アストロトレーサー

2020年2月27日 (木)

2020年2月 月齢3 細い月と金星、天王星

今日は久しぶりにスッキリと晴れ。でも風が強かったですね。
24日に新月を迎え、ようやくの晴れ。
最初に見つけたのは日の入りが遅くなってまだ明るい17時前の空でした。
Simgpp7958
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F8.0 ±0EV ISO200(2月27日 16:56撮影)
月齢3.7

そしてその月も右上には見にくいけどキラリと光る星が一つ!
そう、宵の明星・金星です。わかりますか?
Simgpp7963
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F9.0 ±0EV ISO200(2月27日 17:09撮影)
月齢3.7

そして、ようやく暗くなり始めた18時過ぎの空。
金星もきれいに輝いていました。
Cimg14737
駐輪場にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/20秒 F5.9 ±0EV ISO1600(2月27日 18:02撮影)
月齢3.7

ちょっとだけ月の輪郭も写った細いお月様です。
Cimg14738
駐輪場にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/20秒 F5.9 ±0EV ISO1600(2月27日 18:02撮影)
月齢3.7

そして家に帰ってベランダからお月見。
シャープなお月様です。
Simgpp7968
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO200(2月27日 18:23撮影)
月齢3.7

月と金星です。
Simgpp7972
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F5.6 ±0EV ISO1600(2月27日 18:28撮影)
月齢3.7

そして、肉眼ではわかりませんが、月と金星にもう一つ、天王星が近づいていました。
28日がこの3つの星が最も接近するんですけど、28日は夕方から曇ってきそうで見られなそうなので今日撮影してみました。
天王星が確認できるぐらいまで調整してみましたがわかりますか?
Simgpp7982
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
アストロレーサー使用
10秒 F5.0 ±0EV ISO200(2月27日 18:28撮影)
月齢3.7

久しぶりにお月見できました。
新型コロナで不安が広がっていますね。
私も不要不急の用事ではなかったので都内での用事を延期してしまいました。
マスク無しで山手線の満員電車はさすがに・・・
まぁ、ちょっと気持ちを落ち着けて夜空を見上げてみませんか?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年9月18日 (水)

2019年9月 月齢18.2 まさかの寝待月と天王星

今日は日中はいい天気だったのですが、夕方から雲が広がり始めました。
月の出(19:37)の頃が一番見られる可能性があるかなと思いつつ、夕飯を食べ、片付けていたら20時過ぎ。この時にベランダに出てみたのですが、月の位置は公園の木の後ろ。雲がそれほど厚そうではなかったので、このまま上ってきたら見られるかもと、風呂に入って洗濯をしているうちに雲が増えていました。天気予報、当たってるじゃないか!
洗濯中もずっと気にして見ていたのですが全く見えず。
ところが、洗濯を終えた21時過ぎにベランダに出てみると、木の陰から抜け出したちょっと上に月が見えたんです。
ヤッター!とカメラを取って戻ってくると、すでに雲の中に入ってしまって、月明かりが感じられる程度でした。しばらく眺めていたのですが、どんどん雲が増えて月明かりも薄れていったので今日のお月見は大失敗!と、この時点では思っていました。
Simgpo3832

日付が変わり、さて寝るか。
と、その前に雲の中に月明かりぐらいは見えないかとベランダに出てみると、なんと、雲がなく晴れてるじゃないですか!そして月どころか周りの星も見えてる!
一体何?今日もまたお月様が声をかけてくれた?
カメラを取って出て撮影開始。
こんなにスッキリ寝待月です。
Simgpo3836
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(9月18日 0:12撮影)
月齢18.2

これだけ撮影して寝ればいいのですが、確か天王星が月の近くにいたよなと、アプリで確認すると、月の左上に接近。それならば、簡易赤道儀のアストロレーサーの出番だと、準備開始。
肉眼では天王星は見えないし、月が明るいのでうまく写るかわからないけど、チャレンジ!
シャッタースピードや画角を変えつつ20枚ほど撮影しました。
撮影してもカメラの液晶ではよくわからず。
パソコンに取り込んで一枚一枚確認して、良さげな写真をピックアプしてちょっと処理。
少し星がわかりやすくなるように処理した写真がこちら。
Simgpo3840a
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
20秒 F13.0 ±0EV ISO200(9月18日 0:18撮影)
月齢18.2

これでは何がなにかわかりませんよね。
そこで、カメラの画角をステラナビゲーターで再現してみたのがこちら。天王星がわかるようにしています。
Chart20190918

この図と見比べてみて天王星を発見!
上の写真ではわかりにくいので、トリミングしてわかるようにしてみました。
さぁ、これでわかりますか?
Simgpo3840aa

さらに、わかるように名前を入れてみました!
これでどうですか。
Simgpo3840aaa

都内で天王星を撮影したことも、それよりも遠い海王星を写したこともあるので、天王星は写るとは思ってたんですよ。
ただ、月明かりに負けやしないかと心配したのですが、なんとか写ってくれました。
いいぞ、アストロレーサー!

そして今朝。
天気予報では朝から天気が悪そうだったので、朝のお月見はだめかと思っていたら、雲間に月を見つけてしまいました!
しかもベランダのひさしにかかるギリギリのところでした。
Simgpo3866
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F6.3 ±0EV ISO100(9月18日 7:05撮影)
月齢18.5

いや~、月があった夜で、天王星まで撮影できていい夜でした。
さて、今夜は難しそうですが、明日の朝方には天気が回復しそうなので朝のお月見に期待です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年6月16日 (日)

2019年6月 月齢13 五月晴れの空の小望月

今日は梅雨の晴れ間の五月晴れ。
今日の月の出は17:53。
まだ明るい空ですが、見られるかなぁと月の出後の18時にお月様探しに出てみました。
東の空はやや雲が多かったのですが、地表近くは雲がなかったので、この隙間にもしかして!と目を凝らして探してみました。
そして、かすかに見える上りたての小望月を見つけました。
どこに小望月があるかわかりますか?
Simgpn9564
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO100(6月16日 18:04撮影)
月齢13.0

上の写真じゃわかりませんよね。
月の部分をトリミングして、補正してみましたが、わかりますか?
Simgpn9564a

月の出から約1時間後の小望月です。
Simgpn9577
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F6.3 ±0EV ISO800(6月16日 18:56撮影)
月齢13.0

そして20時半の小望月です。
Simgpn9607
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR

1/200秒 F6.3 ±0EV ISO800(6月16日 20:31撮影)
月齢13.1

小望月の近くには木星がキラリ!
Simgpn9633
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/20秒 F6.3 ±0EV ISO400(6月16日 20:34撮影)
月齢13.1

さらに、月の近くにはさそり座の星たちもキラリ!
右下がアンタレスで、右上はジュバです。
Simgpn9641
自宅にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F4.5 ±0EV ISO800(6月16日 20:36撮影)
月齢13.1

こんなに気持ちよく晴れているならば、木星にズームイン!
ガリレオ衛星が撮影できました。
左からカリスト、ガニメデ、エウロパです。
イオはエウロパの内側なのですが、木星に近すぎて判別できません。
Simgpn9649

ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR+アストロレーサー使用
10秒 F6.3 ±0EV ISO100(6月16日 20:44撮影)

ほぼ満月の小望月がきれいに見られました。
明日は満月。
満月の時間は17:29で、月の出が18:54。
上ってきた月は満月そのものです。
明日も天気が良さそうなので無事に満月が見られそうですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年2月14日 (木)

2019年2月 月齢9.5 十日月とアルデバラン・ヒアデス星団

ここのところ雲が多い空が続いていますね。
今日は晴れているものの雲が多い空が昼過ぎまで続いていました。
今日も雲が多い中でのお月見になるのかなぁと思っていたら、夕方にはスカッと晴れてくれてきれいに月が見えていましたね。
家に帰って、ベランダから空高くに輝く十日月を撮影しました。
Simgpn0600
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月14日 18:20撮影)
月齢9.5

月の近くにおうし座のアルデバランが光っていました!
Simgpn0617
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月14日 18:22撮影)
月齢9.5

撮影をしていたら、飛行機の音が聞こえてきたのでどこだ?と探すと、まっすぐに月に向かって飛んでいるじゃないですか!
月の上に来るかも!とシャッタースピードを早くして連写していたのですが、月のわずか下を通過していきました!残念、とこの時は思いました。
Simgpn0633
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月14日 18:23撮影)
月齢9.5

飛行機が通過した後、なんと両翼のエンジンから飛行機雲ができていて、それが流れて月にかかったので、シャッタースピードを遅くしてなんとか撮影しました。
月を貫く飛行機雲です!
Simgpn0645
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月14日 18:23撮影)
月齢9.5

昨日大接近していた火星と天王星。
今日、アストロレーサーを使って頑張って撮影してみました。
ちょっとピントが甘かったですね。
Simgpn0657
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR + アストロレーサー
20秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月14日 18:32撮影)

アストロレーサーを使っているなら、月の近くに見えるアルデバランとその付近のV字形したヒアデス星団、そしてちょっと離れたプレアデス星団(スバル)も撮ってみました。
Simgpn0673
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR + アストロレーサー
10秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月14日 18:40撮影)
月齢9.5

久しぶりの晴れで気持ちよくお月見できました!
火星と天王星はこの先どんどん離れていくし、明日は曇り空っぽいのでいいタイミングで撮れて良かったです。
さてさて、19日の18時3分頃に月が地球に約35.7万kmまで最接近して、約7時間後の20日0時54分頃にちょうど満月となります。つまり「19日の宵から20日明け方」にかけての満月がスーパームーンというわけです。
最小の満月は9月14日の満月。見た目ではわかりませんが、写真に取れば比べられるので比べたいですよね。
ところが、天気予報では19日は曇り一時雨と、最悪の予報になっています。
なんとか月が見られる程度に回復してくれるといいですね。

| | コメント (2)

2017年12月30日 (土)

2017年12月 月齢12 十三夜の月と思いがけず月暈

今日は仏壇の掃除をしてから家中に掃除機をかけてと思っていたら、これいらないな、これもいらないなと始まって、10時頃から始めたものの、昼食をちょっとはさんでようやく15時半に終了!
腰が痛い!
一息入れてから、ちょっと足りないものと夕飯の買い出しに家を出たら、家の前でご近所さんと会って立ち話。なんと30分も!
この30分ですっかり忘れてしまったのが、今夜のお楽しみ。
でも、買い物中に気がついて、早く帰って食事して準備しなきゃ!と夕飯の買い出しだけして帰宅。
ちょっと早めに食事をして、18時半過ぎに家を出て19時ちょっと前に林試の森着!
三脚にカメラそして、久しぶりにアストロレーサーを準備。
マスは十三夜の月を撮影。
Simgpk1060
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(12月30日 19:18撮影)
月齢12.2

アプリを頼りに方向を決めて何枚か撮影した中から、今夜の目的が分かる写真をピックアップしてトリミングしました。
どれが目的かわかりますか?
Simgpk1061
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(12月30日 19:19撮影)
月齢12.2

上の写真に書き込んでみました。
プレアデス星団(すばる)と牡牛座のアルデバランとその横にV字に並んだヒアデス星団です。
普通は月が近い時には見にくくて撮りませんが、いい目安になるのであえて撮影しました。
今夜は月明かりで見にくいだけでなく、うっすらと雲が広がってきた影響もあって空が白っぽくて、肉眼でもなんとか見えるプレアデス星団が見えなかったんですよ。
Simgpk1061a

さらに雲が広がってきたなぁと空を見上げながらプレアデス星団の撮影にチャレンジしていたら、なんと月の周りに丸く輪が見えたので月を中心にその輪を撮影。
なんと月の暈(月暈)が見えました。
こんなにはっきりと肉眼で確認できたのは初めてのこと!
林試の森に今年最後の撮影に来た甲斐があった!
Simgpk1068
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F4.0 ±0EV ISO100(12月30日 19:26撮影)
月齢12.2

この後、雲が厚くなりはじめて、今夜はもう終わりかなぁと見上げていたのですが、少し雲が薄れたので、月とプレアデス星団の撮影にチャレンジ!
上の方にプレアデス星団(すばる)が写っていますよ。
Simgpk1097
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(12月30日 19:43撮影)
月齢12.2

プレアデス星団に狙いをつけて撮影。よく分かるようにトリミングしました。
Simgpk1103
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F4.0 ±0EV ISO100(12月30日 19:46撮影)

十三夜の月の左下のアルデバランとヒアデス星団です。

Simgpk1105
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F5.6 ±0EV ISO100(12月30日 19:47撮影)
月齢12.2

今ひとつはっきりしなくなっていた暈がまたはっきりと見えてきたので月暈を撮影しました。
Simgpk1109
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F4.5 ±0EV ISO100(12月30日 19:50撮影)
月齢12.2

もう少し広角のレンズに変えればもうちょっときれいに暈が写るのでは?と見えているうちに帰ってまた出かけようと大急ぎで帰って、広角レンズに変えて緑道公園に行ってみたのですが、雲が増えてしまって暈ははっきり見えなくなっていたので撮影を断念。
明日は曇りの予報なので、このまま雲が厚くなっていきそうな雲行きです。
さて、大晦日のお月見はどうなるでしょうね。
大晦日に見えなくても、新年になってから見られるかもしれませんよ。
さて、月を待ち望むか、初日の出に備えるか、大問題ですね。

今回は、来年の月の満ち欠けがわかる本を紹介します。

月のこよみ 2018: 365日の月の満ち欠けがわかる

相馬 充 誠文堂新光社 2017-10-05
売り上げランキング : 17324
by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2017年3月 6日 (月)

2017年3月4日 弓張月と周辺の星々

今日のお月見がダメならと思って作っていた3/4に撮影した写真をまずお届けします。この後に今日の月をお届けします。

3/4の昼間は新宿御苑で青息吐息のお月見をしました。
実はこの日は夜のお月見を楽しみにしていました。
月の周りは賑やかでしたからね。
今回も簡易的な天体追尾撮影が行なえるアストロトレーサーを使用して撮影しました。
でも、家を出る時はなかった雲が・・・
あずは私が狙っていた全体像。
月の左にオリオン座、そして月のちょっと左上におうし座のアルデバランとヒアデス星団、月の右上には一番のお目当てのプレアデス星団(すばる)があるのですが、雲の中でかすかに写っています。
Simgpg2857
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
20秒 F4.0 ±0EV ISO100
アストロトレーサー使用(3月4日 19:16撮影)

なんとこのあと、月の周辺にあった雲が流れてきてオリオン座まですっぽりとかかり、月はボヤーッと見えてるけど星がところどころしか見えない状態に!
おー、なんてこった!
それでも諦めずに待っていると、月の近くから大きな雲がとれたので、まずは月の周辺から撮影。
月の左上、一番明るいのがお薄座のアルデバランで、そのすぐ知覚にV字に並んだヒアデス星団が写り、月の右斜め上に星がいくつもまとまっているところがありますが、これがプレアデス星団(すばる)です。
月は長時間露光で丸く写っていますけど気にしないでください。
薄く雲が光っていて、肉眼で見えるはずのプレアデス星団が見えない状態だったんですよ。
Simgpg2880
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
20秒 F4.5 ±0EV ISO100
アストロレーサー使用(3月4日 19:36撮影)

月とプレアデス星団です。
Simgpg2883
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
30秒 F5.6 ±0EV ISO100
アストロレーサー使用(3月4日 19:39撮影)

そして、プレアデス星団(すばる)にズームインして、トリミング!
Simgpg2891
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
30秒 F6.3 ±0EV ISO100
アストロレーサー使用(3月4日 19:46撮影)

そしてこれ、わかりますか?
カメラの液晶ではわからなかったので、無理かなぁと思ったのと、雲がどんどん広がってきてしまったのでさらにズームして撮らなかったのですが、オリオン座の三星の下の斜めに並んでいる星の部分の真ん中あたりが赤くもや~っと見えますよね。これはオリオン大星雲?
Simgpg2895
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
60秒 F5.6 ±0EV ISO100
アストロレーサー使用(3月4日 19:58撮影)

モヤモヤっとしたところ付近をトリミング。
さすがに星が流れていますけど、赤くもやっとマゼラン大星雲がわかります。
撮れるもんですね。高倍率ズームレンズが欲しくなっちゃいます。
Simgpg2895a

昼間にいろいろ考えて風景を撮るのも楽しいですけど、夜は夜で見えるか見えないかの所にカメラを向けて撮影してみるのも楽しいものですね。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、星座の入門書です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年2月28日 (火)

2017年2月 月齢1.8 火星・金星と三日月、そして天王星

新月から数えて3日目ということで、今日は三日月。
三日月の入はまだまだ早く、19:18。
日の入が17:35なので十分に見られます。
17時過ぎに家に着いてすぐ、カメラと三脚を持って林試の森ではなく、多摩川浅間神社へ急行!
17:50頃に到着して、空を見ると月が見えたので急いで三脚を立て、アストロトレーサーの準備をして撮影開始。
富士山が、雲というよりも暖かいと広がる靄っぽい中から頭だけだしていたので、月と月の上に輝く金星と撮影。
下りの目黒線が通過していきました。
Simgpg1946
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F4.0 ±0EV ISO1600(2月28日 18:01撮影)
月齢1.8

アストロトレーサーを使って試し撮りを繰り返しているうちにだいぶ暗くなってきたので、アストロトレーサーを使ってじっくりと細い三日月の地球照を撮影。
10秒撮影しても流れていないのがすごい!
Simgpg2009
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
10秒 F6.3 ±0EV ISO100(2月28日 18:17撮影)
アストロトレーサー使用
月齢1.8

アストロトレーサーを使っての狙いは今日も天王星。
まずは金星もいれて火星と天王星の3惑星。
右下の明るい金星、左上のやや明るめの火星、火星の左下に天王星が写っています。
Simgpg2029crop
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
30秒 F6.3 ±0EV ISO100(2月28日 18:44撮影)
アストロトレーサー使用

火星と天王星にズームインして撮影。
トリミングして火星と天王星をわかりやすくしました。
ちょっと赤っぽい火星と、やや青みがかった天王星です。
25日は天王星が上でしたが、火星を追い越して下側に行き、これからどんどん離れていきます。
Simgpg2031
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
30秒 F6.3 ±0EV ISO100(2月28日 18:48撮影)
アストロトレーサー使用

月がどんどん低くなって、地平近くのモヤッとした中に入り始め、次第にぼんやりしてきたので、見えなくなる前に金星と火星も撮影。
天王星もと思ったのですが、さすがにそれまでは無理でした。
Simgpg2039
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(2月28日 18:52撮影)
アストロトレーサー使用
月齢1.8

肉眼ではもう薄っすらとしか見えなかった月をアストロトレーサーで追いかけて撮影すると、うっすらと月の輪郭が写りました。
時間は偶然にも19時ちょうどでした。
Simgpg2050
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
10秒 F6.3 ±0EV ISO100(2月28日 19:00撮影)
アストロトレーサー使用
月齢1.8

もう一つの狙いのエンケ彗星はよくわかりません。長く撮ると明るすぎて星が識別できないし、短いと暗くて星が写らないので、さすがに都心では無理かも。
明日は月と火星と金星がトライアングルを作ります。天王星もまだまだ火星の下に見えますよ。
明日の夜もお見逃しなく。

今回は、子供向けに星と宇宙の不思議を優しく解説するシリーズの第一冊目の月と地球をお届けします。

やさしくわかる星とうちゅうのふしぎ〈1〉月と地きゅう

渡辺 勝巳 汐文社 2017-01
            売り上げランキング :
                                                            by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年1月 2日 (月)

2017年1月1日 火星と海王星の大接近!

2017年の年明けから、月と惑星が接近するイベントがありますが、その影に隠れてとはいいませんが、肉眼では見えないので、いまひとつ注目されていませんでしたが、元日の夜に、惑星の大接近がありました。
それは火星と海王星。地球のお隣の惑星の火星と、一番遠い惑星・海王星が大接近!
どれぐらい近いのかというと、その間隔は0.1度未満。これは、北斗七星の柄に位置する有名な二重星ミザールとアルコルの間隔よりも小さいということなので、ほんとにピタッとくっついているような感じです。
海王星の位置は12/31は火星のちょっと上、元日は大接近、1/2は火星のちょっと下と近づいてきて離れていくんです。
実は大晦日の日にもとりあえず写真を撮影していました。
それがこの写真。まさか海王星が写っているとは思いませんでしたが・・・
Simgpf1734
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
5秒 F6.3 ±0EV ISO1600(12月31日 18:24撮影)

ステラナビゲーターという天体ソフトを使って、カメラの画角と合うようにシミュレーションすると、海王星の位置が判明。
これがシミュレーションの画像です。
20161231

これをもとに、海王星の位置を確認すると、下の写真のようになります。
まさか海王星が写っているとは!
Simgpf1734a

海王星が写ることはわかりましたが、ズームで長時間撮影すると流れてしまってはっきりしない天体が余計にぼやけてはっきりしなくなったので、ならば、アストロレーサーを使って流れを止めればよりはっきりとする!と、元日の大接近に挑みました。
そして撮影した写真がこちら。前回の写真と同じぐらいの画角に合わせてみました。
前の写真は5秒、こちらは10秒ですが、星が流れてないでしょ。
Simgpf1857crop
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR アストロレーサー使用
10秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月1日 17:57撮影)

火星と海王星を書き入れてみると、ほんとに火星のすぐ横に海王星があって、よく見ないとわかりません。
Simgpf1857

火星付近をトリミング。これだけトリミングしても星が流れていないんですよ。アストロレーサーさすが!
Simgpf1857crop2

1/2は少し下の方に離れました。
またまた林試の森で撮影してきました。

今夜は海王星が火星の下の方に離れました。
動きとしては火星は西へ、海王星は南へという動きです。 Simgpf2034
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR アストロレーサー使用
10秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月2日 17:43撮影)

太陽系の中で一番遠い惑星の海王星も写るもんですね。ただ、今回は火星というターゲットがあったので、撮影した写真から探し当てられましたけど、なにもない時にはさすがに判別不能でしょうね。
でも、惑星同士の接近は確実に撮れるということがわかりました!
これでまた、楽しみが増えちゃいましたよ。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年1月 1日 (日)

2017年1月 月齢3.1 2017年最初の月と金星・火星

あけましておめでとうございます。
今年も月を中心とした写真を頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

2017年は年明けから月と惑星の接近があるという大サービスの幕開けです。
林試の森で撮影初め!
日没を待って林試の森に行き、三脚をセットしてスタンバイ(実は昨日、がっしりした方の三脚のエレベーターを固定するネジ部分が破損してしまったので、いつも軽いPENTAX Q用に使用していた三脚を使用)。
まずは、暮れ切らない空に浮かぶ、月・金星・火星から撮影開始。本年最初のショットです!
Simgpf1736crop
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO400(1月1日 17:12撮影)
月齢3.1

今日もはっきりくっきり地球照。
Simgpf1741crop
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月1日 17:14撮影)
月齢3.1

このあと、久しぶりにカメラ本体に内蔵した手ぶれ補正機構と連動して簡易的な天体追尾撮影が行なえるアストロトレーサーというGPS制御ユニットを装着して撮影。
でも、使い方があっていなかったのでしばらくは単なるGPSとして動作してただけです。
月と金星と火星です。
Simgpf1747
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
5秒 F6.3 ±0EV ISO200(1月1日 17:20撮影)
月齢3.1

星が流れてしまうのでおかしいなぁと、使い方をあらためて確認し直し、正しい使い方で撮影しようとしたら、月と金星の間に向かって飛行機が接近してきたので、急いで合わせて月と金星の間を通過する飛行機を撮影。
飛行機が規則正しく点滅しているのがわかります。
Simgpf1753
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR アストロレーサー使用
10秒 F6.3 ±0EV ISO200(1月1日 17:24撮影)
月齢3.1

暗くなった空に浮かぶ、月、金星、火星、その左にみなみのうお座のフォーマルハウトが位置して、三角形を作っていました。
Simgpf1833
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
5秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月1日 17:46撮影)
月齢3.1

今日、アストロレーサーを使った目的は別にありました。
でも、これはまた別の記事にします。
年初から気持ちよく撮影ができました。
今年の月運は恵まれているかも! 金運ならもっといいけど。
というわけで今年もよろしくお願いいたします。

今年は絵本だけでなく、月の出て来る本や詩なども紹介してみようかななんて思っております。が、今週はお休みします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年1月21日 (木)

2016年1月 月齢10.4 冬のダイヤモンドと月

週末にニューアイテムの本格投入を予定していたのですが、なんとまた雪が降るかも知れないとのことで、予定を早め、夕食後に林試の森へ突撃!
今夜は月がアルデバランの左側に接近。アルデバランの左側ということは、標準レンズで撮影するにはちょっとむずかしい冬のダイヤモンドの中に位置しているということ。
横位置で撮影したかったので、月を大きく撮るよりも先に撮影。
まずは写真だけをクリックしてご覧ください。
Simgpb0366
林試の森にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
アストロレーサー使用
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(1月20日 20:54撮影)
月齢10.4

実はこの写真、標準ズームレンズではなく、NEWアイテムGPSユニットの『アストロレーサー』、レンズは『smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]』を使用して撮影したものです。
『アストロレーサー』はPENTAXのGPSユニットなのですが、GPS情報から取得した緯度で天体の動きを算出し、内蔵している磁気センサーおよび加速度センサーから得られたカメラの状態(左右および上下の傾きと方位)によって、手ぶれ補正機構を利用してイメージセンサーを天体の動きに同調して移動させることで、長時間露光しても星が流れることなく、点像のままで撮影することができるんです。使用するレンズによって、追尾できる時間が変わるのですが、概ね数分は連続追尾が可能なんです。
何度か練習で使用していたのですが、いつも雲が増えてきて、効果が確認できずにいたのですが、今回、ついに本格投入!
20時過ぎから撮影を開始したのに、こんなに晴れた日ははじめてなので、設定をいじくり、明るすぎたり暗かったりを調整し、なんとかまともに撮れたのが、21時前。
下の写真は10秒間露光したものです。月がまぶしすぎましたが、星は流れていないのがわかると思います。

この写真を明るめに調節し、星の名前を追加し、線で結んで、冬の大三角と冬のダイヤモンドを図示しました。
Simgpb0366a
林試の森にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
アストロレーサー使用
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(1月20日 20:54撮影)
月齢10.4

なんと、電池が切れてしまったので、交換ついでにレンズをズームレンズに変えて、月だけを撮影しました。時間は期せずして21時ちょうどでした。
この時、アストロレーサーは使用していなかったのですが、使ってみたら写りがもっとはっきりしてたのかなぁ?
Simgpb0370
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO200(1月20日 21:00撮影)
月齢10.4

今夜大接近のアルデバランと月です。右下に写っているのですが暗くて申し訳ありません。
Simgpb0376
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月20日 21:01撮影)
月齢10.4

この後は、北天グルグル写真にチャレンジ!はたしてその結果は?
思ったよりも冷えたし、設定に戸惑い、間違えたりして撮影し、家に戻ったのが23時。
近日中に画像処理しますので、もう少々お待ちください。

広角レンズとGPSユニットで天体観測に心強い味方が出来ました。これからまだまだ寒い冬の澄んだ空を楽しみますよ。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)も、月夜のナンセンス絵本です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)