月食

2018年2月 2日 (金)

2018/1/31 皆既月食

無事に見られた皆既月食!
欠け始めからほぼ5分おき(一緒に見ていたご婦人と話をしていてちょっと遅れたりも)に撮影して、終わってみれば500枚以上の写真を撮影。
皆既月食中に雲がかかって戻るところは見られない?とヒヤッとさせられました。
Simgpk4949

皆既月食の最中から雲が広がりだし、後半は雲との戦いとなり撮影にかなり苦労しました。
月食が終了予定だった0時11分頃には雲で見えなくなり、また現れるというハプニングもありましたが、なんとか全て撮ることが出来ました。
撮影した中からマシなものを選んで、だいたい同じ位置に来るようにトリミングして、動画にしてみました。

まずは赤銅色がわかるように撮影した写真で欠け始めからもとに戻るまでを動画にしました。

暗い部分を暗くして皆既月食のときだけ赤銅色を残したバージョン。

この夜は月食にとどまらず、日付が変わろうとしている時、月食が終わろうとする月を包み込むように月暈が現れたんですよ!
撮影したのは2/1 午前0時です!
Simgpk5151

濃くなったり薄くなったりしながら数分間見られたので何枚も撮影。
もう少し見やすい暈です。
Simgpk5159

この後、どんどん雲が増えてきて、終了の瞬間は完全に雲の中でした。
終了してからまたボヤーッと現れましたが月の形ははっきりしない状態だったんですよ。
でも、始めから終わりまで十分楽しめましたよ。
さて、今年は皆既月食がもう一度あるんですよ。
でも、明け方です。
東京では7/28 3時半頃に欠け始め、4時半頃に皆既月食となりますが、月の入りが4時47分、日の出が4時45分なので観測条件はあまり良くありません。
南西から西が開け、地平線付近まで見られるところでないと見るのは難しいでしょう。
この時間では高層ビルに上がることも出来ませんから、私が今住んでいるところ付近では非常に難しい状況です。
もしかしたら引越ししているかもしれませんし、さてさて、どこで見ることになるのでしょうね。

 

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2018年2月 1日 (木)

2018年1月 月齢14.3 心配された満月、皆既月食

昨日は1月2度めの満月(ブルームーン)で皆既月食でした。
幸運にも天気の崩れがずれてくれて、無事に見られましたね。
でも、昨日の天気からはまさか見られるとは!でしたね。
日中はとにかく雲が多い空。天気予報では晴れのち曇りだったので、こんなに早く曇ってきちゃってたら皆既月食が見られそうにないと半ば諦めていました。
皆既月食が無理なら、月の出(16:50)スギの低めの空の満月ぐらい見られればいいなと、恵比寿ガーデンプレイスに行ってきました。
到着したのは月の出を過ぎた17時過ぎ。
でも、東の空は雲だらけ。
ちらっとも見られずに終わってしまうのか?と不安になってきました。
17時半になっても見られなければ諦めて帰ろうと眺めていたら、東の空にボヤーッと、ほんとにボヤーッと明るいところが出てきたじゃないですか!
あれは満月!満月ダイヤモンドヴェールの東京タワーと撮影してみました。
ボヤーッと明るいところがわかりますか?
時間は17:29。もうちょっと遅かったら見逃しているところでした。
Simgpk4598
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/20秒 F4.5 ±0EV ISO1600(1月31日 17:29撮影)
月齢14.3

次第に明るさが増してくるじゃないですか!
Simgpk4621
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F4.5 ±0EV ISO1600(1月31日 17:31撮影)
月齢14.3

明るい所にズームイン!
Simgpk4639
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月31日 17:33撮影)
月齢14.3

少しはっきりと見えてきた所でもう一度東京タワーと撮影しました。
Simgpk4650
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F4.5 ±0EV ISO1600(1月31日 17:34撮影)
月齢14.3

月より上の雲が薄れてきているように見えたので、これなら皆既月食が見られるかもしれないから、かえって準備しようと、帰る前にもう一枚!
しっかりと丸い形が見えた満月です。
Simgpk4669
恵比寿ガーデンプレイスにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月31日 17:35撮影)
月齢14.3

皆既月食の写真は只今編集中
今回は、食の最大の22時半の皆既月食とその周りに写る星の写真を一枚だけお届けします。
普段は写らない満月のっ周囲の星も見事に写りました!
Simgpk4919
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
5秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月31日 22:30撮影)
月齢14.5

心配された皆既月食が無事に見られましたね。
皆既月食が終わることから雲が広がり始め、月食の後半は雲との戦いになって撮るのもかなり苦労しましたが、1番楽しめるところはしっかりと見られていい夜でした。
買い物帰りに林試の森を通って月食を見て帰ろうとしていた年配のご婦人が、隣に来て一緒に見ていました。
時々、撮影した写真を見せてあげたり、欠けていく様子などを話しながら見ていたのですが、食の最大が過ぎると、いいところを見られたし時間も遅くなったからと帰られました。
帰り際、いろいろと教えてもらって楽しかったからお礼にと、買ってきたばかりのバナナ一房を下さいました。
大したことしてないのにありがたいことです。
この方が帰られてから雲が広がりだし、これでツキが逃げた?そんな感じでした。
月食の写真ですが、今日、明日とお月見できなそうなので、どうお見せするかじっくりと考えさせていただきます。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2016年3月23日 (水)

2016年3月 月齢14.3 半影月食直前の満月

今日の半影月食はいかがでしたか?
曇ってしまって見られなかったところが多かったようですね。

私は偶然、半影月食が始まる直前の満月に出会えました。
Cimg0889
駅前にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/25秒 F5.9 ±0EV ISO1600(3月23日 18:30撮影)
月齢14.3

この満月に会えたのもほんとに偶然!
なぜなら・・・
来週行こうと思っていた父親の老人ホームに、報告することもあるし、早めに行っちゃえ!と今日、行ってきたんです。
そうしたら、ホームに到着すると、看護師さんが近寄ってきて、実は午前中に父が車椅子から落ちて腰をぶつけ、普通にしている分には痛くないけど腰の左側を触ると痛いと言ってます。
少し様子を見て痛そうなら病院に連れて行こうと思って電話しようと思っていたところだったんですとのこと!これって虫の知らせ?
4月に日帰りで家に帰ることにしているので、今は大丈夫でも実は折れてた!となったら帰れないどころかもっと大変だし、医者に大丈夫と太鼓判もらっといたほうが安心だから整形外科を受診することになって、午後の診察が始まる時間に合わせ14時に行くと言っていたのに、出たのは14時半過ぎ。この遅れが・・・
レントゲンを撮ってとりあえず問題はないので痛みが引かなければもう一度検査をしましょうとのことで、ホームに戻り、一息ついてホームを出たのが17時前。この時、空は雲は多いものの青空も所々に見えていました、といっても入間の空。

帰ったら18時半頃だなぁ。こんなことになるとは思っていなかったので、持っているのはコンデジのみ。一眼レフ・三脚を持って、見えるところでスタンバイするには間に合わない。半影月食の開始の撮影を諦め、一番暗い時と終わってからの二回でいいやと電車に揺られて帰ってきました。

武蔵小山に着いたのが、予定通りの18時半前。
月の出から40分以上駅前再開発で取り壊された地区の上に見えることはここ最近の月で調査済みだったので、雲が多かったのですが一応月は?と探してみると、なんと偶然にも半影月食前の満月が見えました。
のぼり立ての満月は赤っぽくてそれほど明るくないのに、さらに雲がかかっていて、ちっとも明るくない!コンデジのマニュアルモードでシャッタースピード、露出、ISOを調整するけど流れる雲で明るさが一定ではないので大苦戦!
それでもなんとか半影月食前の満月を撮影。

よし、18:37を過ぎて同じ設定で撮ってみればと思ったら、あっという間に雲の中に消えてしまいました。まぁ、流れる雲の中だったので半影月食が始まっても、暗くなっているかどうかは判別不能だったでしょう。

そして、一番暗くなる20:47頃、空を眺めてみましたが、分厚い雲に覆われて月明かりすら感じられませんでした。この後は、見えたとしても満月と変わらないので撮影は完全に諦めました。

いやぁ、それにしても半影月食前の満月はいいタイミングで撮影出来ました。
電車1本早ければ、取り壊されて開けた場所とはいえ、その奥の建物の影に位置していた感じだし、1本遅ければ雲に入っていたので、帰る時間も虫の知らせだったのか?

おまけ
今年、半影月食は今回も含めて3回あることになっています。
でも、喜んでいられません。
次の8/18の半影月食は食分が0.02以下なので、ほんの少しかすめるだけなので肉眼でもカメラで追ってもまずわからないでしょう。

3回目の9/17は深夜1:52から5:55なんですよ。9月の土曜日なので夜更かししても風邪を引く心配はないでしょうが・・・

というわけで、今回の半影月食は実に惜しいチャンスだったというわけです。ほんとに残念。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、マーガレット・ワイズ・ブラウンの名作絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2014年10月 8日 (水)

史上最低の月食撮影会

皆既月食の夜でしたが、みなさんのところではいかがでしたでしょうか。
私が撮影していた林試の森では、皆既月食の前から雲が広がり、皆既月食中は雲のない状態のスッキリした月は見られず、その後も雲がつきまとってもとに戻る月は分厚い雲の中に入ったため21時にあきらめて帰り、ほとんど楽しめませんでした。
さらに、事もあろうに・・・

話は月食前にさかのぼります。

予定していた場所にカメラを準備して待っていた18時過ぎ、月が木の影から見えてきました。
55dsck7297
18:01

設定を少しずつ変えて月を撮影しているうちに、左下が暗くなってきました。
あのあたりから欠けてくると、ワクワクしながら撮影しました。
55dsck7302
18:04

そして、月食開始の18:14。
おー、欠けてきた、欠けてきた!
近くにいる人にも、欠けてきましたよ、と教えながら撮影。
55dsck7363
18:14

よし、これから撮り続けるぞ、と思った次の瞬間、突然、カメラの電源が落ちました。
????????????????????
????????????????????
????????????????????
????????????????????
????????????????????
何が起きた?
????????????????????
????????????????????
????????????????????
????????????????????
????????????????????
私の頭もフリーズ。

それどころではない。と、カメラを三脚から外し、まずは電池を抜いて、10秒以上置いてから電池を入れてスイッチを入れるも反応なし。
電池を抜いて、レンズを外し、また10秒以上置いてから元に戻すもうんともすんとも言わず。
完全にカメラが昇天してしまった!
これにて終了!

5月に骨折して、ギプスが外れた頃に、エラー頻発で修理に出すも再現されずに戻ってきたあのカメラ。
私の骨折が癒え、完全復活と思ったら、カメラが故障とは・・・

何も何も、月食が始まると同時に故障することないじゃないか!
壊れるならもっと前に壊れてれば対処の仕方もあったのに・・・

それでも、RICOH CX6なら。
あ、バッグに入ってない!
仕方ないので、隣で撮影していた人に機材を見ていてもらい、厚かましくも自転車まで借りて急いで家に取りに行って戻っててくれば、雲が広がって綺麗に撮れず。

あと5分ほどで皆既月食になるという時に、分厚い雲に覆われ、雲の向こうにチラチラと見られたものの次にはっきり見えたのは、皆既月食終了後で、きれいに赤銅色をした皆既月食は全く見られず。

その後、雲が北から東へと流れ、月が抜け出そうと思ったら、雲の流れが止まり、月が見えてこない。
雲が流れだしたと思ったら、西から東へと変わって月の上を通りまくり。
それでもすき間にチラッチラッと見えたのですが、次第に雲が厚くなって、ベターっと空を覆ってしまい、見えそうになくなったので、21時に見切りをつけて撤収。

なんとも面白く無い月食撮影会でしたよ。

私の月食の記事はこれにておしまい。

今月はISS(国際宇宙ステーション)にダイヤモンド富士と撮影したいものが目白押しなのに、こんな時に・・・

さて、カメラは直るのか。
私の気分はマリアナ海溝の底まで落ち込み、浮上するのか。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (5)

2014年4月15日 (火)

2014年4月 月齢15.6 月出帯食をキャッチ!

今夜は満月。そして、月食。昨夜の火星の最接近に続く天体観測注目のイベントです。
北米やハワイでは皆既月食が見られますが、日本では皆既月食が終わって丸くなる途中で月の出を迎える月出帯食で、丸くなるところが観測できるんです。
今日の天気予報は晴れのち曇り。でも曇ってくるのは夜中のようなので十分にチャンスあり。でも温かいから地表付近はモヤる?
でも、折角の機会だからと高いところから見ようと文京シビックセンター展望ラウンジへ。

東京での月の出は18:14。時間を過ぎたからといってすぐには見えません。おそらく10分後ぐらいかなぁと予想して目を皿にして、じっと探し続け、予想通り、10分後の18:24に肉眼で発見!うっすらと見えてきた欠けた月を撮影。
55dscj7661
文京シビックセンター展望ラウンジにて
  SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG MACRO
1/20秒 F5.6 ±0EV IS0800(4月15日 18:24撮影)
月齢15.6

この月食はどの付近に見えたかというと、周りで撮影していた人もちょっとがっかりの東京スカイツリーから少し離れたところでした。サンシャイン60からだと東京スカイツリーのすぐ近くだったようです。
Cx030555
文京シビックセンター展望ラウンジにて RICOH CX6
1/20秒 F4.8 ±0EV IS0800(4月15日 18:26撮影)
月齢15.6

少しはっきりした部分月食。大分丸くなってきました。
55dscj7676
文京シビックセンター展望ラウンジにて
  SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG MACRO
1/20秒 F5.6 ±0EV IS0800(4月15日 18:27撮影)
月齢15.6

「粋」のライトアップが始まった東京スカイツリーと部分月食です。
Cx030563
文京シビックセンター展望ラウンジにて RICOH CX6
1/20秒 F4.8 ±0EV IS0800(4月15日 18:30撮影)
月齢15.6

もうまもなく部分月食終了の時間。てっぺんがちょっとだけ隠れています。
55dscj7688
文京シビックセンター展望ラウンジにて
  SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG MACRO
1/13秒 F5.6 ±0EV IS0800(4月15日 18:31撮影)
月齢15.6

まもなく部分月食が終わろうとしている時、月の上の方に火星が見えました。写真をクリックして目を皿のようにして探して下さい。
55dscj7692
文京シビックセンター展望ラウンジにて
  SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG MACRO
1/15秒 F4 ±0EV IS0800(4月15日 18:33撮影)
月齢15.6

部分月食が終わり、普通の満月に戻りました。
55dscj7722
文京シビックセンター展望ラウンジにて
  SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG MACRO
1/8秒 F5.6 ±0EV IS01600(4月15日 18:39撮影)
月齢15.6

今回はお遊びレンズで部分月食です。ツキが潰れたように見えてますよね。
Qimgp15082
文京シビックセンター展望ラウンジにて
   PENTAX Q+07 MOUNT SHIELD LENS + お遊びレンズ

07 MOUNT SHIELD LENSは、いわゆるボディキャップレンズと呼ばれるのと同じような形で、焦点距離が約0.3m~約2mで、中央以外はピントが合わないトイレンズ、まぁお遊びレンズです。もちろん遠景などピントが合うわけはありませんが。それに、面白く写るオモチャの組み合わせで、楽しくなりました。
これからもこの組み合わせで、新しい月写真を楽しんじゃいますよ~

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、もちろん月食に関する本です。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (2)

2011年12月14日 (水)

月食・連続写真・動画

今回も月食をお届けします。

欠ける直前から皆既月食、そして満月に戻るまで5分おきに撮影した写真をつなぎあわせて動画にしてみました。

そしてこの動画に使った写真48枚を一枚にしたのがこちらの写真です。
クリックすると大きな写真が見られます。

20111210tile

α55の他にコンデジOptioW90を小さな三脚に据えて連続写真を撮影してみました。 シャッタースピードの調整ができないためシャッタースピードなどはおまかせなので写真も荒く見難いのですが、月光環も見られますし、月がすすむ様子がわかるので御覧ください。 月の
途中でずれているのは、写真の確認のために触ってちょっとずらしてしまったからです。

残像なし




月の残像あり
月が欠けるにしたがい月光環が小さくなっているのは気のせいじゃないですよね。


おまけ
食が最大の頃の星景写真
皆既月食中の月の下にオリオン座の星星があります。
画像を調整し、星が見やすくなるようにしています。
55dsc72557
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1秒 F3.5 ±0EV ISO800 (12月10日 23:34撮影)

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

皆既月食

皆既月食の撮影は苦労しました。欠けていく最中は雲がひっきりなしに流れていくので月が明るくなったり暗くなったりが早く、ピント合わせもシャッタースピードの設定も大忙し。
それでもなんとか撮影できましたよ。

皆既月食は21:45からの予定だったので、21:40から5分おきに撮影を始めようと、それまでは前回おみせした月光環の撮影だと、頑張っていたら、あれ?左下が暗くなってないか?とふと気が付きました。それが21:38。この写真。はっきりと分かるようにトリミングしています。
半影食から本影食に入るので影が写ってもおかしくはないんですよね。
55dsc72328
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/1000秒 F8 ±0EV ISO400 (12月10日 21:38撮影)

予定通り撮影はじめの21:40
半影食の部分が濃い影になっています。
55dsc72337
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/1000秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 21:40撮影)

そして月食の開始とされた21:45
半影食の部分と本影食の部分で影の濃さが違いますね。
55dsc72352
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/250秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 21:45撮影)

月食開始から45分後の22:31
55dsc72451
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/20秒 F8 ±0EV ISO400 (12月10日 22:31撮影)

23時ちょっと前、お酒を飲んで気分が良くなったおじちゃんが寄ってきて、
「何撮ってんの?皆既月食?知らなかったよ!じゃぁ、お伴するよ」
なんてことになって、近くに座られ、20分ぐらいずっと話しかけられっぱなし。
一番注目の時なんだから集中させてくれよ~と思いつつも、三脚に固定した状態じゃ逃げられず、じっと我慢のひと時。
そんな時に迎えた23:00。ピントがあってないじゃん!
いくら三脚に固定してるからって集中しないとダメなんだよ~(;;)
55dsc72500
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO200 (12月10日 23:00撮影)

皆既月食が始まった直後の23:06
もっと暗くなるかと思ったら意外と明るく撮ったと思ったけど暗かった。
55dsc72510
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1秒 F5.6 ±0EV ISO200 (12月10日 23:06撮影)

ようやくおじさんもいなくなってくれてむかえた食の最大の23:31
55dsc72548
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO200 (12月10日 23:31撮影)

そして皆既月食終了の23:58
55dsc72590
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1秒 F5.6 ±0EV ISO400 (12月10日 23:58撮影)

皆既月食が終了してから約30分後00:30
55dsc72646
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO400 (12月11日 00:30撮影)

さらに30分後の1:00
55dsc72693
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/250秒 F5.6 ±0EV ISO200 (12月11日 1:00撮影)

月食終了の1:18
本影から抜けてもまだ半影食の状態なので暗い部分が残っています。
55dsc72720
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/500秒 F5.6 ±0EV ISO200 (12月11日 1:18撮影)

そして、1:30になると半影食の濃い影も消えました。
55dsc72743
近所にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG
1/500秒 F5.6 ±0EV ISO200 (12月11日 1:30撮影)

慣れない三脚撮影は苦労します。月の高度が高くほぼ真上なので撮影した状態にしておいておくと繰り出したレンズが微妙にずれるんですね。
そのためうっかり撮影してピントがあってない写真もありますよ。
これも大事な経験。
実はおまけがあって、皆既月食中の月の右下の方に地上付近から上へと進む流れ星を見たんです。
一緒に撮れればとも思いましたが、この方向には私が見ていた限りでは流れてくれませんでしたが、こんな天体観測もいいもんだと思えた夜でした。

次回はトリミングした月食の写真を動画にしてお届けします。プラスαもあります。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

月食と月光環

みなさんは10日夜の天体ショー・皆既月食を見られましたか?

今年最後の天体観測となるだろう皆既月食。
私はしっかりと撮影しましたよ。
私が撮影したのは、あいにく家からは一番欠けている皆既月食の状態が見えない位置になるので、厚着をし、お茶を抱えて近所の公園で9時半前から4時間頑張りました。

日が暮れ月が上り見える位置に来た頃、撮影場所の最終確認のために出かけると、月の周りにだけ雲が広がっていました。
55dsc72291
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/5秒 F5.6 ±0EV ISO400 (12月10日 18:16撮影)
月齢15.1

このままの状態なのか、雲が厚くなるのか極めて微妙な空模様。これ以上厚くなってくれるなと祈りながら一端家に帰り、撮影に備え、21時半前に撮影ポジジョンで三脚の準備をしていたのですが、雲はなかなか取れず、そのまま月食開始になるだろうという状態ですが、せっかくなので月の光環を撮影しました。
21:34 まもなく月食開始。
55dsc72323
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/2秒 F8 ±0EV ISO400 (12月10日 21:34撮影)
月齢15.3

月食スタート時刻の21:45の光環。雲は怪しく広がったまんまで、月の左下に黒い影がちらっと見えています。
55dsc72356
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/3秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 21:45撮影)
月齢15.3

月食スタートから12分後21:57の光環。月が欠けているのがよくわかります。
55dsc72386
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/2秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 21:57撮影)
月齢15.3

月食開始から17分後22:02の雲。大分薄らいできたようないないような。
55dsc72403
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/2秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 22:02撮影)
月齢15.3

月食開始から26分後22:11の光環。光環は綺麗で、雲の流れは早いけど、皆既月食になったらちょっと危険な雲。
55dsc72419
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 22:11撮影)
月齢15.3

月食開始から30分後の22:16の月光環。なかなか楽しませてくれて嬉しいんだけど、雲さんどいてと願うばかりです。
55dsc72433
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1秒 F8 ±0EV ISO200 (12月10日 22:16撮影)
月齢15.3

月食開始から40分後の月光環。月が1/3ほど欠けてきても光環は見られました。何ならこのまま皆既月食までこの状態でいてくれたら皆既月食でも光環が見られるか、この目で確認できるなぁとも思ったのですが、この後雲が通り過ぎ綺麗な月食が見え始めました。
55dsc72441
近所にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/2秒 F8 ±0EV ISO1600 (12月10日 22:25撮影)
月齢15.3

次回は皆既月食をしっかりとお届します。

今回は絵本・児童書ではなく、月を撮りたい!と思った方におすすめの本をお届します。

デジタルカメラによる月の撮り方 デジタルカメラによる月の撮り方
月の撮り方研究会

by G-Tools

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)