東京スカイツリー

2017年5月 6日 (土)

2017年5月 月齢9.8 上野でお月見

今日の天気予報は晴れのち曇りで、15時過ぎには曇るとのことだったので、今日の月の出が14:11だから月の出間近しかチャンスがない!と思っていました。
今日は昼から上野東照宮のぼたん苑で撮影して、月の出の時刻を待ち、不忍池のほとりで、月が見えるかどうか見続けていました。
でも、西の空は気持ちよく晴れているのに、月が上ってくる東の空は雲だらけ。でも、それほど分厚い雲ではなかったので、雲間にうっすらと見えるかも!と目を凝らしていました。
そして月の出から1時間以上経った15時半過ぎに、なんと雲の中にうっすらとした月を見つけちゃいました。昨日に続いて、こんな月を見つけるなんて、ほんとにお月様バカだよなぁと思ってました。
月がわかりますか?
Simgph6185
上野不忍池にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/400秒 F8.0 ±0EV ISO100(5月6日 15:33撮影)
月齢9.8

この月がどこに見えたかというと、上野不忍池の弁天堂とそのはるか向こうの東京スカイツリーの上の方です。
月がわかりますか?
Simgph6190
上野不忍池にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F9.0 ±0EV ISO100(5月6日 15:34撮影)
月齢9.8

わからないと思うので矢印で示しました。
Simgph6190a

このあと月は雲の中に入ってしまって、17時近くまで粘りましたが全く見えそうな気配がなかったので今日はもうだめだと諦め帰宅。
地元の駅に着くと、あれだけ広がってた雲が、雲が、雲が薄れて月がはっきりと見えてるじゃないですか!
またしても雲のいたずら!
玄関前ですっきりとした月を撮影。
Simgph6252
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F10.0 ±0EV ISO400(5月6日 18:09撮影)
月齢9.9

日が暮れると雲が広がってきたものの雲間に月が見えていますね。
といいつつ夜の撮影はなし!
さて、明日はゴールデンウイーク最終日。月の出は15時過ぎなので十分に追いかけられる時間。さて、どこに出没するでしょうか!

今回は、つきよのナンセンス絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2017年5月 5日 (金)

2017年5月 月齢8 鯉のぼりと十日月のお月見ツアー

今日は天気予報よりも早く回復して昼前からいい天気。
というわけで、上弦の月でできなかった東京スカイツリー→浅草寺→東京タワーとお月見ツアーを実施!参加者募集すればよかったですか?

月の出は13:12だったので、12時半頃に東京スカイツリーへ。
ゴールデンウイークなのでものすごい人のソラマチをフラフラして、13時半前に月が上ってくる方が見えるところで休憩していました。
どのあたりに見えるかなぁと目を凝らしていると、うっすらとした月を見つけちゃいました。こんな月を見つけるなんて、ほんとにお月様バカですよね。
東京スカイツリーの足元の柵の中に月が見えています。黒い点は写真を拡大してみたらアゲハチョウでした。
Simgph5267
東京スカイツリーにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F9.0 -0.7EV ISO100(5月5日 13:36撮影)
月齢8.7

もう少し月が見やすくなるのを待って、お月見ツアースタート!
こどもの日ということもあって、たくさん月の写真を撮りましたが、鯉のぼりとのお写真をお届けします。
まずは東京スカイツリーの足元を泳ぐ鯉のぼりと十日月です。
Simgph5290
東京スカイツリーにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F9.0 ±0EV ISO100(5月5日 13:36撮影)
月齢8.7

次は浅草寺の鯉のぼりと月です。
本堂と東京スカイツリーの間を鯉のぼりが月を目指して泳いでいました。
Simgph5551
浅草寺にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F7.1 ±0EV ISO100(5月5日 15:22撮影)
月齢8.8

風に乗って勢い良く泳ぐ鯉のぼりと月です。
Simgph5603
浅草寺にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F8.0 ±0EV ISO100(5月5日 15:47撮影)
月齢8.8

お次は東京タワーの足元を泳ぐ333匹の鯉のぼりと十日月です。
Simgph5741
東京タワーにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/125秒 F6.3 ±0EV ISO100(5月5日 17:20撮影)
月齢8.8

そして東京タワー前で泳ぐ大きな鯉のぼりと、一匹だけ左に飛び出したサンマのぼりと十日月です。
Simgph5813
東京タワーにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F6.3 ±0EV ISO100(5月5日 17:47撮影)
月齢8.9

次は増上寺の鯉のぼりと十日月です。
Simgph5911
増上寺にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/125秒 F6.3 ±0EV ISO100(5月5日 18:04撮影)
月齢8.9

最後はすっきりと十日月です。
Simgph5937
増上寺にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(5月5日 18:11撮影)
月齢8.9

今日はかなり歩き回りましたよ。帰ってきた時点で歩数計アプリの歩数は約1万7千歩でしたからね。
昨日は新宿御苑で1万6千歩、2日は小田原で1万5千歩、よく歩いているゴールデンウイークです。
さすがにちょっと疲れが・・・
でも、明日も出かける予定です。ただ、月が見えるかどうかは微妙ですね。

今回は、夜の絶景写真集をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2017年1月 9日 (月)

2017年1月 月齢11.1 アルデバランと月

今日はお昼前まで雨が降っていました。
天気予報では朝のうちには雨がやみ午後から晴れだったので、月の出(13:53)から見ていようと思っていたのですが、思いのほか天気の回復がいまひとつだったので月の出からは無理だなと家でのんびりしていました。お昼を食べ終え、13時を回ると、天気が急速に回復してきて、日差しが出てきました。
これは月の出は無理でも意外と早くから見られるんじゃない?と、文京シビックセンター展望ラウンジに急いで向かいました。
到着したのは14時半前。もう見えてんのかなぁと東の空を見ると、雲から月が抜け出ていました。
東京スカイツリーとお月様です。
Simgpf2948
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F11 ±0EV ISO100(1月9日 14:26撮影)
月齢10.9

このままスッキリと晴れてくれるのかなぁと思い、小石川後楽園に行って梅とお月見しようと思ったら意外と雲が多くて、一時は雲でかくれんぼしてくれちゃって、梅とお月見は出来ませんでしたが、雲の中のお月様をキャッチ。
Simgpf3315
小石川後楽園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F7.1 ±0EV ISO100(1月9日 15:57撮影)
月齢11.0

今日はだめなの?と諦めて、小石川後楽園を出て、後楽園駅に向かっていると、急速に雲がとれてきて、月が完全に雲から抜け出てきれいに見えました。なんて日だ!
東京ドームシティでお月見してましたが、その写真は割愛して、夜の部へ。

日が暮れると今日のメインです。といっても、日付が変わる頃がメインイベントです。それは「アルデバラン食」。月がおうし座のアルデバランを日付が変わる頃に隠し、約1時間後に出てきます。東京が食の状態が一番長いんですよ。
真夜中に見たいとは思うのですが、今年はちょっと手の霜焼けが再び賑やかになってしまって痛いので冷やさないようにパスします。
その分、月に近づくアルデバランの様子をお届けします。
日が暮れてはっきり見えてきたアルデバラン。こんなに離れているのに月が隠すの?と思えます。
Simgpf3429crop
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月9日 17:48撮影)
月齢11.1

約1時間半後の月とアルデバランです。ちょっと近づきましたよね。
Simgpf3443crop
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO400(1月9日 19:27撮影)
月齢11.1

さらに2時間後の月とアルデバランです。南中を過ぎ、月の向きが変わってます。アルデバランが見にくいのですが、近づいてますよね。
Simgpf3448crop
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO400(1月9日 21:32撮影)
月齢11.2

さらに1時間後の月とアルデバランです。
かなり近づきましたよね。
Simgpf3457crop
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月9日 17:48撮影)
月齢11.3

このあと、日付が変わる頃から各地でアルデバラン食が見られますよ。
楽しんでくださいね。
今週は天気が良さそうなので、たっぷりお月見ができそうですよ。満月も楽しめそうです。お楽しみに。

今回は、月夜の不思議な出会いを描くナンセンス絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2016年12月14日 (水)

2016年12月 月齢14.8 東京タワーと今年最後の満月

今日の天気は、お昼ごろまで雨が降り、その後、ゆっくりと天気が回復し、晴れ間が広がってきました。
実は今日、赤穂義士祭で知人が義士となって行列に加わるというので、泉岳寺近辺に見に行く予定にしていたんですが、家にいたらいたで、電話やら人が来たりとバタバタして、家を出るのが遅くなり前の方で撮影するのは無理だなぁと諦めました。
そのおかげと言っては何ですが、今年最後の満月を撮りに行くのは好都合。
月の出の前に、恵比寿ガーデンプレイスの展望スペースへ。
今宵の月の出は17:03。時間を過ぎても地表近くには雲が広がっていてなかなか見えそうにないなぁと思いながら眺めていたら、ボヤーッと明るいところが見えてきました。
左隅には東京スカイツリー、真ん中に東京タワー、そして雲から出てきそうな満月です。
Simgpf0329
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.5 ±0EV ISO1600(12月14日 17:10撮影)
月齢14.8

5分たつと、満月の丸い姿が見えてきました。
Simgpf0343
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F4.5 ±0EV ISO1600(12月14日 17:15撮影)
月齢14.8

見えてきた今年最後の満月です。
Simgpf0346
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(12月14日 17:15撮影)
月齢14.8

そして、雲から抜け出た満月が東京タワーと東京スカイツリーと共演です。
Simgpf0401
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F4.5 ±0EV ISO1600(12月14日 17:21撮影)
月齢14.8

雲から抜け出たかと思うと、雲が流れてきて、満月が雲に囲まれてしまいました。
通せんぼされて、雲の前に来られない満月です。
Simgpf0553
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO1600(12月14日 17:41撮影)
月齢14.8

通せんぼされている満月を見ていたら、羽田を飛び立った飛行機が近づいてくるのが見えました。
この雲がかかっている中、月にかかってもわからないよ~と思ってみていたら、月の上を通過しました。空が暗いと見えないのですが、月が雲を照らしているおかげで、月の上を飛ぶ飛行機の姿が見えました。
Simgpf0579
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO1600(12月14日 17:45撮影)
月齢14.8

その後も撮り続けていると、18:20頃には雲が少なくなって、すっきりとした夜空に今年最後の満月が優しい笑みを湛え、街を優しく見守っていました!
Simgpf0686
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F3.5 ±0EV ISO1600(12月14日 18:23撮影)
月齢14.9

最後にすっきりとした今年最後の満月です。
Simgpf0691
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(12月14日 18:25撮影)
月齢14.9

天気が心配されましたが、無事に今年の満月が見られました。
この月は明日の朝6時半に沈みます。まだ見ていない人は外に出て南寄りの空をみあげてみてください。
もしかしたらふたご座流星群も見られちゃうかも?

今回は、インテリアとしても使えそうな宇宙の絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年12月10日 (土)

2016年12月 月齢10.8 浅草でお月見

今日は一日中いい天気。月の出が13:47なので昼過ぎに出かけるとちょうど月は見やすい高さになるなぁと、月の出を過ぎてから家を出て浅草に向かいました。

浅草についたらまず吾妻橋のたもとから月の位置を確認。この時付きはなんと僅かに流れる雲の中にスーッと入っちゃったんですけど、しばらく待って、雲から抜け出たところで今日の月の撮影スタート!
Simgpe9586
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F3.5 ±0EV ISO100(12月10日 15:28撮影)
月齢10.8

隅田川沿いを歩いてお月見。カモメがたくさん飛んでるので、カモメと月を撮りたくて、カメラを構えていると飛んどこず、ちょっと休憩していると月の近くを飛んでと、結局いい写真は撮れず。
その代わりに撮影したのがこの写真。一度東京スカイツリーの展望台に入ってみたいなぁと見つめるお月様です。
Simgpe9646
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO100(12月10日 15:48撮影)
月齢10.8

その後も隅田川べりを行ったり来たりしてお月見していると、さっきは昼の光に照らされていた東京スカイツリーやアサヒビールの建物などが、傾いてきてオレンジ色から赤みを帯びた陽の光に染まっていました。月もだいぶ高いところまで上がっていました。
Simgpe9765
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F5.0 ±0EV ISO100(12月10日 16:12撮影)
月齢10.8

浅草に来たなら浅草寺をお参りしないと罰当たり。本堂が閉じてしまう前にお参りをして、本堂と東京スカイツリーとお月見です。
Simgpe9775
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F3.5 ±0EV ISO100(12月10日 16:29撮影)
月齢10.8

宝蔵門と東京スカイツリーと撮ろうとすると、月がちょうどスカイツリーの真上に見えるいいタイミングでした。
Simgpe9801
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F3.5 ±0EV ISO400(12月10日 16:37撮影)
月齢10.8

予定ではここからいつものように東京タワーへと移動するところだったのですが、東京スカイツリーのライトアップが始まったし、今日からスカイツリーの下部にプロジェクションマッピングが行われるというのでスカイツリーまで行こうかなぁと思ったのですが、今週はイルミネーション巡りで歩き疲れていて、足が重くなっていたので、隅田川べりからライトアップされたスカイツリーを撮って終わりにしようと、再び隅田川川辺りに移動。
すっかり空も暗くなって、ライトアップがくっきり。今日のライトアップはもみの木をイメージしたスカイツリーを彩るシャンパンゴールド。
隅田川を屋形船などが行き来して賑やか。江戸と東京が入り交じった感じです。
Simgpe9878
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F4.0 ±0EV ISO1600(12月10日 17:11撮影)
月齢10.8

そして吾妻橋の方向に移動して、昼の風景、夕方の風景の次の夜景を撮影。
Simgpe9944
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F3.5 ±0EV ISO1600(12月10日 17:22撮影)
月齢10.8

最後にお月様だけ。
Simgpe9949
浅草にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(12月10日 17:23撮影)
月齢10.8

今日は浅草でなんと370枚も撮影したのですが、そのうちの約8割300枚は月の入った写真でした。
その中から選ぶの大変でした。実阿hまだお見せしたい月があるので、それは悪天候で月の撮影ができなかった時にお届けします。
今回は連日続いたイルミネーションを中断。東京タワーに移動して東京タワー前で撮る予定をやめちゃいましたからね。東京タワーで撮っていれば、新宿→渋谷→恵比寿→五反田・大崎→浜松町と山手線を内回りが続いたのですが。
明日は昼間から撮るか、夜にイルミオネーションにかけるか。明日は明日の風が吹く。ということで明日も気分次第でお届けします。

今回は、月の満ち欠けに重点を置いたカレンダーを紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年11月15日 (火)

2016年11月 月齢15.6 東京タワーと十六夜の月!

昨日は残念ながらスーパームーンは見られませんでしたね。
今日も引き続き天気がスッキリとせず、天気予報では夜になってから晴れるとのことでしたがなんとも微妙な雰囲気でした。
日没が近づいてくると、空に少し青空が見えたので、これはいけるかも!と、スーパームーンを撮る予定にしていたところに行って見ました。
到着したのは月の出(17:30)前。
まだまだ知られていない展望スペースなので、しっかりカメラを構えていたのは一人だけ。あとはお客さん。私が準備していると、もう一人おじさんが来てカメラをセッティング。
さて、どんなところかというと、こんなに広々と見えるところなんですよ。東京タワーの広がっている足元まで見える貴重な展望スペースです。
東京タワーの右側から上ってきていてもいい時間だったんですけどね。
Simgpe6535

ここからは東京タワーだけでなく、東京スカイツリーも見られるというおまけ付き。一方向を眺めて一緒に撮影できるところはこれまた貴重です。
さてさて、ここは何処かというと、恵比寿ガーデンプレイスのあたらしい展望スペースなんです。
この記事を見ていきたいと思った人はご自分でお調べください。
Simgpe6537

月がなかなか見えてこないので、私以外の二人は早々に退散。
私は、夜は晴れといっていたから見えてくるに違いないから、19時まではここで粘ろうと決めていたので、じっと待っていました。すると、18時を回った頃から、東京タワーの右側にボオーっと明るいところが見えてきました。
あそこは間違いなく月!見えてくる見えてくると待ち、なんとなく月の形が分かってきたところで撮影開始。
闇夜に光る目のように十六夜の月が現れました。
Simgpe6562
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F4.5 ±0EV ISO800(11月15日 18:04撮影)
月齢 15.6

雲の中から月が抜け出たところで、先程入れ忘れていた東京スカイツリーも入れて撮影しました。
月の左に見える光は飛行機です。羽田はこの時間ラッシュアワーなので、次々に飛行機が飛んできます。
近いうちに、羽田からこちらの方向に空路が設定されるのでかなりの低空を飛行機が通過するようになるんです。おっかないなぁ。
Simgpe6570
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/3.3秒 F4.5 ±0EV ISO800(11月15日 18:06撮影)
月齢 15.6

出てきた出てきた、と喜んで東京タワーと何枚も撮っていて、あ、月だけを撮らなくちゃ!と狙いを定めているうちに、月が登るに連れて雲の中に入っていっちゃいました。半月じゃありませんよ。
Simgpe6579
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO800(11月15日 18:08撮影)
月齢 15.6

再び月は顔を出してくれたんですけど、これまた雲と雲の間。その雰囲気がわかりますか?東京スカイツリーも写っていますけど、目立たないですよね。
Simgpe6592
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.5 ±0EV ISO800(11月15日 18:12撮影)
月齢 15.6

すぐに月は雲の中に入ってしまうので、月だけを撮るチャンスがなかなかなく、待ちに待って完全に分厚い雲の中から抜け出した月に狙いを定めて撮影!ぼんやりしている雰囲気を残してクレーターまで写してみました。
Simgpe6640crop
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO800(11月15日 18:28撮影)
月齢 15.7

この場所は照明もほどほどで暗め、映り込みも気をつければ目立たないし、今のところ三脚も使えるし、営業時間中はずっといられるしいいところです。新宿方面からお台場方面まで見渡せるなんとも素晴らしい展望スペースです。
あまり人が増えてほしくない場所です。

今回は、新たに「惑星と月遭遇表」を掲載した月と季節のカレンダーを紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

2016年11月13日 (日)

2016年11月 月齢13.6 東京スカイツリーと小望月、そして飛行機と

今日はいい天気でしたが、午後から雲が少し広がってきておやおや?と思わせましたが、月の出(15:55)には雲の心配はなくなりました。
そんな今日は午後から湯島天神菊まつりに撮影に行きました。
撮影後、東京ドームシティに移動して、イルミネーションと月を撮ろうと思ったら、月の出30分前には着いてしまったので、文京シビックセンター展望ラウンジに登って月の出を待ちました。
地表付近には雲というよりも、もやっと靄が広がっていてつきのですぐには見えませんでしたが、待つこと20分、思っていたよりも東側、東京スカイツリーの近くに上ってきました。
東京スカイツリーと小望月です。
Simgpe5986
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F5.6 ±0EV ISO200(11月13日 16:16撮影)
月齢 13.6

10分もすると、小望月はあっという間に東京スカイツリーの高さまでのぼりました。
Simgpe6042
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F6.3 ±0EV ISO800(11月13日 16:28撮影)
月齢 13.6

その後、月も上っていき、他の人はスカイツリーの上に月が来る瞬間に夢中でしたが、私にはここでのお楽しみの瞬間がやってきました!
その写真がこれです。思いっきりトリミング!
月の前を通過する飛行機です。連射したのですが、わずかにタイミングがずれて飛行機が真ん中からずれてしまいましたが、バンザイの瞬間です。
Simgpe6115crop
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO800(11月13日 16:50撮影)
月齢 13.6

そして月は東京スカイツリーの上にのぼりました。
時間が早すぎるせいもありますけど、スカイツリリーのライトアップはいまひとつ目立ちませんよね。
Simgpe6131
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F5.6 ±0EV ISO200(11月13日 16:54撮影)
月齢 13.6

そして最後にすっきりと小望月です。
Simgpe6134crop
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(11月12日 18:38撮影)
月齢 12.7

肝心の東京ドームシティのクリスマスイルミネーションと月ですが、このあとちゃんと撮影しましたよ。
それはお月様が見られなかった時にお届けする予定です。
明日はスーパームーンですが、天気が曇りのち雨で、場合によっては夕方から降り出しそうなので、明日お届けすることになっちゃうかもしれません。
なんとか晴れてくれないものでしょうかね。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、月のリズムを知るカレンダーを紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年10月16日 (日)

2016年10月 月齢15.3 満月を追って

今日は満月。ところが天気予報は曇りで、見られないのかぁ、奇跡は起きないかなぁと念じていました。
すると、なんということか、お昼ごろから日が差し始めたじゃないですか。いやいや曇りだから束の間の晴れ間だろうなんて思っていたら、午後は雲が多いものの日差しに恵まれ気温も上がって暖かな陽気になりました。
それでも曇りのはずだから、曇ってくるんじゃないの?でも、期待しちゃうよ!と、自然教育園でのんびりしていました。
16時前に空の具合を見て月の出から追いかけられる文京シビックセンター展望ラウンジに移動するかどうか決めようと思っていたら、なんと、東の空は雲が少なくなっていたので、迷わずレッツゴー!
文京シビックセンター展望ラウンジには16時半に到着。まだ時間があるなと思っていたのですが、とりあえず撮影場所をキープしてじっとしていると、17時を過ぎると太陽を撮り終え、満月を撮りに西側から東側へ移動してくる人もいて、人が集まりだしました。
そして、迎えた月の出の時刻(17:24)。
なんとなんとなんと、月の出時刻に月を発見!
月の出は月の下側が地平線を超えた時刻なので、高いところから見ているとより早く見えるので、本当はもうちょっと早く見えていたのですが、カメラの設定をいじっていたら月の出の時刻に撮影していたというわけです。
ちょっと暗く写ってます。
Simgpe2248
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F6.3 ±0EV ISO800(10月16日 17:24撮影)
月齢15.3

この出たてほやほやの月がどんなところからでてきたかというと、東京スカイツリーの左側なんですよ。
月の色が赤いですよね。
Simgpe2250
文京シビックセンター展望ラウンジにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/3.3秒 F5.6 ±0EV ISO800(10月16日 17:24撮影)
月齢15.3

コンデジでインターバル撮影しようとしたら、ピントが固定できないので諦めて一眼を固定するなどバタバタ。 一眼を固定してしまったので、コンデジで完全に姿を表した満月を撮影。
出たての月は潰れて見えるという通り、潰れて写っています。そしてかなりオレンジ色です。
雲がかかっているのですが、ウサギがいるように見えてしまうのは私だけ?
Cimg3487
文京シビックセンター展望ラウンジにて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/10秒 F5.9 ±0EV ISO800(10月16日 17:30撮影)
月齢15.3

一眼で月の出(17:24)のあと、一眼を固定して、5分後をスタートに細かく撮影していたのですが、合成してみて見やすかった5分間隔で撮影した17:27から18:02までの8枚の写真を比較明合成した写真をお届けします。
月の色がオレンジ色から黄色に変わっていく様子がわかります。
惜しいことに、東京スカイツリーにかかると思っていたのでスカイツリーの上に余裕を持たせていなかったので、真上に来たときは月が半分きれいていたのでちょっと見苦しいので割愛しました。それだけがちょっと残念。
Fullmoon20161016

東京スカイツリーの真上に来たときはコンデジで撮影。
東京スカイツリーのライトアップは雅という紫を基調としたものだったので目立たず、いまひとつパッとしないんですよね。
Cimg3549
文京シビックセンター展望ラウンジにて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/5秒 F5.7 ±0EV ISO1600(10月16日 18:05撮影)
月齢15.4

東京スカイツリーよりも高くのぼった満月をコンデジでズームイン!
さっきのオレンジ色が黄色に変わってますよね。
Cimg3554
文京シビックセンター展望ラウンジにて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/1000秒 F5.9 ±0EV ISO1600(10月16日 18:07撮影)
月齢15.4

最後に、展望ラウンジで月の撮影をしている人を御覧ください。私の右手側です。奥の柱の陰にも5,6人並んでいたと思います。私の左側にも10人ぐらいいたので20人ぐらいは撮影していたのではないでしょうか。
Cimg3503

記事を作成している途中、22時40分頃から外は雨となりました。
雨は明日からの予報だったので、今日の予報は外れまくりでしたけど、奇跡が起きて無事に満月を見ることが出来ました。バンザーイです。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、赤い月の秘密を学ぶ学習まんがです。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2016年8月20日 (土)

雨を追い、虹に出会う

日本付近に台風が3つも発生して、次々にやってくる気配で、ここのところ不安定な空が続き、晴れのちゲリラ豪雨、のち晴れ、のちゲリラ豪雨という具合。
今日も我が家の付近では午前中に激しい雨が降ったかと思えば、あっという間に晴れ間が広がって蒸し暑くなりました。
午後になってから、スマホのアプリで品川区に雨雲接近中と通知が来たので、もしかしたら高い所に登れば雨が見られるのでは?と新宿の東京都庁展望台にでかけました。
都庁について、自分の家の方は陽が差していたのですが、なんと、東京スカイツリーが雲に飲まれそうな状況で、東京ドームのあたりには陽が差していることから、上野あたりから東京スカイツリーより北側の北千住方面にかなりの雨が降っているようで降水雲が見られました。
雲から地上に幕が垂れ下がるように見えているのが降水雲で、遠くで降っている雨や雪が目に見える状態のことを言って、気象観測の世界では「視程内降水」と呼びます。
Simgpd696215:33

この雨が次第に近づいてきて15:55、新宿に到達。駅のあたりが霞んでいます。
Simgpd7156

この時、都庁の東側、山手線の品川~田町~浜松町付近と言っても東京タワー付近は真っ暗で、わずか1km程度しか離れていない田町駅近くのNEC本社ビル には日が当たっているのでこの間が雨と晴れの境界で、芝公園よりも東側、本当に山手線付近から海側は晴れていたようです。
Simgpd7186

16時を過ぎると窓に当たる雨が少し静かになったので都庁から西側に目を向けると雨の塊が西へと移動し、甲州街道の北側に沿って移動したようで初台付近から北西に雨の中心は移動していました。
Simgpd7204

16時20分頃、雨の中心は甲州街道をさらに西に進んで、高井戸から吉祥寺エリアへと移動していました。空から地上に降りたカーテンのように見える降水雲がはっきりと分かり、かなり激しく雨が降っている様子が伺えます。
Simgpd7284

雨が静かになれば期待するのは虹!
東の空を見に移動して、目を凝らしていると、虹がぼんやりと見えてきて、そして次第にはっきりとしてきました。しかもその場所はなんとなんとなんと、まさかまさかまさかの場所に見えました。
なんと、東京タワーのすぐそばに見えちゃったんですよ。
なんという幸運!アンビリーバボー!
Simgpd7360

しばらくすると弧のもう一方側も見え出しました。
Simgpd7464

粘りに粘って、17時を過ぎると東京タワーの近くの虹が空へと伸び出しました。
もう少し雲がどいてくれるといいんだけどなぁと撮影。
Simgpd7768

もう少し待ちたいところだったのですが、撮影していた都庁南展望台は17時半閉館のため時間切れだったんですよ。
後ろ髪を引かれつつ虹に別れを告げてエレベーターを下りて行きました。

迫り来る3つの台風。
大きな被害をもたらさないといいですね。


励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年4月19日 (火)

2016年4月 月齢11.8 十三夜を求めて文京シビック

今日は午前中、父の病院の付き添いで老人ホームへ。
昼過ぎにホームを出て、そのままどこかに寄ってこようかと思ったのですが、晴れてるから月の出の頃から追いかけられるよなぁと思いつき、どこで見るのがいいかとiPad で検討。東京スカイツリーの直ぐ側から上ってくるのが見えるはずの文京シビックに行くことに決定。でも一眼持ってきていなかったので、一度帰宅。
一眼を持って向かい、月の出(15:40)ちょっと過ぎの15:45に到着。この時間ではまだまだ見えてないのは当然なのですが、暖かいこともあって、低い位置はモヤモヤ~としていてなかなか見えてこない!
月の出から30分経った16:10にようやくボヤーッと月を発見。肉眼ではなんとか見えるのですが、ファインダーを通すとわかりにくいことこの上なし。撮影して確認して設定を調整を繰り返しをしているうちに、肉眼でもファインダーでも見えるようになってきました。
それがこちら。さて月はどこでしょう。
下に写っているクレーンから上にたどっていってください。
ようやく見えてきた十三夜の月です。
Simgpc2457
文京シビックにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F7.1 ±0EV ISO100(4月19日 16:15撮影)
月齢11.8

それから35分後、月はあっという間にのぼり、東京スカイツリーの倍ぐらいの高さに達しました。
Simgpc2494
文京シビックにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F8.0 ±0EV ISO100(4月19日 16:51撮影)
月齢11.9

この間、コンデジでタイムラプス動画を撮影していました。
それがこちら。30分間、2分おきの撮影をコンデジが動画にしてくれました。
雲が消えていく様子がよくわかります。

動画を撮り終えて、少し夕方の空になり始めた空の十三夜を撮影。
Simgpc2500
文京シビックにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO100(4月19日 17:18撮影)
月齢11.9

暖かくなってくると空の低い位置がもや~っとしてくるので、低い位置のお月様は見難くなります。それでも空が暗くなりはじめの満月頃だと、低い位置でも月の明るさで見えてくるのでそれを狙えばいいのですが、土曜日の今年最小の満月の日は天気がぱっとしないので今のうちにと思ったんですけどね。残念。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月夜のおかしな出会いを描いた絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

より以前の記事一覧