帰るかなと、月を眺めながら移動していて、東京湾を照らす月明かりに気づきました。
Simgpi1334
世界貿易センタービル展望台にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.0 ±0EV ISO800(7月8日 19:57撮影)
月齢14.4

今日は疲れたのでこの辺で。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年6月 9日 (金)

2017年6月 月齢14.6 梅雨の満月

今日は梅雨のさなかの満月。
6月の満月はネイティブアメリカンではストロベリームーンと呼ぶそうです。
詳細についてはネットでたくさん出ていますので調べてください。
今日の天気は曇り時々晴れ。
夕方近くまでは青空も見えていたので、浜松町の世界貿易センタービルで月の出(18:31)から追いかけようと思っていました。
ところが、17時過ぎには東の空は真っ白け。
天気予報からしても今日はだめっぽいから、運良く家の近くで見られればいいやと諦めました。
そして19時半過ぎに満月はどうかなぁと緑道公園に行ってみると、なんと満月が建物の間に見えてるじゃないですか!
よ見やすいところを探して歩き、緑道公園の間の道路上が一番見やすかったので、道路上で車に気をつけながら撮影しました。
きれいな満月です。ストロベリームーンなので、ちょっと赤めに撮影しちゃいました。
Simgph9196
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(6月9日 19:47撮影)
月齢14.6

どんなところで撮影したかというと、完全に路上。電線がたくさんかかっている間に満月を見つけました。
ここの右と左が緑道公園です。
満月の周りには雲があって、このあと雲は月にまとわりついていました。
Simgph9201
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.5 ±0EV ISO800(6月9日 19:48撮影)
月齢14.6

心配しましたけど無事に見られて万々歳の梅雨のさなかの満月のお月見!
続けてお月見できているのは嬉しいのですが、梅雨入りしたけれども・・・な梅雨。
この先も雲は多そうなもののまとまった雨にはならなそうな予報が並び、梅雨の心配をしてしまいます。
梅雨もお月見もどうなることやら。

今回は、1969年に初めて月に着陸したアポロ11号の軌跡を描いた絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年1月12日 (木)

2017年1月 月齢14.2 まさに満月!

今日は十五夜満月。
今日の月の出は16:45。
今日も無事に見られそうだと思ったら、16時頃には怪しい雲が広がってきました。
まさか!昨日の飛行機とカモメで運を使っちゃった?
でも、日が暮れるに連れて雲は少なくなってくれました。
天文学上の満月が20:34なので、空高くに上がって真の満月を迎えます。
というわけで、2017年最初の満月は、満月の時間を狙いました。
いつもの緑道公園で、時間を合わせて待って、20:34に撮影しました。
Simgpf4163crop
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/1000秒 F6.3 ±0EV ISO400(1月12日 20:34撮影)
月齢14.2

今回の満月は他のものは廃してスッキリと一枚だけ。ご堪能下さい。

今回は、バーバラ・クーニーの最後の作品をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年10月15日 (土)

2016年10月 月齢14.3 入間で十五夜

今日は半年に一度の入間2往復の日。つまり、入間の老人ホームの父親を迎えに行って、自宅に帰り、再び送り届け、帰宅するという、車椅子を押しての2往復。結構しんどい。

夕方、入間市駅を出ると、月の出(16:42)から45分後の月が駅舎の上に見えてきていました。
満月直前の十五夜だよと父と一緒に月を眺め、記念撮影。
Cimg3447
入間にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/25秒 F5.2 ±0EV ISO800(10月15日 17:29撮影)
月齢14.3

上りたての十五夜にズームイン!
高度が低いので卵の黄身のように赤みがかっています。
Cimg3452
入間にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/250秒 F5.9 ±0EV ISO800(10月15日 17:30撮影)
月齢14.3

父を送り届け、ちょっと休憩してから駅に戻ってきてまた一枚。
Cimg3471
入間にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/100秒 F5.0 ±0EV ISO800(10月15日 18:27撮影)
月齢14.4

電車を待つホームから屋根越しに見えた月を一枚。
Cimg3477
入間にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/100秒 F5.0 ±0EV ISO800(10月15日 18:30撮影)
月齢14.4

家についた20時過ぎ、玄関を入ろうとする私の後ろから月が照らしてくれました。
背中にいた月に向かって、無事に家に着くまで見守ってくれたお礼を込めて一枚。
Simgpe1995
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(10月15日 20:10撮影)
月齢14.5

変わりやすい天気はまさに秋。
明日はもう天気が下り坂。
はたして満月は見られるのでしょうか?

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、夜空観察の入門絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2016年9月16日 (金)

2016年9月 月齢14.2 夜中は見事な中秋の名月!

昨日の十五夜は見られたものの雲でちょっと残念だったなぁと、布団に入ろうとしたのですが、ちょっと諦めきれず、外を見てみたら、なんとなく雲が減っているように見えたので、スマホのアプリで月の位置を確認すると、ギリギリ庭の方の空に見えるかもしれない位置だったので、玄関先に出てみると、なんと雲がとれて煌々と輝く中秋の名月が浮かんでいました!

満月にはちょっと早いのもよく分かる、それはそれは綺麗な十五夜お月さまでしたよ。
急いでカメラを取りに戻って撮影しました。
もうちょっと時間を確認して撮れば、午前0時の中秋の名月だったのですが、嬉しさのあまり時間を確認するどころじゃありませんでした。

Simgpd9771
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/1000秒 F6.3 ±0EV ISO800(9月15日 23:58撮影)
月齢14.2

いや~、まさか夜中にこんなに綺麗に見えるとは思いませんでしたよ。
寝る前にお月さまに声をかけてもらえて光栄でした。
いいお月見でしたよ。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、楽しいお月見の絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年9月15日 (木)

2016年9月 月齢14.1 中秋の名月!

今日はまた朝のうちは雨。その後、雨はやんだものの一日中曇り空。
今日は十五夜、中秋の名月だけど、無月かぁとほぼ諦めていました。
ところが・・・
18時頃の空は、昨日よりも雲が多いものの、なんか月が見えそうな雰囲気。でしたが、月の姿は見えませんでした。
やはり今日は無理なのかなぁと思いながら、だめでもともとと、夕食後に緑道公園に行ったみました。
出かける前に中秋の名月の見える方向に見当をつけていたので、見えるわけないけどどうなんだと見上げてみたら、な、な、なんと!ちゅ、ちゅ、中秋の名月が、雲間に顔を出してくれてる!
慌ててカメラを構えるものの、既の差で雲の中に入っちゃいましたが、またすぐに顔を出してくれて、ハンターチャンス!じゃなくてシャッターチャンス!
ちょっとぼんやりしていますけど、何枚か撮影した写真の中で一番全体がはっきりしている写真をお届けします。

Simgpd9723
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO1600(9月15日 19:36撮影)
月齢14.1

この後も、何度か雲に隠れたり、雲から出たりを繰り返していたのですが、月全体が雲から抜け出ることはなく、まさに絶妙なタイミングで十五夜お月さまのお月見をしてしまいました。
月のうさぎがちょっと遊ぼうって声を架けてくれちゃったみたいです。
まさにツキがありました!
みなさんのところはどうですか?

おまけ
中秋の名月ですが、仲秋の名月と書かれている場合がありますが正解だと思いますか?
正解は「中秋の名月」です。

「ちゅうしゅう」とは、旧暦の秋の真ん中の時期をさします。昔は、旧暦7・8・9月を「秋」としていて、秋の真ん中の時期なので8月を仲秋と呼んでいました。
つまり、「旧暦8月」を表すときには、仲を使う「仲秋」と書きます。

「中秋」と「中」の文字を使うと、秋の真ん中の日をさします。つまり「旧暦8月15日」だけをさすことになります。
ですから旧暦8月15日に見える月のことですから、漢字では「中秋の名月」と書くのが正しいというわけです。
知ってましたか?私も勉強しちゃいました。

無月の時のネタは明日お届けします。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、今日のように大きな雲が広がっちゃった十五夜の夜の絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

2016年8月17日 (水)

2016年8月 月齢14.6 真夏の十五夜

8/12の日没前に月を見てから、見えそうな空で期待をもたせながらも見えない日が続き、せっかくのお盆はツキのない日を過ごしてしまいました。
そして今朝、台風が過ぎるといい天気。天気予報では晴れ間は昼ごろまででその後は曇りとのことだったので、今日もお月見はダメかと諦めていました。
ところが、午後になってもガンガンの陽射しで、いっこうに曇る気配なし。そのまま夕方になり、あれ?もしかして見えるかも?の予感。
でも、17時過ぎの東の空の低いところは雲が多く、これだと月の出から2時間くらい経たないと見えそうになさそうだったのですが、もしかしたら曇って見えないなんてことはないだろうなぁ、と思いながらも勝負は食後の散歩でだなと気長に待ちました。
家に帰って食事してのんびりしすぎて、食後に居眠り。
気づくと20時前。まさか曇ってないよね?と外に出ると、まだ雲は広がっていないようだったので、月は見えそうだと急いで緑道公園に向かうと、ほぼまんまるの十五夜お月様が見えました。
Simgpd6873
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/1000秒 F6.3 ±0EV ISO800(8月17日 20:05撮影)
月齢14.6

久しぶリのお月様は満月まであと少しのお盆のようなお月様でした。満月は18日18:25で、月の出が18:17なので、見えないでしょうが、顔を出したばかりの時に満月を迎えます。
台風が過ぎたらしばらく晴れ間が続きそうな予報だったのに、気がつけばこの先一週間は曇りか雨に変わってるじゃないですか。
天気が良ければ高いところへと思ったら・・・
といいつつ、また見えそうな空になって、ヤキモキさせるんじゃないだろうなぁ。
ここのところいらついてるから、イライラさせないでおくれよ、お月様~。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、小学生にも読める現代天文学入門書を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

より以前の記事一覧