月見情報

2017年3月31日 (金)

2017年4月のお月見情報

4月のお月見はいかがでしたか?
3月も2月に引き続きやや雲が多めでなかなかスッキリとは見られませんでしたね。
桜の開花もゆっくりなので4月の前半は桜とお月見を楽しみたいところですが、天気が怪しげですが、お花見とお月見を楽しめるといいですね。

それでは、2017年4月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

4/1(土) 18時45分:アルデバラン(0.9等)の食(東京:暗縁から潜入、高度44°)

4/4(火) 03時39分:上弦

4/10(月) 夕方から11日の明け方、月齢14の明るい月と木星が接近して見える。スピカも近くに並んでいる。

4/11(火) 15時08分:○満月

4/17(月) 未明から明け方、月齢20の下弦前の月と土星が接近して見える。

4/19(水) 18時57分:下弦

4/22(土) 21時:4月こと座流星群が極大(出現期間4月16日~4月25日)

4/26(水) 21時16分:●新月

今月は1日にアルデバラン食の後は、比較的静かな月です。
その分、お花見とお月見をゆっくり楽しみましょう。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

2017年3月のお月見情報

2月のお月見はいかがでしたか?
前半は比較的晴れた日が多くて、たくさん見られたと思いますけど、後半はやや雲が多めで最後が見られませんでしたね。
3月は後半になれば桜の季節。寒い日もあと少し。お花見とお月見を楽しめるといいですね。

それでは、2017年3月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

3/5(日) 19時半頃 月面X
      20時32分:上弦

3/12(土) 23時54分:○満月

3/14(月) 宵から15日の明け方、月齢16の月と木星が接近して見える。

3/21(火) 00時58分:下弦
      未明から明け方、月齢22の下弦の月と土星が接近して見える。

3/28(火) 11時27分:●新月

今月は大きな天体ベントがなく地味な感じですが、その分お月見に集中できると思います。
月の周りにどんな星が見えるか双眼鏡などで探してみて下さい。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2017年1月31日 (火)

2017年2月のお月見情報

1月のお月見はいかがでしたか?
冬らしく晴れた日が多くて、たくさん見られたと思います。
2月もまだまだ寒い日が多く冬らしい空となれば見られる日も多いことと思います。

それでは、2017年2月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

2月    本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星が7等前後

2/1(水) 夕方から宵、南西から西の空で月齢4の細い月と火星が接近して見える

2/4(土) 13時19分:上弦

2/11(土) 09時33分:○満月

2/15(金) 深夜から16日の明け方、月齢19の月と木星が接近して見える

2/19(日) 04時33分:下弦

下旬 火星と天王星が大接近(最接近は27日)
   エンケ彗星が6等前後(金星の下方)

2/21(火) 明け方、東の低空で月齢24の月と土星が接近して見える

2/26(日) 23時58分:●新月

2/27(月) 火星と天王星が最接近

今月はやや見にくいながら二つの彗星と天王星が見つけやすい条件となります。
双眼鏡や天体望遠鏡で探してみて下さい。

月刊星ナビ 2017年2月号

KADOKAWA 2017-01-05
            売り上げランキング :
                                                                                                          by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

2017年1月のお月見情報

今年のお月見&天体観測はどうでしたか?
それぞれに楽しんだことと思います。
いよいよ2017年になります。
新年はお正月からのんびりしていちゃいけません。
いきなり月と惑星の接近から始まりますよ。

それでは、2017年1月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

上旬    火星と海王星が大接近(望遠鏡で見ないとわからない)

1/2(月) 夕方から宵、南西の低空で月齢4の細い月と金星が大接近

1/3(火) 夕方から宵、南から南西の空で月齢5の月と火星が大接近

1/5(木) 16時:月面Xが見える

1/6(金) 04時47分:上弦

1/10(火) 00時01分:アルデバラン(0.9等)の食(東京:暗縁から潜入、高度46°)

1/12(木) 20時34分:○満月
      22時18分:金星が東方最大離角

1/19(木) 18時43分:水星が西方最大離角

1/20(金) 未明から明け方、東から南の空で月と木星が接近
      07時13分:下弦

1/24(火) 明け方、東の低空で月齢25の月と土星が接近

1/26(木) 夜明け前、東の低空で月齢28の月と水星が接近(多分見られない)

1/28(土) 09時07分:●新月

月と金星、火星が接近するのでお正月を堪能しすぎて見逃さないようにしましょう。さらに1月は明け方の空が大賑わいなので頑張って早起きしましょう。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年11月30日 (水)

2016年12月のお月見情報

11月は意外と晴れた日が多くお月見を楽しめたのではないでしょうか。後半になると東京では54年ぶりの雪が降り、いきなり真冬になり、なかなかなのんびりと天体観測を楽しめませんでしたね。
12月は慌ただしい時期ですが晴れて楽しめるといいですね。

それでは、2016年12月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

12/3(土) 夕方から宵、南西の低空で月齢4の細い月と金星が並ぶ

12/5(月) 夕方から宵、南から南西の空で月齢6の月と火星が接近

12/7(水) 18時03分:上弦

12/11(日) 水星が東方最大離角(夕方の南西の低空に見えている)

12/14(水) 09時06分:○満月
      ふたご座流星群が極大(出現期間12月5日~12月20日)

12/21(水) 10時56分:下弦

12/22(木) こぐま座流星群が極大(出現期間12月18日~12月24日)

12/23(金) 未明から明け方、東から南東の空で月齢23の月と木星が接近

12/29(木) 15時53分:新月

12月はふたご座流星群が楽しみですが、極大期が満月と重なり条件はよくありませんが、満月と反対の空を見上げて期待しましょう。でも、しっかり防寒をしてくださいね。
無理して風邪を引かないように注意して楽しみましょう。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年10月31日 (月)

2016年11月のお月見情報

10月の前半は秋雨前線で、東京はスッキリ晴れた日が少なく、夜空を楽しめませんでしたね。後半になるとハレの日も増えてお月見は楽しめましたが、なかなかなのんびりと天体観測を楽しめませんでしたね。
11月は冷え込んできて空も澄んでき始める頃なので、すっきりと晴れて楽しめるといいですね。

それでは、2016年11月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

11/3(木) 夕方から宵、南西の低空で月齢4の細い月と金星、土星が正三角形に並んで見える

11/6(日) 夕方から宵、南から南西の空で月齢7の月と火星が接近

11/8(火) 04時51分:上弦

11/14(月) 22時52分:○満月(スーパームーン)

11/16(水)  未明、アルデバラン食

11/17(木) 19時:しし座流星群が極大(出現期間11月5日~11月25日)

11/21(月) 17時33分:下弦

11/25(金) 未明から明け方、東から南東の空で月齢25の細い月と木星が接近

11/29(火) 21時18分:新月

11月は今年一番大きな満月、通称スーパームーンです。大きく見える時間も見えている時間なので、寒くなるのに合わせて体を慣らさせていきながら天体観測をするといいでしょう。
無理して風邪を引かないように注意して楽しみましょう。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

2016年10月のお月見情報

9月は台風や秋雨前線で、東京はスッキリ晴れた日がまったくなく、夜空を楽しめませんでしたね。一体いつまでこんな天気が続くのか、心配になるような空模様で、夜空を楽しめず鬱憤が溜まりますね。
10月は熱くもなく寒くもなくちょうどいい頃なのですっきりと晴れて楽しめるといいですね。

それでは、2016年10月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

10/1(土) 9時11分:●新月

10/4(火) 夕方の西の低い空で月齢3の細い月と金星が接近

10/6(木) 宵の頃、月と土星が接近

10/8(土) 21時:月面Xが見える

10/9(日) 13時33分:上弦

中旬  明け方の東の空で水星と木星が接近

10/13(木) 後の月(十三夜)

10/16(日) 13時23分:○満月

下旬  夕方の南西の空の低空で金星と土星が接近

10/21(金)  オリオン座流星群が極大のころ(出現期間10月10日~11月5日)

10/23(日) 04時14分:下弦

10/31(月) 02時38分:新月

10月は大きな天体現象もなくなり一休みです。でも、少しずつ位置を変えながら接近し合う惑星の動きを追いかけてみるのもいいかもしれませんよ!
そして後の月のお月見も楽しみましょう。
なにはともあれ、まずはすっきりと晴れてくれることを願いましょう。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年8月30日 (火)

2016年9月のお月見情報

8月は梅雨が開けてからすっきりとした暑い晴れた空を期待したのですが、雲の多い日が意外に多いもののそれでもお月見はできる陽が結構ありましたが、空に振り回されてのんびりお月見という具合には行きませんでした。
さて、9月は中秋の名月のお月見です。秋の長雨の頃になってしまいますが、のんびりお月見できるといいですね。

それでは、2016年9月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

9/1(木) 18時03分:●新月

9/3(土) 夕方の西の低い空で月齢2の細い月と金星と木星が接近

9/8(木) 宵の頃、月と土星、火星が並ぶ

9/9(金) 20時49分:上弦
      宵の頃、月と火星、土星が接近

9/15(木) 中秋の名月(十五夜)

9/17(土) 03時54分:半影月食
      04時05分:○満月

9/23(金) 18時56分:下弦

9/28(水) 05時44分:月とレグルスが最接近

9/29(木) 04時27分:水星が西方最大離角(17.9°、-0.5等、視直径07.0″)
      日の出前の空で月と水星が接近

9月になると流星群も終わり、大きな天体現象もなくなり一休みです。でも、土星から遠ざかる火星の動きを追いかけてみるのもいいかもしれませんよ!
そして中秋の名月のお月見。
しばし、夜空を見上げて秋を感じてみませんか。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

2016年8月のお月見情報

7月は関東・東北では雨は少ないけど天気が悪い梅雨が長かったですね。おかげで天体観測がまともにできる日がほとんどありませんでしたね。<br/>
梅雨明けして8月に突入したら少しは期待して、天体望遠鏡の整備など準備をしておきましょう。

それでは、2016年8月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

8月中 火星とアンタレスが大接近

8/3(水) 05時45分:●新月

8/6(土) 夕方から宵、西の空で月と木星が接近

8/11(木) 03時21分:上弦

8/12(金) 夕方から13日の未明にかけて、月と土星が接近
      20時47分:月が土星の北03°40′を通る
      21時:ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日~8月20日)
      22時22分:月と土星が最接近(東京:02°55′)

8/17(水) 06時21分:水星が東方最大離角(27.4°、0.3等、視直径07.4″)

8/18(木) 18時27分:○満月
      はくちょう座κ流星群が極大のころ(出現期間8月8日~8月25日)

下旬        火星と土星が接近
      金星と木星が大接近

8/24(水) 23時56分:火星とアンタレスが最接近(01°47′)

8/25(木) 02時53分:火星と土星が最接近(04°21′)
      12時41分:下弦

8/28(日) 07時29分:金星と木星が最接近(00°03′)夕方、西の低空で金星と木星が大接近

8月になると夏の流星群も忙しいですし、火星の動きに大注目。日々位置を変えていく様子を追いかけてみると夏休みの宿題にもいいかもしれませんよ!
しばし、夜空を見上げて暑さを忘れてみませんか。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

2016年7月のお月見情報

6月は梅雨まっただ中。東京では雨は少ない割にいまひとつすっきりしない日が多くて思うようにお月見も天体観測も楽しめなかったのではないでしょうか。
7月になると梅雨明けがやってきます。それに備えて天体望遠鏡の整備など準備をしておきましょう。

それでは、2016年7月に見られるお月様を中心とした天文現象をお届けします。
基本的に肉眼で見られそうな現象だけをお届けします。
お月見・天体観測にご利用ください。
ただし天文現象の時間は東京標準です。

7/4(月) 20時01分:●新月

7/7(木) 七夕
     10時36分 大西卓哉さんが搭乗するソユーズ宇宙船打ち上げ

7/9(土) 夕方から宵、西の空で月と木星が接近
      19時11分:月が木星の南00°51′を通る

7/12(火) 09時52分:上弦

7/16(土) 夕方から17日の未明にかけて、月と土星が接近

7/20(水) 07時57分:○満月

7/27(水) 08時00分:下弦

7/28(木) みずがめ座δ南流星群が極大のころ(出現期間7月15日~8月20日)

7/30(土) やぎ座α流星群が極大のころ(出現期間7月20日~8月25日)

7月になると夏の流星群のシーズン到来。夜空を見上げて暑さを忘れてみませんか。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

より以前の記事一覧