虹色

2016年7月24日 (日)

2016年7月 月齢20.2 更待月、見えちゃった!

今日の日中は時々青空が広がった程度で、ほとんど曇り空。夜になっても曇り空。
23日の月の出は21:01と遅くなってきました。22時過ぎに、見られそうかなと外を見たのですが、雲ばかりで、これはダメだと見に行きませんでした。
そして、0時前にそろそろ寝るかと、パソコンの電源を落とし、歯磨きをしてから、ふと、「待てよ、月の出から3時間ぐらいの時間だと、うちの玄関の前辺りにいるはず。あとは高さの問題だけど、雲が薄くなってさえいれば月の位置ぐらいはわかるんじゃないの?」と玄関から正面の空を見てみると、思った通りというか思った自分もびっくりするほど見事正面に月が見えているじゃないですか。ビックリ!
月の周りにはまだまだ雲がありましたが、つきのひかりで虹色に輝く月光冠が広がっていて綺麗でした。
電線などいろいろなものが写り込んでいます。
Simgpd4204
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/20秒 F6.3 ±0EV ISO1600(7月23日 23:51撮影)
月齢20.2

少し暗めになってしまいましたが、月の表情を撮影。
上の写真ぐらいの明るさでとっても良かったですね。
Simgpd4212
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(7月23日 23:52撮影)
月齢20.2

この後、ブログを更新しようとパソコン起動して、とりあえずカメラから写真を選んで使う写真だけ取り込んで更新。月は随分スリムな更待月になっていました。早いですね。
それにしても関東の梅雨明けは一体いつなのでしょうね。
来週は大西宇宙飛行士が乗るISS(国際宇宙ステーション)観測週間ですから夜の空は晴れて欲しいですね。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、月夜の不思議な出会いを描くナンセンス絵本を紹介します。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2015年9月19日 (土)

2015年9月 月齢6.0 久しぶりの月は弓張月

9/2に更待月を見て以来、新月期と天気の悪さが重なって、ずっと見えない日が続き、なんと17日ぶりにお月様を見ることが出来ましたよ。もう月は弓張月で上弦の月手前まで成長しちゃってました。
今日の月の出は10:29で、上弦手前なので晴れていれば早いうちから見えるだろうと、思っていたのですが、晴れて入るものの雲が多くてなかなか見えてこず。
久しぶリの晴だったので、家の中に風を通して掃除をしてとしているうちに昼を過ぎ、ようやく13時半前に家を出て、皇居東御苑にヒガンバナの撮影に向かいました。
皇居東御苑についても雲が多くて月はどこだよ~、と探していたら、ぽっかり開いた雲間の青空に久しぶりの月が見えました。17日ぶりのお月見です。
55dscn7773
皇居東御苑にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/1600秒 F14 ±0EV IS0800(9月19日 14:08撮影)
月齢5.9

その後もすっきりと晴れることはなく、雲間に隠れてなかなか見つけることが出来ない状態。ヒガンバナと撮ろうと思ったのですが、結局それは叶わず。
流れる雲の中にお月様を発見したのは、上の写真から1時間以上経ってから。
のんびり月を眺めさせてよ~
55dscn8022
皇居東御苑にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/1600秒 F14 ±0EV IS0800(9月19日 15:17撮影)
月齢6.0

次に月を撮影出来たのもまたまた1時間ぐらい後。でも、この時の空はすごかった!
なんと、久しぶリの環天頂アーク、さらにその下に上部タンジェントアークが揃い踏みという奇跡の空です。
55dscn8151

この環天頂アークと撮れないかと月を探すも薄く雲が広がって月をなかなか視認できず。環天頂アークも雲の流れで見えたり見えなかったりとやきもきやきもき!
ようやく月が見えてきたので撮るには撮ったのですが、月がはっきりとしなくてなんとも残念なのですがお届けします。
55dscn8206
千鳥ヶ淵緑道にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/1600秒 F14 ±0EV IS0800(9月19日 15:17撮影)
月齢6.0

環天頂アークを気にしながら、お堀沿いのヒガンバナを撮影し、そして、国立劇場の近くまで来ると、再び環天頂アークとお月様のコラボを撮るチャンス到来。
でも、流れる雲で月が見え隠れ。それでもなんとか撮影出来ました。私にはわかるのですが、いかがですか?
55dscn8420
内堀通りにて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/1250秒 F13 ±0EV IS0800(9月19日 16:34撮影)
月齢6.0

この後、お堀沿いを歩いて桜田門まで行き、お月様は~と探すと、かろうじて薄っすらと広がった雲の中に見えました。
桜田門と月だな、と撮影したのですが、環天頂アークのと同様よくわからないのでこちらは割愛。
お月様だけの写真をお届けします。
55dscn8580
桜田門前にて SONY α55+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3DC
1/1000秒 F10 ±0EV IS0800(9月19日 16:55撮影)
月齢6.1

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、うさぎの子供に教えることを通して付きについて学べる絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2014年5月 4日 (日)

2014年5月 月齢5.1 環天頂アークと月

5月の連休はよく晴れてますね。夕方、夕飯の買い物に家を出て空を見上げると青空に月が見えました。
まだまだ細いお月さまです。
Cx030682
自宅前にて RICOH CX6
1/500秒 F5.6 ±0EV IS0100(5月4日 17:05撮影)
月齢5.1

スーパーに向かって歩いていた時、月はどのへんかな?と見上げてビックリ!頭の上に普通のと虹とは逆に天頂を中心に弧を描いている虹の環天頂アークが見えるじゃないですか。しかもその近くに月が見えました。これは撮らなくちゃと、少し開けたところで撮影しました。
Cx030711
路上にて RICOH CX6
1/1000秒 F4.5 ±0EV IS0100(5月4日 17:14撮影)
月齢5.1

太陽の横の方には幻日が見えていたので、よく見えるところで撮りたいなぁと、スーパーにいかずに撮影場所探し。一眼を持ってなかったことをちょっと後悔。
探したけどなかなかいいところがないのが都会の悲しさ。建物の隙間に幻日、上に環天頂アークと月をなんとか収めました。月は環天頂アークを左に伸ばしていった辺りにありますよ。
Cx030808
路上にて RICOH CX6
1/1070秒 F7.4 -0.5EV IS0100(5月4日 17:33撮影)
月齢5.1

見ていたら、いつの間にか月が環天頂アークの虹色の中にいました。
Cx030831
路上にて RICOH CX6
1/620秒 F4.6 ±0EV IS0100(5月4日 17:35撮影)
月齢5.1

肉眼では見えたのですが、今ひとつ写真でははっきりわからなかったので、ちょっと色調を調節して虹の中にいる月がわかるようにしてみました。しっかりと虹の中にいるのがわかりますよね。
Cx030831a
路上にて RICOH CX6
1/620秒 F4.6 ±0EV IS0100(5月4日 17:35撮影)
月齢5.1

上よりも少しズームした写真です。
Cx030840
路上にて RICOH CX6
1/540秒 F4.8 ±0EV IS0100(5月4日 17:35撮影)
月齢5.1

こちらも色調を変更してみました。虹色の中に月がいますよ。
Cx030840a
路上にて RICOH CX6
1/540秒 F4.8 ±0EV IS0100(5月4日 17:35撮影)
月齢5.1

雲が広がって環天頂アークが見えなくなったのでスーパーで買物をし、家に帰る途中でどうなったかなぁと見上げると、またまた環天頂アークと月が見えました。月は環天頂アークよりも下になっていました。
Cx030906
路上にて RICOH CX6
1/540秒 F4.2 ±0EV IS0100(5月4日 18:02撮影)
月齢5.1

昼間は環水平アークに暈が見られ、噴水の虹を見て、夕方には環天頂アークに幻日がみえ、虹色オンパレードでした。
こんなにたくさんはなかなか一変に見ることは出来ません。貴重なゴールデンウイークの一日でした。

今回の絵本・児童書(童話・児童小説)は、虹の絵本です。

 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン CoRichブログランキング

| | コメント (5)