グルグル写真

2021年1月31日 (日)

1/30の北天グルグルと、1/31朝の居待月

昨夜の居待月を追いかけながら、一台の一眼で別のものの試写をしていました。
其れが北天グルグル写真。
広角レンズを買ったので使い勝手とどれだけ写るかの試し撮り。
18:35:34から19:52:22までシャッタースピード5秒で連射した885枚の写真を比較明合成しました。
真ん中の北極星付近をほぼ同じ航路で飛行機が2機通過。
左上の光跡は何かの人工衛星のようですが、わかりません。
Star20210130
路上にて FUJIFILM X-T20+PERGEAR 12mm F2
5秒 F2.4 ±0EV ISO400(1月30日 18:35:34から19:52:22までシャッタースピード5秒で連射した885枚の写真を比較明合成)

そして今朝8:26に没する居待月です。
日の出(6:43)直後に撮影しました。
Dscf44620
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/500秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月31日 6:45撮影)
月齢17.7

今日もよく晴れてますね。
今夜もお月見日より。
月の出は19:44と遅くなってきました。
日が暮れると冷え込んできますのでしっかりと防寒してお月見しましょう!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

2020年12月22日 夜明け前の北天ぐるとISS(国際宇宙ステーション)

今年も残り10日を切りました。
年内に楽しめる天体現象も24日の月と火星の接近と30日の満月ぐらいですね。
そしてISS(国際宇宙ステーション)は夜明け前ということなので厳しい状況。
でも、年内にもう一度ISSがみたいなぁと調べてみると、12/22は6時前に北の空に見えるということだったので久しぶりに早起きして、いつものスポットに出かけて撮影してきました。
とは言っても、ISSだけではなく5時半からISSが見えなくなる6時までの30分間、北天グルグル写真も撮影してました。
5:30:00からISSがフレームアウトした6:00:16までシャッタースピード5秒で撮影した350枚の写真を比較明合成し、星がより見えるように調整しました。
Iss20201222x2a
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
5秒 F4.0 ±0EV ISO1600(12月22日 5:30:00から6:00:16までの350枚の写真を比較明合成)

30分ではグルグルという感じではなくグルぐらいなのでタイトルも北天ぐるにしました。
さてさて、ISSは12/23の5時過ぎに今年最後の観測の好条件となります。
5:09過ぎに今朝よりも北の空高く、北極星と北斗七星の間に現れて、北東の空へと消えていきます。
今年最後に早起きして見てみては?
それにしても夜明け前は一番気温が下がる時間帯なのでめちゃくちゃ寒い!
手袋をしていても手がかじかんで痛くなりましたよ。
爪痛い(つめいたい)→つめたいになったという語源を体感できます。
見ようと思う方はしっかり防寒して御覧ください。
私は今年最後に頑張るかな。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

2020/12/13 ふたご座流星群

12/13~14の未明にかけて、ふたご座流星群が見頃とのことでした。
日没後も曇り空だったので撮影に出かけるか迷っていたのですが、22時頃に外を見ると、雲が減ってオリオン座が見えていたので、出かける準備をして、いつものお月見スポットに行ってみました。
雲は低い所にあるぐらいで撮影にはほぼ影響ないぐらいだったので、撮影の準備をしました。
今回は2台準備して、ふたご座側と北極星を中心にぐるぐる写真と流星群を23時過ぎから1時過ぎまでの約2時間、撮影していました。
撮影したのですが・・・

まずふたご座側。
画角やカメラの設定を決めるのに何枚も撮影して、「よし、これでいこう!」としたんですよ。
オリオン座にふたご座がわかりますよね。
Simgpq4488

ところが、いざ撮影を開始し、連射したまま2時間が経過したところで撮影終了。
確認してみると、なんと真っ暗!
え?と、設定を確認してみると、設定したはずのモードダイヤルが1つずれてるじゃないですか!
これでよし!と思って手袋をした手を動かした時にうっかり回してしまったのかなんなのか、ただひたすら真っ黒の写真を2時間も撮り続けていたんです。
私が見上げていたときだけでも、この画角の中に10個ぐらいはっきりした流星があって、これは楽しみだと思っていたのに、撮影終了直後に奈落の底へ。
Simgpq4490

全部で1200枚ぐらい撮影したのですが、午前0時以降は雲が増えはじめて、邪魔にならない範囲の写真を選んでも600枚近い写真があるので、捨ててしまうにはもったいないので、どう処理するか考えております。

北極星を中心にしたぐるぐる写真+流星群は、なんとか成功。
写真で確認できた流星は4枚でしたが、見やすかったのは2枚だけでした。
こちらも雲が増え始めた0時以降で、邪魔にならないぐらいまでの865枚を合成し、比較的わかりやすかった2枚の流星の写真を強調してみました。
それがこちら。
Meteor20201213

流星を矢印で示してみました。
Meteor20201213a

日付が変わった頃から雲が流れてきだして、星が見えないぐらいに増えたと思ったら、あっという間に引いていったりで、とりあえずは撮影していたものの、ほぼ無駄でした。
午前1時過ぎまで撮影していて、雲が多い状態だったのでもういいやと思って片付け始めたら雲がなくなってと、なんとも雲に振り回され、撮影にも一部失敗し、がっかりして帰宅しました。
今日もまた日中から曇っていて、夜には晴れる予報ですが、もうチャレンジなし!
新たな月の周りのために体力温存です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2019年4月 5日 (金)

2018年4月4日 北野天神社 桜のライトアップと北天グル

先週末(3/30,31)と今週末の4/6,7に、所沢市内の北野天神社で初の桜のライトアップ「夜桜あかり」が催されます。
私も3/30と31の両日足を運んで撮影してきたのですが、拝殿の方向が真北になるし、4/5以降は風が強くなると言われているし、夜には雲が増えそうな予報が並んでいたので、ライトアップの予定がなく夜まで晴れて風もそれほどではない昨日(4/4)しかないなと、またまた行ってみました。


すると、今週末に祭用の幟旗を掲げるので、その確認のためにとライトが点けられていたんですよ。


ライトアップ中も撮影させていただき、20時過ぎに幟旗の確認が終わって、みなさんが片付けて帰られてから、境内で一人夜桜の撮影をしていました。
ライトはタイマー設定されていて、21時前までライトアップされているとのこと。
私の予定では19時半から2時間ぐらい、暗めの桜のバックに星空を撮ろうと思っていたので、ちょっと予定が狂ったものの、拝殿に向かって撮影開始。
点灯中の20:32からシャッタースピード5秒で撮影した197枚を比較明合成しました。
20190404k1
北野天神社にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
5秒 F4.0 ±0EV ISO800(4月4日 20:32~20:49まで撮影した197枚を比較明合成)


ライトが消えてから撮影した473枚を比較明合成しました。

20190404k2
北野天神社にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
5秒 F4.0 ±0EV ISO800(4月4日 20:49~21:32まで撮影した473枚を比較明合成)


さらに上の2枚を合成して、調整したものがこちら。
20190404k1
北野天神社にて


22時ぐらいまで撮影しようかなと思ったのですが、日が暮れるとそれなりに冷えてきて、ぼちぼちトイレに行きたくなってきたけど、境内のトイレ場施錠されてて入れないので、今から片付けて帰ればなんとか家まで持つだろうと21時半を過ぎたところで撤収。
もともと19時半から2時間と思っていたので、撮影時間は半分ほどになったので、北天グルグルというにはちょっと物足りない北天グルという感じになってしまいました。それでもライトアップもあり、星空を明るめに調整しましたが、いい雰囲気の写真が撮れました。


ライトアップが終わってから、のんびり桜と夜空を長めにと思うのですが、来週は雲が多い天気になりそうですし、気温が上がるので桜も散りそうですし、葉桜になってから改めて北天グルグルか・・・微妙ですね。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2016年1月29日 (金)

2016年1月28日 北天グルグル、再び

初の30分の北天グルグル写真を掲載すると、いつもコメントを下さるlayout3さんから
一時間撮ったらいい気分!
二時間撮ったら最高の気分!!
というコメントを頂き、血が騒いでしまいました。
週末に狙うつもりが今週末は悪天候の予報。
ならば、平日の早い時間にチャレンジ!と、月の出が21時過ぎの1/28の夕食後、林試の森で月の出を待つ傍ら、チャレンジしてきました。
グルグルの他に今回もアストロレーサーで星を撮ってきました。
先に星の写真を撮影しましたが、今回はグルグル写真をお届けします。
20:52~21:51までの約1時間、シャッタースピード10秒で連射して撮影した339枚を比較明合成しました。
ちなみに、左の明るめの5つの星がカシオペア座、右の星座は北斗七星です。
空には薄雲が広がっているような感じで、思ったよりも暗めに写りました。
Star20160128a
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F4.0 ±0EV ISO100(1月28日 20:52~21:51まで撮影した339枚を比較明合成)

これでは全くわからないので明るさを調整してみると、想像以上にたくさんの星が浮かび上がりました。
Star20160128a1
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F4.0 ±0EV ISO100(1月28日 20:52~21:51まで撮影した339枚を比較明合成)

1時間の間、ipadで遊びながら時間を潰していたのですが、周りを人が走ってたり犬の散歩してたり、電話で話していたりと、うっかりぶつかられないかと気になる環境で落ち着きませんでした。
でも、出来上がった写真っを見ると、いい気分です!
2時間撮ったらほんとに最高の気分の予感!

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、星座ウォッチング入門書です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2016年1月21日 (木)

2016年1月20日 初の北天グルグル!

年が明けてから北極星を真ん中にして何枚も撮影した写真を合成して北の空のグルグル写真を撮りたいと思い、チャンスを伺っていたのですが、週末の夜はどうも今ひとつすっきりとしない空でもやもやしていました。
また今度の週末の天気も期待できない予報。
それなら晴れた平日を狙い、月曜日に雪が降った後は、冷え込んだこともあり空が綺麗な日が続いていた20日の夜に頑張ってきました。
何度か試してはいたのですが、すっきりと晴れた夜ではなかったので、結局設定は手探り状態。
何枚も撮影し、北極星の位置を確認しながらシャッタースピードを調整して、連続撮影を開始したのは21:33。
電池の消耗と余計な明るさのカットのために液晶モニタを閉じて撮影開始。今回は今後の参考にすべく30分撮影してみることに。
撮り始める直前に失敗してました。何故か設定が暗めに設定されてしまっていたんです。まずはこれで撮ろうと設定した写真です。
Simgpb0416
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(1月20日 21:31撮影)

それが、撮影開始した時の1枚目がこちら。
設定の微妙な違いがわかりますか?絞りの値とISO。これだけですが大きく違うんです。
Simgpb0417
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:31撮影)

シャッタースピード10秒で連射して約30分間撮影した173枚を比較明合成しました。
Star20160120a0
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:33~22:03まで撮影した173枚を比較明合成)

これでは全くわからないので明るさを調整して、なんとか北極星を中心に回っている様子が浮かび上がりました。
左の明るめの5つの星がカシオペア座、右の星座はすぐにわかると思いますが、北斗七星です。
Star20160120a1
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:33~22:03まで撮影した173枚を比較明合成)

取り終えて写真を見ると暗すぎたとがっかり(--;)。帰るつもりだったのですが、当然、もう一度ってなりますよね。でも、冷えてトイレに行きたい状況でもあったんです。カメラを置いてトイレにはいけないし、持っていくとせっかく北極星にあってるから動かしたくないしとの葛藤から、トイレを我慢し、絞り値を予定の4.0に変更して、15分だけ撮り直すことにしました。この時、ISOが低くなっていることには気づかず、暗めだった・・・。
15分間、87枚の写真を合成したのがこの写真です。
Star20160120b0
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 22:06~22:21まで撮影した87枚を比較明合成)

やはり暗めなので、明るさを調整すると、かなりたくさんの星が写っていることが分かりました。下の方を横切っているのは飛行機の航跡です。
Star20160120b1
林試の森にて PENTAX K-S2+PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(1月20日 21:33~22:03まで撮影した173枚を比較明合成)

初のグルグル写真の本格撮影は設定のミスもあって暗めでしたが、林試の森の北の方は渋谷・新宿方面になるのですが、撮影の感じがつかめました。
これはかなり楽しめますね。
今回は防寒がちょっと甘く、足先が冷え、下半身が冷えてきたので辛くなったので、次回はしっかりと防寒対策をして、1時間ぐらいは撮ってみたいですね。北天だけでなく、月の出が遅くなったら、南天のぐるっと写真にもチャレンジです。
夜空はなかなか楽しいなぁ。

今回は絵本・児童書(童話・児童小説)は、星座ウォッチング入門書です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)