晦日月

2016年12月28日 (水)

2016年12月 月齢28.4 消え行く晦日月、おまけにISSと土星

結果からお伝えしますと、今朝は豪華なお月見となりました。

いよいよ今の月のめぐりの最後の晦日月。月齢28を過ぎた月はなかなか見られません。
今日の月の出は5:31で日の出が6:50。 今の時期は一番日の出が遅いじきということもあり、月の出から日の出前のわずかな時間に見られる可能性があり。
というわけで、5時に起きて出発。
月の出前に第1の目的地に着くと、月が見えてくるはずの方向に建物が増えて低めの空が見えなくなってる!またしても都会の悲しさ。
すぐに第二の目的地・目黒不動の神変大菩薩前に移動。ここで見られなければもう無理と腹をくくって待ちました。
月の出から、5分、10分、15分、20分と過ぎました。
ほんのり明るくなり始めた東の空。
早く見えてくれ~。
さそり座のアンタレス、へびつかい座のサビクが写っています。月はサビクの下の方から上ってくるのですが、サビクは肉眼では気が付かなかったのですが、だいたいサビクの右下の建物からその右の給水塔の間から見えてくると狙っていました。初日の出は給水塔の左側から上ってくるんです。
Cimg4536
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/2秒 F5.7 ±0EV ISO1600(12月28日 5:50撮影)

上の写真を撮るちょっと前に、携帯の天体アプリが通知してきました。ISSが来るとな?
確認すると、5:50に南南東の空に現れ、南東から東の空へと飛ぶとのこと。まさに今見ている方向に飛んでくるじゃないですか!一眼持ってきておくべきだったと後悔。
詳しく確認している暇もないので、眺めていたら、アンタレスの上の方に見えてきました。慌てて設定を変えて何枚か撮影。撮れたのはサビクの上を通過した後に本の数枚。
合成した写真がこちら。
Iss20161228z
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1秒 F4.4 ±0EV ISO1600(12月28日 5:53撮影)

月はまだかと待つうちに6時。空がどんどん明るくなってきたよ~。
もしかしたら初日の出も少し早く見られる階段の上からなら見られるかもと移動すると、思った通り細い月が木の陰にちらっと見えました。
左右に移動する余裕はなく、少し見えるところはと上に下にと探して、なんとか木の間に月を収められました。
Cimg4581
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/5秒 F5.9 ±0EV ISO1600(12月28日 6:01撮影)
月齢28.4

元の位置に戻って早く見えてきてよ~と待っていたら、建物の上に角が見えてきました。モー、気を揉ませやがって!
Cimg4606
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/10秒 F5.9 ±0EV ISO1600(12月28日 6:07撮影)
月齢28.4

月は完全に見えるようになり、この月はいつ見えなくなるかなぁと見守るうちに、空がほんのり赤く染まりました。
この写真の給水塔のやや左側にとある星が写っているんですけどわかりませんよね。
Cimg4644
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/25秒 F5.9 ±0EV ISO1600(12月28日 6:14撮影)
月齢28.4

ズームインしてみましたがわかりますか?右下の方に写っている星はなんと土星です! 月に近いよなぁと思っていましたが、まさか撮れるとは!ちなみに肉眼ではわかりませんでしたよ。
Cimg4646crop
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/25秒 F5.9 ±0EV ISO1600(12月28日 6:14撮影)
月齢28.4

やがて6時半。目黒不動の境内ではラジオ体操が始まりました。月は肉眼では確認できないほどの細さになりましたが、カメラではなんとか撮れました。
Cimg4788crop
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/400秒 F5.9 ±0EV ISO1600(12月28日 6:30撮影)
月齢28.4

そして日の出約10分前の6:39を過ぎて、まだ見えるなと1枚撮影。この時トラブル!力が入りすぎて固定していたカメラがずれた!
慌てて月を探すも、液晶でもかろうじて見えていた程度の月を探すのは至難の業。探しましたけど、残念ながら見つけられませんでした。
今回の月の最後を飾る一枚です。
Cimg4906crop
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/80秒 F5.9 ±0EV ISO125(12月28日 6:39撮影)
月齢28.4

おそらく6:40過ぎまでは見えていたのではないでしょうかね。消える瞬間を撮りたかったのに残念。
これで今年の月の撮影は終わり!となるかどうかはまだわかりません。
大晦日の夕方、日の入りが16:38で月の入りが18:32と2時間あり、月齢2の三日月が十分見られるので、狙ってしまいます。
果たして結果は!

今回は、毎日のお供に必携の一冊です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (4)

2015年1月19日 (月)

2015年1月 月齢27.8 消え入りそうな晦日月

今朝は今の月でのお月見&天体観測ウォーキングの最終日。というのも今朝は晦日月の細い細い月だからで、1/20の月の出が6時過ぎなので太陽に近く、東の地平線まで見えるようなところなら、ほんの数分間なら髪の毛よりも細い月が見えるかもしれませんが、街中からはほぼ無理なので今日の月が最後になります。
今朝も一目散に目黒不動へ。
月が見えていたのですが、低い位置で木にかかっていたので、きれいに見える位置になるまで、目黒不動の本堂、裏手の大日如来像、神変大菩薩をお参りして、待ちました。
そして、神変大菩薩前で月を長時間露出で地球照も撮影。
Cx038490
目黒不動にて RICOH CX6
1秒 F5.6 ±0EV IS0200(1月19日 5:57撮影)
月齢27.8

月をシャープに写すと髪の毛ほどの細さがわかると思います。
Cx038491
目黒不動にて RICOH CX6
1/15秒 F5.6 ±0EV IS0800(1月19日 5:57撮影)
月齢27.8

この後、林試の森をウォーキング!
木の上に顔を出していたのですが、木々のベッドに横たわって、まだまだ眠そうな月に見えるのは私だけでしょうか?
Cx038519
林試の森にて RICOH CX6
1/20秒 F5.6 ±0EV IS0800(1月19日 6:17撮影)
月齢27.8

家に戻る途中、明るくなってきた空の今にも消えそうな晦日月です。
さて、どこでしょう?
真ん中じゃありませんよ。
Cx038537
緑道公園にて RICOH CX6
1/97秒 F4.7 ±0EV IS0400(1月19日 6:31撮影)
月齢27.8

家に戻った6:40にはまだ月は見えていました。でも、見えると思って見上げていないと気が付かなかったと思うぐらいでした。
これで今の月でのお月見&天体観測ウォーキングは終わり。一呼吸入れて天体観測に頑張ります。さっそくISS(国際宇宙ステーション)が見えるので撮れたらいいなぁ。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、星空の世界に親しむ絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2014年11月21日 (金)

2014年11月 月齢28.0 細い細いお月様雲に乗る

昨日の雨が夜中まで降り続いていたので、今朝の天気が心配でしたが、起きなければ何も分からないと頑張って早起き。
起きてすぐに外を見ると、雲はあるものの斑になっているので月は見えるかもしれないと、今朝も15分早く家を出て目黒不動へウォーキング。
途中では月は低くて見えないものの、昨日は肉眼でとらえられなかったスピカが見えたので期待して目黒不動へ急行!
すると、東の低い空に細い月が見えました。
昨日のように神変大菩薩の前へ。
切れ切れになって流れていく雲の間に細い月が見えました。細い月が雲にのっていますよ。
Cx036677
目黒不動にて RICOH CX6
1/3秒 F4.9 ±0EV IS0800(11月21日 5:31撮影)
月齢27.9

どんどん雲は流れていきますが、今朝は月を隠すような雲はなく、細い月がしっかりと見え、どんぶらこと月の船が雲の海を進んでいるようでした。月にはウサギではなく一寸法師が乗っていたのかもしれません。え?ノンちゃんが乗っていた?分かる人だけわかってください。
Cx036685
目黒不動にて RICOH CX6
1/5秒 F5.6 ±0EV IS0800(11月21日 5:33撮影)
月齢27.9

本堂と大日如来をお参りして戻ってくると、空は明るくなり始めていました。上の写真から約15分後です。なんと!月齢28の月ですよ!
Cx036708
目黒不動にて RICOH CX6
1/9秒 F5.1 ±0EV IS0800(11月21日 5:45撮影)
月齢28.0

雲も少なくなって、月は朝の空にどんぶらこと漕ぎだしていきました。
Cx036710
目黒不動にて RICOH CX6
1/5秒 F5.6 ±0EV IS0800(11月21日 5:45撮影)
月齢28.0

そして林試の森を回って帰る時の空の月です。
日の出が近づき、明るさにかき消されそうなほど細く、弱い光になっているお月様。雲に乗って故郷に帰る?かぐや姫じゃないって!
雲に乗るのはノンちゃんだって?ちょっとくどいですね。これがわかるのはそこそこの歳の方だと思います。
Cx036719
林試の森にて RICOH CX6
1/270秒 F5.6 ±0EV IS0800(11月21日 6:07撮影)
月齢28.0

夜明けが遅くなってくれたおかげと、雲が予想以上に早くどいてくれたおかげて無事に月齢28の月が撮影出来ました。
実は無事にというわけではなかったんですよ。
目黒不動でやった-!とコンデジの電源を入れても液晶が真っ暗のままだったんです。明かりの方に向けても表示されないし、まさか、また肝心な時に壊れた?と真っ青!でも、電源を入れなおしてみると、液晶に表示されたのでホッと胸をなでおろして撮影出来たんです。
明日は月の出が5:44なので、地平線が見えるところなら撮影できるかも知れませんが、普通のところでは無理なので、朝のお月見はこれにて終了ですね。これからしばらくは天体観測を楽しみ、ISS(国際宇宙ステーション)が飛んでくるのを楽しみにするのみです。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は記事中に登場したノンちゃんを紹介します。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2013年12月31日 (火)

2013年12月 27.8 大晦日の晦日月

いよいよ今年もあと今日だけ。今の月もついに晦日月。年を越すとともに新月になります。
果たして晦日月の細い細い細い月は撮れたか?なんて書いたって記事になってるんだから撮れたんで書という冷めた声が聞こえてきますね(^^)
その通り、撮れたからこそ記事にしてます。
細くなるだけでなく、月の出も遅くなり、同じ時間でも高度が低くなるので見る場所が大事。
月の位置はアンタレスよりも低くて東寄り。さて昨日の場所では?
5時半前に家を出たのですが、この時間では平地からは見えず。それじゃちょっと高い歩道橋の上へ。そして、無事に見えました見えました細い細い細い晦日月です。
ちょと手ブレしてますね。
55dsci6415
歩道橋にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/50秒 F6.3 ±0EV IS0800(12月31日 5:43撮影)
月齢27.8

さて、この月はどのように見えたかというと、マンションの影から出てきたところでした。道路の上辺りにアンタレスも見えています。
ほんと、都会の悲しさです
今、月がいる方向には40階以上のビルが4本建つ予定なので見えなくなってしまうかも・・・(--;)

55dsci6427
歩道橋にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/5秒 F5 ±0EV IS0800(12月31日 5:43撮影)
月齢27.8

この付近をうろついて地面から見める場所はないかなぁと探しましたが、建物に遮られて見えなかったのでここに戻って眺めると時間は6時をを過ぎたところ。東の空が朝焼けに染まり始めた頃でした。右上にアンタレスも見えています。
55dsci6517
歩道橋にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/10秒 F5.6 ±0EV IS0800(12月31日 6:01撮影)
月齢27.9

歩道橋から今年最後の晦日月の地球照をはっきりと撮ってみました。
55dsci6549
歩道橋にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/10秒 F6.3 ±0EV IS01600(12月31日 6:04撮影)
月齢27.9

そして今年最後の月の写真。いつもの緑道公園で撮影しました。日の出時刻6:50を過ぎてまもなく、今年の月は見えなくなりました。
55dsci6590
緑道公園にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/50秒 F6.3 ±0EV IS0400(12月31日 6:32撮影)
月齢27.9

今年の月も無事に晦日月を迎え太陽に溶けていきました。最後まで月が見られていい年の瀬です。そして新年とともに新月を迎え、1/31に再び新月を迎えます。1ヶ月に2度満月があるのはブルームーンなどと注目されますが、新月が2回なのは注目されませんね。ホワイトムーンと呼んで静かに夜を迎えるというのはいかがでしょう。

今年も1年間ありがとうございました。
無事にたくさんの月を追いかけることが出来ました。ISSを(国際宇宙ステーション)も追いかけて、天文ファンの末席を楽しませてもらいました。このブログを通じてひとりでも多くの方に月やISS(国際宇宙ステーション)について興味を持っていただけていたら幸いです。
来年も頑張って追いかけますので、コメントするしないにかかわらずお気軽にお立ち寄り下さい。
来る年がみなさまにツキがある年でありますよう願っています。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月に向かった宇宙船のお話です。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

2013年12月 月齢28.3 空に溶けゆく晦日月

今朝は月の出直後に水星食。月の明るい側に水星が潜入するのが見えるのは東京で5時28分で、月と水星はまだ高度2度にも満たない非常に低い位置。
目黒不動の境内から前日に写したのは5:54だったから、見えないかもなぁと思いつつも、付近ではここしか見えそうな場所がないのでとにかくこの場所に出発。

水星食直前の5:27。土星は見えるけど月も水星も見えない。まだまだ正面の木のずっと下の方。水星食はやはり無理か(--;)
55dsci4373
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/2秒 F5.6 ±0EV IS01600(12月2日 5:27撮影)

水星食は見えなかったけど、細い月は日の出前なら見られるはずと、月が見えてくるのを待ちました。月が見えてきたのは水星食が始まって24分後の5:52のこと。どこに付きが見えてきたか分かりますか?真ん中上方の土星から下に降ろして探してみてください。
55dsci4421
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/10秒 F5.6 ±0EV IS01600(12月2日 5:52撮影)
月齢28.3

わかりませんか?それではしっかりと全体が現れた月を御覧ください。
55dsci4427
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/10秒 F6.3 ±0EV IS01600(12月2日 5:53撮影)
月齢28.3

それからわずか数分後、6時の空の月と土星です。
上の方の土星をよーく見て探してくださいね。土星はこの後数分もせずに見えなくなりました。
55dsci4458
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/10秒 F5.6 ±0EV IS01600(12月2日 6:00撮影)
月齢28.3

土星が見えなくなった直後、空はほんのり朝焼けになり、夜の空との境目を晦日月が漂っていました。月をよく探してくださいね。
55dsci4474
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/50秒 F5 ±0EV IS01600(12月2日 6:06撮影)
月齢28.3

水星食が終わって彗星が姿を表すのは6:30。しかし日の出直前で見られるわけもなし。それならば月がいつまで見られるか見届けようと、ウォーキングをせずにずっととどまっていました。
眺めているとカラスやヒヨドリ、カワウなどの野鳥が右へ左へと行き交いました。カラスが4羽月の近くに飛んできたので撮影。カラスの位置を今朝の星空で考えると、左から水星・土星・火星・木星ぐらいの位置関係だなぁと思ったりして。
55dsci4483
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/40秒 F6.3 ±0EV IS01600(12月2日 6:07撮影)
月齢28.3

そして運命の時。いよいよ月が太陽の明るさに負ける時がきました。下の写真は6:19。この直後、月がスッと空の中に吸い込まれていきました。
月の出が5:19だからちょうど1時間見えていたことになりますね。
55dsci4534
目黒不動にて  SONY α55+SIGMA 18-200mm DC
1/400秒 F7.1 ±0EV IS01600(12月2日 6:19撮影)
月齢28.3

水星食が見えず、月が見えてくるまでの間、境内で火星や木星を撮ったのですがその模様は後日お届けします。

月齢28.3の細い月を見送り、これで今回の月廻りは終わり。いよいよ今年の最後の月廻りになりますね。
アイソン彗星は、?ですけど、月はしっかりと見ることができます。5、6日は金星の近く、16日はアルデバランの近く、19日は木星、22日はレグルス、26日未明は火星、27日未明はスピカ、29日の明け方は土星に接近します。ちょっとした楽しみですが、身近な月から天体観測をはじめて、宇宙を身近に感じるのはいかがですか。
でも、これから冷え込みますのでしっかりと着込んでくださいね。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、こんなふうに寝ちゃえる家はいいなあと思っちゃう絵本です。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)