フィッシュアイ

2013年2月21日 (木)

2013年2月 月齢10 ダイヤモンド富士の後に楽しむ月見

いい天気だった20日。東京タワーと月を撮影したあとに向かったのが多摩川。
この日、東急多摩川線下丸子駅付近の多摩川土手からダイヤモンド富士が見られる予定なので、この冬は一度もお目にかかっていないのでぜひとも撮りたい!と願って、大急ぎで向かいました。
結果は、ジャーン!富士山の稜線が綺麗に見えませんでしたが、太陽が山頂に乗っかったところが撮れました。
55dscf2603

太陽が富士山の向こうに沈んでしまった直後に振り返って月を撮影。これからがお月見&天体観測タイムです。
55dscf2766
多摩川土手にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/60秒 F6.3 ±0EV IS01600(2月20日 17:18撮影) 月齢10.0

今回も大活躍の「PENTAX Q+03 FISH-EYE」
日が暮れるに連れて富士山の形がはっきりしてきたので月と一緒に撮ろうと奮闘。富士山を真下にすると月がぎりぎり収まらない位置。少し角度をつけて何とか収まったものの富士山は?ですよね。クリックしてみてください。右下に少しぴょこんと突き出ているところが富士山です。
Qimgp2734
多摩川土手にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/500秒 F5.6 ±0EV IS01000(2月20日 17:26撮影)
月齢10.0

17時半頃まで富士山を撮影し、ダイヤモンド富士を撮影した場所から多摩川土手を富士山を見たり、月を見上げたりしながら20分ほど歩いて、多摩川浅間神社の見晴台へ。とその前に、浅間神社近くの路上から富士山と月を撮影。多摩川にかかる丸子橋の灯りが川面に揺れていました。富士山は右下の方をよく探してください。
Qimgp2743
多摩川土手にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1秒 F5.6 ±0EV IS0800(2月20日 18:02撮影)
月齢10.1

そして浅間神社の見晴台。ここから月を見上げると、たくさんの星が見えるようになっていたのでオリオン座を中心にして撮影してみました。主な星に名前を入れてみました。クリックしてご覧ください。
55dscf2817
多摩川浅間神社にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/2秒 F4 ±0EV IS01600(2月20日 18:09撮影) 月齢10.1

ここまでわざわざ駅3つ分も歩いてやってきたかというと、見晴らしのいいところから見たいものがあったんです。17日に東方最大離角を迎えた水星。これから徐々に見にくくなって、3月の後半には明け方の星に変わります。富士山と東急線と水星をご覧ください。右上の方をよく見てくださいね。
55dscf2855
多摩川浅間神社にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/10秒 F5 ±0EV IS01600(2月20日 18:12撮影)

この日の最後はまたまた「PENTAX Q+03 FISH-EYE」の出番。富士山がかろうじて写りそうだったのでチャレンジ!今度は富士山を真下にして月までおさまりました。木星も写ってますね。
Qimgp2746
多摩川浅間神社にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1秒 F5.6 ±0EV IS01000(2月20日 18:15撮影)
月齢10.1

ダイヤモンド富士も何とか撮れたし、月と富士山も撮れたし、水星も撮れたし、満足満足の一日でした。
いやー、リフレッシュできた!

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、今回の富士山を探すような月夜の探しもの絵本です。

どこ? つきよの ばんの さがしもの (講談社の創作絵本)

        山形 明美 講談社 2003-10-11
        売り上げランキング : 134013
by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

2013年2月 月齢10 東京タワーと明るい空の月

18、19日と天気が悪く月と木星の接近は見られませんでした。残念(--;)

そして20日。いい天気でした。
今日は私用で人と会っていたので、用事を済ませてから東京タワーへ。もちろん、明るい空に月が見えたので時間があるから東京タワーと撮りたいとふと思い立ったんです。

増上寺に着いてまず月を一枚。
Cx018045
増上寺にて RICOH CX6
1/410秒 F5.6 ±0EV IS0100(2月20日 15:43撮影)
月齢10.0

東京タワーの足元から青空に浮かぶ月と東京タワーです。
Cx018053
東京タワーにて RICOH CX6
1/660秒 F4.2 ±0EV IS0100(2月20日 15:53撮影)
月齢10.0

今回も大活躍の「PENTAX Q+03 FISH-EYE」
東京タワーの足元で撮影。広がった足からてっぺんまで納めてくれました。うまい具合にカラスが飛んでました。
Qimgp2680
東京タワーにて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/500秒 F5.6 ±0EV IS0250(2月20日 15:51撮影)
月齢10.0

ザ・プリンス パークタワー東京の外庭から東京タワーと月です。北東と南東に位置していたので入るかどうか微妙でしたがぎりぎり収まってくれました。中央が増上寺です。
Qimgp2703
ザ・プリンス パークタワー東京の外庭にて            PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/640秒 F5.6 ±0EV IS0250(2月20日 16:03撮影)
月齢10.0

この後、多摩川に出て、ダイヤモンド富士の撮影をした後、夜空に浮かぶ星と月の撮影をしました。
これはまた別の記事にします。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月のいろんな表情を、詩集のような、しっとりとした文章で綴った絵本です。

おつきさん

        安川 眞慈 木耳社 2008-08
        売り上げランキング : 1308083
by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

2013年2月10日 富士山とISS(国際宇宙ステーション)

国際宇宙ステーション(ISS)週間の10日は多摩川の河川敷。
ここならFisheyeで広々と撮れるだろう、そんなことを考えてました。
本当は川の近くで撮ろうと思ってセッティングするも、日没後真っ暗になり、ここは東京ということを考えると、暗がりの河川敷はちょっと怖いので、川から離れて明かりのある河川敷に移動して撮影。

ISSがやってくる前の写真に偶然写っていたもの発見!それは火星と水星。今、夕暮れの空で火星と水星が接近中なので、見たいと思っていたのですが、ここ最近、薄く雲が多くて見えていなかったので、この日も全く気にしていなかったんです。
撮影ご確認していたら富士山の右上に明るい点。調べるとおそらく水星。ならば近くに火星があるはずとおもいっきり拡大してすぐ下に星を発見。位置関係から上が水星、下が火星と確信。
トリミングした写真だけご覧ください。
55dscf0682a

そして、国際宇宙ステーション(ISS)登場!PENTAX Q+03 FISH-EYEで撮影したものを比較明合成した写真をご覧ください。
Iss20130210p
多摩川河川敷にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1秒 F5.6 ±0EV ISO1000(2月10日 18:10:40~18:14:24までの102枚の写真を比較明合成)

いつものようにGIFアニメーションにしてみました。クリックしてご覧ください。
多摩川河川敷でISS PENTAX Q
多摩川河川敷でISS PENTAX Q posted by (C)ブドリ

Sony α55で撮影した写真を比較明合成したものです。ISSが見えてきてから富士山がわかるようにズームしたので途中からです。富士山の右上に見える軌跡は水星です。
Iss20130210a
多摩川河川敷にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1秒 F4.5 ±0EV ISO400(2月10日 18:10:36~55枚の写真を比較明合成)

こちらもGIFアニメーションにしてみました。クリックしてご覧ください。
多摩川河川敷でISS α55
多摩川河川敷でISS α55 posted by (C)ブドリ

やはり河川敷は明かりが少ない。東の空に浮かぶ星たちがたくさん見えました。ISSの撮影後、向きを変えて撮影して見ました。冬の大三角形、と冬のダイヤモンドです。
Qimgp2391a
多摩川河川敷にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01000
(2月10日 18:25撮影)

この日で夕方見やすい位置に現れる国際宇宙ステーション(ISS)は打ち止め。しばらく見にくい位置を飛んでます。次に見やすいのは2/25の予定。
それまでは新月を迎えた月を追い掛けてます。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、おほしさまってどんな味がするのかな?って子供が考えそうなことを題材にしたお話です。

おほしさま

        たちもと みちこ 教育画劇 2006-10
        売り上げランキング : 281758
by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

2013年1月 月齢18 国際宇宙ステーション(ISS)と居待ち月

前回の記事で上ってきた月と沈もうとする月が見られる時期と書いたのですが、昨日の居待ち月の出は体調不良により見られませんでした。
なんと、昨日の朝のウォーキングから帰ると、お腹の具合が急降下。トイレから離れられない1日となり家でおとなしくしていました(ノロ?)。昨日の記事はそんななかへろへろな状態でまとめていたのでした。
昨日は一日、リンゴと植物性乳酸菌で過ごし、早寝して、朝に備えました。
朝に備えたのは国際宇宙ステーション(ISS)が見やすくていい位置を通過するからでした。
養生の甲斐あって、普通に近い状態まで回復。
これなら大丈夫と朝早くから撮影に出かけました。
撮影地はウォーキングで行く林試の森。
PENTAX Q+03 FISH-EYEのISSデビュー戦です。
と、その前に、起き抜けに撮影した居待ち月です。
Cx017270
林試の森にて RICOH CX6 1/250秒 F5.6 ±0EV IS0200(1月30日 4:46撮影) 月齢18.0

それではPENTAX Q+03 FISH-EYEで撮影した国際宇宙ステーション(ISS)です。シャッタースピード2秒、撮影間隔2秒で撮影した50枚の写真を少し鮮明に画像処理して比較明合成しました。
少しピントが甘いのが悔やまれますが、これだけ写ることがわかったのは大収穫。3分以上にわたって撮影するとさすがに月や星が流れてますね。ポラリエとかがあれば流れずに写せるんでしょうが・・・(^^;)
Iss20130130q
林試の森にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01000
(1月30日 5:59~6:02撮影)

元の写真をGIFアニメーションにしたものをご覧ください。クリックすると見られます。
2013年1月30日のISS PENTAX Q
2013年1月30日のISS PENTAX Q posted by (C)ブドリ

もちろん今までの一眼SONY α55でも撮ったのですが(--;)
PENTAX Qがちゃんと写っているか気にしている間に、なんという事か、α55の三脚のパンハンドルが緩くて天を仰いでいる時にISSが・・・。浮気心を見せるとヤキモチ焼くんですよね。
クリックしてご覧ください。
2013年1月30日のISS α55
2013年1月30日のISS α55 posted by (C)ブドリ
林試の森にて SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6

気がついて角度を調整してから撮影した写真を比較明合成した写真をご覧ください。
Iss20130130a
林試の森にて SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6
1秒 F3.5 ±0EV IS0800
(1月30日 6:01から約30秒撮影)

上の写真に星の名前を入れてみました。月からスピカ、土星、アルクトゥールスの近くのいい位置を通過してるでしょ。ほんとに惜しい!
Iss20130130aa
林試の森にて SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6
1秒 F3.5 ±0EV IS0800

PENTAX Q+03 FISH-EYEはさすがにシャッタースピードが2秒、F5.6という制約下では星まで綺麗に写すのはちょっと厳しいけど、ISSの撮影には十分耐えられるということがわかりました。これは大収穫!あとはISO感度を上げるかですが、画像が荒くなるのでどうかなぁ。
これで2月初旬のISSの連続通過に向けて弾みがつきました!楽しさ倍増!

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、宇宙ステーションの建設に夢をかけたお話です。

宇宙ステーションにかけた夢―日本初の有人宇宙実験室「きぼう」ができるまで (くもんジュニアサイエンス)

        渡辺 英幸 くもん出版 2006-09
        売り上げランキング : 498687
by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

2013年1月 月齢13 小望月と冬のダイヤモンド

25日は24日の夜空で遊んだ反省から見やすそうな場所を考えて出かけました。そこは早朝ウォーキングでも立ち寄る目黒不動!
ところがなんと、今日も雲が!でも、ベタッとした雲ではなく塊で移動していたので次第に雲が取れてきました。月にかかって光環が広がってなんとも言えない夜空です。
Qimgp0340
目黒不動にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01600
(1月25日 20:04撮影)
月齢13.6

雲の中から月が顔を出して、冬の星座たちとの共演の始まり始まり。
Qimgp0361
目黒不動にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01000
(1月25日 20:07撮影)
月齢13.6

どんどん雲が取れて月の下側に少しだけ残る程度にまできれいにな夜空になりました。月の周りにたくさんの星が広がっています。
Qimgp0380
目黒不動にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01000
(1月25日 20:11撮影)
月齢13.6

こちらが今までの一眼α55・18-200mmで撮影した十小望月の周りの写真です。
月を中心にすると木星が切れてしまいました。
55dsce7097
目黒不動にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC 1/2秒 F3.5 ±0EV IS01600(1月25日 20:11撮影) 月齢13.6

目黒不動内でちょっと場所を移動して撮影してみました。この頃には蜘蛛が殆どなくなって月の周りの星がよく見えました。前回同様たくさん星が写ったので星の名前を書き込んでみました。クリックしてご覧ください。
この夜もまだ冬の六角形(冬のダイヤモンド)の中で月が輝いていました!
(ヤマボウシさんのコメントでカストルではなくポルックスの間違いであることに気がつきました。修正しました。)
Qimgp0395
目黒不動にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01000
(1月25日 20:17撮影)
月齢13.6

月がとても綺麗なのにズームで撮影してなかったのに気づき、α55でズームイン!
55dsce7103
目黒不動にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC 1/400秒 F6.3 ±0EV IS0200(1月25日 20:23撮影) 月齢13.7

fisheyeは楽しいです。写りこみ過ぎるのですみずみまでチェックが欠かせないのですが、暗いのでよく見えず、画像でチェックすると写ってたりしてなかなか苦労しますよ。それにこのレンズのシャッタースピード2秒の壁は意外と大きい。周りが明るすぎるせいもあるけど、もう少し星をはっきりと写したいのだけど(--;)。この付近でもう少し暗いところは林試の森の中ぐらいだなぁ。夜はちょっと不安だ。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、マーガレット・ワイズ・ブラウンの名作絵本です。まだ夜をみたことのないあなぐまぼうやの質問に、おかあさんはただ「まんげつのよるまでまちなさい」というばかり。さて、その満月の夜・・・

まんげつのよるまでまちなさい

        マーガレット・ワイズ・ブラウン ペンギン社 1978-07
        売り上げランキング : 153921
by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

2013年1月 月齢12 冬のダイヤモンドの中の十三夜の月

23日は生憎の曇天で月が見えませんでした。せっかくPENTAX Qで遊ぼうと思ったのに。
そして24日。天気はまずまずの晴れ。
夕方、駒沢にいたので駒沢競技場脇でPENTAX Q+03 FISHEYEでちょっと遊んでしまった。
十三夜の月が駒沢通りの上に見えたので連絡橋の上で魚眼の具合を試し撮りしてたら目の前を子どもたちが走り抜けました。なかなか面白く撮れちゃった!ちなみに子供たちは坂を下って上ってるわけじゃありません。奥のイチョウの木もあんなに曲がっているわけじゃありませんからね。
Qimgp0190
駒沢公園公園にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/500秒 F5.6 ±0EV IS0640
(1月24日 16:35撮影)
月齢12.5

こりゃ楽しい!日が暮れてくるとやや雲が増えだしたものの、星はしっかり見えていたのでいつもの緑道公園に行って月と星空で遊んじゃおうと思って、夕食を簡単に済ませ、いざ出かけるとなんと曇り空。何とか月とその周りの星がいくつか見えてるのでいいやと、三脚をセットして撮影してみると、月の周りに見事に暈が広がってるじゃないですか。28mmのレンズでいっぱいいっぱいの暈がこんなに小さく写るなんてお見事!右上にかろうじて木星、右下にシリウスが写っています。木星とシリウスの間にオリオン座が横たわっているはずが雲に遮られてしまいました。
それにしても160度写ると思っていた以上に広く映り込みますね。
Qimgp0241
緑道公園にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS01600
(1月24日 19:30撮影)
月齢12.6

こちらが今までの一眼α55で撮影したというよりも16mm(35mm換算で24mm)で撮影した十三夜の月と暈です。
木星がかろうじて写りました。
55dsce7053
緑道公園にて SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6 1/2秒 F3.5 ±0EV IS0800(1月24日 19:31撮影) 月齢12.6

この後、雲がワーッと広がって木星が見えなくなり月もぼんやりとしてきたので撤収。
風呂に入ったりしてのんびりしていて、21時過ぎに外を見るとスッキリと雲がなくなってるじゃないですか!これならばとまたまた撮影に出かけました。
緑道公園でフィッシュアイで見上げると、周りが写りすぎて汚い!どこかいい場所はないかと探して歩いたのですが、近くにはいい場所が見つからず、結局いつもの場所に戻って撮影となりました。
スッキリと綺麗な夜空がどこまで写るか!
なるべく写真上部に建物が写り込まないような場所を探して撮影するのが大変。都会の悲しさです。
月明かりに負けず星がたくさん写ってます。クリックしてご覧ください。
Qimgp0311
緑道公園にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS03200
(1月24日 22:01撮影)
月齢12.7

たくさん星が写ったので上の写真に星の名前を調べて書き込んでみました。クリックしてご覧ください。
冬の大三角形だけでなく月を囲むように冬の六角形(冬のダイヤモンドまでしっかりと写りました!
Qimgp0311a

α55の広角で撮影したしてみると、シリウスから入れるとふたご座のポルックス、ぎょしゃ座のエルナト付近までしか入らないのでどれだけ広く写るかは一目瞭然です。(α55でもフィッシュアイにすれば同じように撮れますけどね)
55dsce7069
緑道公園にて SONY α55+SONY DT16-105 F3.5-5.6 1/2秒 F3.5 ±0EV IS01600(1月24日 22:02撮影) 月齢12.7

ただ、このレンズだとシャッタースピードが2秒までしか設定できないので感度を上げて撮影しなければならず、やや粗めの画像になってしまいます。でも、自分で天体観測を楽しむ分にはなかなか面白いですよ。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、初めて子供が夜空を見上げるのにお勧めですが、これから見上げてみようと思う大人にもおすすめの宇宙の本です。

はじめての ほしぞらえほん (はじめてのシリーズ)

        渡部 潤一 パイインターナショナル 2011-07-15
        売り上げランキング : 53198
by ヨメレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

2013年1月 月齢10 Q+Fisheyeで月と木星のランデブー with 東京タワー

22日の月が木星に接近した日。すでに東京タワーでの写真をお届けしましたが、実は東京タワーを撮りたかった理由がもう一つ!先日の日曜日に買ってしまったカメラの試し撮りを兼ねて撮ってみたかったんです。
そのカメラとはPENTAX Q。今テレビCMで向井理が宣伝しているQ10という手のひらサイズのマイクロ一眼の一つ前の機種。在庫限りの安売りでゲット。このカメラが欲しかった理由はなんとFisheyeレンズがあって、それも1万円もしないで手に入れることができるんです。今使ってる一眼でFisheye(いわゆる魚眼レンズです)を使おうとすると8万ぐらいするのですが、カメラのセットと合わせても4万ぐらいでFisheyeが使えるならと品切れ間近のこの時期に、秋葉原・有楽町・新宿と探し回り、ようやく新宿のビックロで見つけて購入というわけです。
「PENTAX Q ダブルレンズキット」
単焦点レンズ「PENTAX-01 STANDARD PRIME」、標準ズームレンズ「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」のセットをビックロで36800円。ポイント使って3万少々。
Qマウント用の魚眼レンズ「PENTAX-03 FISH-EYE」をネットで8570円のところ楽天のポイントを使って5000円で購入。
そのセットがこちら↓ カメラに付いてるのがFISH-EYEです。
Cx016961

いざ、東京タワー!いざ、お月さま!というわけだったんです。
まずは芝公園で北の東京タワー、南の月は入るのか!空に向けて構えると見事に入るじゃないですか!さすが画角160度!しっかり木星まで写って大満足!
Qimgp0056
芝公園にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
2秒 F5.6 ±0EV IS0800
(1月22日 17:59撮影)
月齢10.6

このFISH-EYEはマニュアルフォーカスで合わせるのが結構シビアです。今回手持ちで撮影しているけどこれなら納得の写りです。こりゃハマルぞ~。

増上寺に移動して再びチャレンジ。
増上寺の本殿と東京タワーから月・木星と収まってますね。手振れを感じますけど一眼よりも軽いので手ブレが抑えられてます。これなかなかいける!でも、このフレーミングだと魚眼ぽくないですね。
Qimgp0070
芝公園にて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/2秒 F5.6 ±0EV IS0800
(1月22日 18:13撮影)
月齢10.6

東京タワーの足元へ。思ったよりも広く写るので邪魔なものをどけるのがターイヘーン!道路の反対のブルマで写るので角度を慎重に調整して撮影。東京タワーの足の広がりが良い感じ!東京スカイツリーにはこの広がりはないぞ!でも、チャレンジに行かなくては!
Qimgp0081
東京タワーにて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/2秒 F5.6 ±0EV IS01000
(1月22日 18:21撮影)
月齢10.6

一眼で撮影した駐車場から撮ると、右斜め後ろのビルまで写ってた!これにはビックリ!でも、た~のし~!
Qimgp0094
東京タワーにて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/2秒 F5.6 ±0EV IS06400
(1月22日 18:25撮影)
月齢10.6

前の記事でも撮影した東京タワーの正面の道路を挟んだところから撮ると、東京タワーの足元まで写ってますよ。感動~!
Qimgp0097
東京タワーにて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/2秒 F5.6 ±0EV IS0640
(1月22日 18:40撮影)
月齢10.6

東京タワーの正面入口前から上を見上げて撮影。前回の一眼αでの写真と見比べてみてください。東京タワーの足元付近まで収まってます。かなり雲が広がってきて木星は写りませんでしたが光環が綺麗に写ってます。この写りには満足満足!
Qimgp0127
東京タワーにて PENTAX Q+03 FISH-EYE
1/2秒 F5.6 ±0EV IS0640
(1月22日 18:40撮影)
月齢10.6

Fisheyeって思ってたより楽しい~!
この日も新たなストレスを抱え込んで爆発寸前でしたが、Fisheyeに救われた~!
久しぶりに被写体の楽しさだけでなく、カメラ自体の楽しさを味わって気分爽快。こりゃハマりますよ。あとはフレーミングを考えるのみ。
実はこれを買うか、ポラリエというポータブル赤道儀を買うか悩んでました。
ポラリエを使うには三脚や自由雲台などを見なおさないといけないし、車を持たない私には活躍の場が少ない。ならば基本的に昼間の写真の方が多いので昼間も楽しめる方をとカメラを選んだのです。そしてアルミニウム合金のボディが昔のカメラっぽくて手にしっくり来るんですよ。
次の冬ぐらいにポラリエを買ってるかもしれませんけどね。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、お休みで、カメラを紹介しちゃいます。

PENTAX デジタル一眼 Q レンズキット ブラック PENTAXQLKBK
by カエレバ
PENTAX Qマウント 魚眼レンズ 03FISH-EYE
by カエレバ
PENTAX デジタル一眼カメラ Q10 ダブルズームキット シルバー Q10 WZOOMKIT SILVER
by カエレバ

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)