アイソン彗星

2013年11月18日 (月)

スピカとアイソン彗星

今、注目度大のアイソン彗星。
13日ごろから急増光し、市街地でも双眼鏡で見える5等級に達したそうです。そして、18日の夜明け前に東の空の低いところで1等星のおとめ座のスピカと大接近するので、観測には最適!!

朝4時に起きて、空を見ると、東の空は見えないけど、南寄りの空には心配されるような雲の広がりはない模様。十五夜満月も綺麗に見えてました。という訳で、目的の撮影地へ出発!
その前に、沈む前の十五夜満月を緑道公園で撮影。
55dsci2929
緑道公園にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/4秒 F6.3 ±0EV IS0200(11月18日 4:16撮影)
月齢 14.3

そして、撮影ポイントに到着。あれ?下方は雲が広がってるじゃん!写真の右の方に写っている点はアルクトゥルスです。アルクトゥルスはリニア彗星が接近中。狙ってみたのですが、なんとなく雲がかかっている様子で、光害地のまっただ中で、都会に向かってカメラを向けてでは、長時間露光すると白飛びする、短いと写らない、という結果でした。
55dsci2940
神社にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/15秒 F4.5 ±0EV IS0800(11月18日 4:撮影)

肝心のおとめ座のスピカはどこだ?方角を見る上の写真よりも右側。目安の火星を見つけて下に下ろしてくると、なんと神社の木の影に入ってるじゃないですか!ガーン(--;)
でも、そのへんは雲だらけ。しばらく眺め、こんもりとした木々の横の墓地脇の道路に移動すると、火星の下の方が見えたのですが、やはり雲だらけ。しばらく眺めていると、チラッチラッと雲間にスピカが見えたのですが、安定して見えていないし、ここでは三脚を広げられないので撤収。

帰りがてら、数日前にスピカが見えることを確認していた緑道公園に戻ってみました。なんと!スピカが見えてるじゃないですか。それも比較的安定して。大慌てでカメラを準備して撮影。
しかしすぐに雲が流れてきて・・・(--;)
さて、アイソン彗星は?
明るいスピカのちょっと上にボヤーッとしたものが写っているのがわかりますか?ステラナビゲータで確認したところ、どうやらアイソン彗星のようです。ホームページによると「彗星は恒星のように明るい点ではなく、ぼんやりと広がりをもった「もや」のように見える」とのことなので、これがアイソン彗星に間違いありません。それにしても、これでシャッタースピード5秒の写真ですから、もっとはっきりさせようと長く撮ろうとしてもダメなのはわかりますよね。
55dsci2983_2
緑道公園にて SONY α55+SIGMA 70-300mm F4-5.6DG MACRO
5秒 F8 ±0EV IS0800(11月18日 5:30撮影)

時間はすでに5時半。日の出まで50分を切り、空がほんのりと明るくなり始めました。もちょっといけるかな、と思ったのですが、雲が・・・(--;)
雲がどいてもう一度と撮影したのですが、スピカの上に点は写っていませんでした。残念。
これから先は高度が低くなるのでもう見るのは無理。近日点を通過して、再び高度が高くなって来るのを待つしかありません。どうか、太陽の近くで砕け散らないで無事に戻ってきておくれ。
さて、このスピカとアイソン彗星をどんなところで撮ったかというとこんなところ。目の前の屋根越しで、電線の間なんです。数日前に5時半過ぎに撮影したものです。屋根のすぐ上に見えるのがスピカです。
55dsci1790

きれいに撮りたいと思ったら、都内では無理かなぁ。ポラリエとか、ポータブル赤道儀も必須かなぁ。
せめてこの時間で安心して見られる東南の方向が開けたところはないもんかなあ。探しているんですけどなかなか・・・
車があればいいのかもしれませんが、車ないし、ペーパーだし・・・(--;)

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)ではなく、アイソン彗星の観測のための本です。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)