水星

2018年7月16日 (月)

2018/7/15 復活の日の日月火水木金土

昨日、記事を書き上げ、felizmundoさんのブログにお邪魔したところで、今日は夕暮れから数時間で日月火水木金土の制覇ができる日だ!と気が付きました。
時刻は23時半過ぎ!
今なら日付が変わる前に撮影していなかった火星と土星を撮影できると、カメラを持って緑道公園にでかけました。
そして、無事に撮影成功!

それでは太陽から順にお届けします。
Simgpl6327

月・水星・金星です。
Simgpl6727

木星です。
Simgpl6827

そして日付が変わる前に撮影した火星です。
木星と同じようなサイズでトリミングしています。
Simgpl6951

土星です。これも同じようにトリミング。
Simgpl6935

復活の日を自ら祝う日月火水木金土の揃い踏みでした。
天気が良ければもうしばらくはチャンスがありますのでみなさんも是非チャレンジしてみてください。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (1)

2018年7月15日 (日)

2018年7月 月齢2.3 三日月と金星と水星と!

新月を過ぎて復活です!
6/25にお月見してから、父の死去、そして葬儀を済ませているうちに、新月を迎えていました。
そして今日は三日月なので、十分に見られる日でした。
久しぶリのお月見は、多摩川浅間神社の展望スペースから、夏の宵に浮かぶ三日月などを眺めました。
日没間近の西の空に細い三日月を見つけてしまいました。
ピントが合っているのかいないのか、画面ではつかみきれなかったのですが、とにかく撮影。
20日ぶりのお月見です!
Simgpl6386
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO200(7月15日 18:43撮影)
月齢2.3

日没前にすでに月の上方に金星を見つけていたのですが、空が明るくて撮影しても金星がわかりにくくて少し見やすくなってきた日没後に、金星をわかりやすくするため暗めに撮影しました。
Simgpl6620
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F5.6 ±0EV ISO1600(7月15日 19:16撮影)
月齢2.3

さらに暗くなるまで、7/12に東方最大離角となり夕方の空に見やすいはずの水星を待ちました。でも、月よりも低い位置はモヤーっとしているような、微妙に雲が広がっているようなではっきりしなくて、肉眼では最後まで確認できませんでした。
水星がいるはずの位置を狙って何枚も撮影してみて、カメラの液晶で確認すると、なんとか写ってくれていました。
家に帰ってパソコンで少し見やすく処理して見ましたが水星がわかりますか?
Simgpl6683
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F5.6 ±0EV ISO400(7月15日 19:41撮影)
月齢2.3

そして今日のお楽しみの月をはさんで金星と水星との共演です。
水星は見えなかったので、広く撮影してトリミングしています。
しし座のレグルスも写っています。
Simgpl6727
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F4.5 ±0EV ISO400(7月15日 19:48撮影)
月齢2.3

締めに三日月の地球照です。
Simgpl6804
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
2秒 F6.3 ±0EV ISO800(7月15日 19:58撮影)
月齢2.3

今日のおまけ。
地球の仲間の木星が今とても見やすい位置に来ています。
というわけで、撮影できる一番大きいサイズで木星を撮影して、ガリレオ衛星がわかるぐらいの大きさにトリミングしました。
4つのガリレオ衛星が判別できる絶好機でした!
Simgpl6827
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F6.3 ±0EV ISO800(7月15日 20:01撮影)

20日ぶりのお月見は存分に楽しめました。
いろいろありましたけど、お月見はいいものですね。のんびり見ていて癒やされました。
そこで一句
「夏の宵 月水金と 酔いしれて」

summer evening
jupiter,venus and moon
enjoy sky watching

これから、再び頑張って撮影して行きますのでよろしくおねがいします。

今回は、読むプラネタリウムの夏編です。

夏の星空案内 (よむプラネタリウム)

野崎 洋子 アリス館 2016-06-20
            売り上げランキング : 110671
                                                              by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

2018年3月4日 金星と水星の大接近

3/4の昼間はいい天気でした。これなら日没後の金星と水星の大接近は問題ないだろうと思い、多摩川浅間神社へ出かけました。
着いてみると、ちょうど太陽が丹沢山系に没するところでしたが、それよりも西の空に雲がたなびいているのが気になりました。
Simgpk8400

日没は17:38なので、金星は間もなく見えてきて、水星は18時頃だろうと思っていたのですが、雲がかかって金星すら見えてこないんですよ。
それでも次第に雲が減り始めたのでそろそろ見えてくるかなぁと目を凝らしていたら、雲の中に光る宵の明星・金星を見つけました!よっしゃー!あの右横に水星がいるはずだから狙いをつけて撮ってみればいい!と撮影したのが、この写真。
なんと、夕焼け雲でボヤーッとした中に水星も写っていました。時間はなんと18時!
予想通りに18時に撮れちゃってビックリ!
Simgpk8440
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 -0.7EV ISO800
(3月4日 18:00撮影)

富士山と金星と水星を撮りたいのになかなか雲がなくならなくてやきもきやきもき。
カメラで見ていて、金星の隣がキラッと光った瞬間を狙って撮影していたのですが、彗星がよく見えないんですよね。
夕焼けの中の金星と水星、そして富士山なんですけど・・・
Simgpk8453
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 -1.0EV ISO1600
(3月4日 18:06撮影)

なかなか富士山と金星と水星がはっきりと分かるように写らないので、それならばと連写して合成してみると、だいぶはっきりと分かるよ魚になってくれました。
1/10秒 F5.6 ISO160 で10枚連写した写真を合成
Simgpk8485_lighten
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F5.6 ±0EV ISO1600
10枚を比較明合成
(3月4日 18:12撮影)

もう一枚合成した写真。
1/10秒 F5.6 ISO160 で10枚連写した写真を合成
Simgpk8548_lighten
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F5.6 ±0EV ISO800
5枚を比較明合成
(3月4日 18:16撮影)

最後に、はっきりくっきりの金星と水星です。どちらが金星でどちらが水星かは見ただけでもわかりますよね。
Simgpk8584
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F6.3 ±0EV ISO800
(3月4日 18:18撮影)

昨日は雲だらけで、最初は雲が多くて、一番いい時に撮影できないの?と心配しましたけど、うまく撮影できました。
明日からは雲が多い天気が週末まで続いて姉妹そうなので、ほんとに一番接近する今日撮影できてほんとに良かったです。
そろそろ近所で月が見えてくる時間なので、お月見に行ってきます。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

2018年1月 月齢25.6 今日もまた月・火・水・木・土

13日の夜明け前は水星と土星の大接近!
今朝も5時半に起きて林試の森に行ってきました。
まずは昨日同様月と火星と木星です。
1日で随分離れちゃいましたね。
Cimg7621
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1秒 F5.4 ±0EV ISO400(1月13日 6:00撮影)
月齢25.6

細くなった月の地球照です。
Cimg7625
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月13日 6:00撮影)
月齢25.6

細くなったお月様です。
Cimg7626
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/200秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月13日 6:01撮影)
月齢25.6

さてさて、注目の水星と土星を見に神変大菩薩前へ。
昨日のように雲は広がっておらず、確認していた付近に迷うことなく水星を発見!今朝は肉眼で確認できました。やはり昨日はうっすらと雲があって見にくかったようです。
水星のすぐ横には土星も見えました。
火星と木星ほどではないけど、これは近い!
Cimg7631
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月13日 6:03撮影)

帰り途中の駅前で日の出間近のお月様を撮影しました。
Cimg7679
駅前にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/60秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月13日 6:40撮影)
月齢25.6

火星と木星の大接近に続いての、水星と土星の大接近!
1月前半の山場が過ぎました。
後半は皆既月食に向けた準備をしましょう!

今回は、現役プラネタリウム解説者と、日本を代表する天体写真家による世界で一番やさしい星座解説の本の冬編をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2018年1月12日 (金)

2018年1月 月齢24.6 彼は誰時の月・火・水・木・土

13日の水星と土星の接近に備えて今朝は5時半に起きて目黒不動まで出かけて、水星・土星が見えるかどうかの確認に行ってきました。
まだ真っ暗な空はいい天気で星がたくさん見えていました。
まずはお月様ですね。
明け方のお月様びは星が付き従っていました。
月姫が彼は誰?と問うので、見やすき者は木星、暗き者は火星にござりますると教えて差し上げました!
Cimg7579
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/2秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月12日 6:00撮影)
月齢24.6

どちら様かと思えば、顔見知った方々でしたか。安堵いたしましたと、アルカイックスマイルのお月様です。
Cimg7584
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/250秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月12日 6:02撮影)
月齢24.6

さてさて、注目の水星と土星はどこかいな?と神変大菩薩前へ。
ムム!微妙に雲が広がっていて見えるのか?と探すも肉眼では確認できず(目が悪くなった?)。
とりあえずカメラでズームして液晶画面で探してみると、水星と土星を発見!
ヨッシャ~!と狙いを定めて激写!
うまい具合に怪しい雲の上(水星)と下(土星)に分かれてくれていました。
間は天の川じゃないですよ!
Cimg7590
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月12日 6:06撮影)

お参りしないで水星・土星探しをしてしまったので、無事に見られたお礼にお参りを済ませて、帰る前に境内からお月様を一枚。
月のすぐ横に星が一つ見えてますよね。
上の写真では見えなかったので、月の影から抜け出てきたんですよ。
Cimg7609
目黒不動にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/5秒 F5.9 ±0EV ISO400(1月12日 6:20撮影)
月齢24.6

明日の朝の水星は今朝よりも高度を下げて土星の横に並んでいます。
かなり低い位置ですので東寄りの空の開けたところでご覧ください。
15日には月齢28の極細の月が近づいて、月・土星・水星の順に見られます。水星がかなり低くなっているので、目黒不動で見られるかかなり微妙ですけど、見に行ってみなければはじまりませんからね。頑張ります!

今回は、月学。

月学

        稲葉 茂勝 今人舎 2017-08-01
        売り上げランキング : 21616
                           by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)

2018年1月 2日 (火)

2018年1月 月齢15.2 十六夜の満月、明け方の火星・水星・木星

昨日の月がスーパームーンなのか、今夜の月がスーパームーンなのか。
今回は大きさ比べは置いといて、今夜の十六夜の月です。
月の出が17時とだんだん遅くなってきましたね。
Simgpk1737
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO200(1月2日 19:21撮影)
月齢15.2

今宵の月はこの一枚。
でも、おまけあり。
まずは、今日の夜明け前に撮影した火星と木星です。
上が火星で、下が木星です。真ん中はてんびん座の恒星です。
Simgpk1628
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月2日 5:29撮影)

そして、今朝、西方最大離角をむかえて、明け方の空に見える水星です。
水星の出は5:08でしたが、実際に見えたのは30分経った5:40を過ぎてから。見やすくなった頃の一枚です。
Simgpk1652
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F6.3 ±0EV ISO1600(1月2日 5:44撮影)

金星と土星は今朝は見えません。でも、10日頃の6時頃だと、土星と水星が接近した様子が東南の低い空に見られそうですので、開けた所で眺めてみて下さい。
目黒不動だと、見えてくるのは6時半頃だから低い空は白んできて見えないでしょうね。

続きを読む "2018年1月 月齢15.2 十六夜の満月、明け方の火星・水星・木星"

| | コメント (3)

2017年1月26日 (木)

2017年1月 月齢27.6 細い細い月と水星

今朝は月の出が5:04ともう夜明けに近くなってきて、見られる可能性があるのも27日の早朝までとなりました。
そんな今日は細い細い月と水星が接近する日。
今日もまた5時過ぎに起きて目黒不動へ。
目黒不動に5時半過ぎに到着して、お参りをして神変大菩薩前ので三脚を準備している間に、月が建物の影から姿を現してきました。角状態の月をと思ったのですが、準備している間に完全に出てきてしまいました。残念。まずは細い細いお月様です。
Simgpf6303
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月26日 5:44撮影)
月齢27.6

ほとんど地球照の月です。
Simgpf6327
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月26日 5:52撮影)
月齢27.6

地球照を撮っている間に水星も現れ、どんどん上ってきました。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6329
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月26日 5:53撮影)
月齢27.6

6時のほんのり朝焼けの空に浮かぶ細い月と水星です。
実際の空に近い感じでお届けします。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6361
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/3.3秒 F5.6 ±0EV ISO800(1月26日 6:01撮影)
月齢27.6

だいぶ明るくなってきた6時11分の朝と夜の狭間に浮かぶ細い月と水星です。
実際の空に近い感じでお届けします。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6388
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F5.6 ±0EV ISO800(1月26日 6:11撮影)
月齢27.6

今日も無事に月も水星も見ることができました。
明日の晦日月ですが、月の出は5:52で、日の出が6:45なので、計算上は見られそうです。
今朝、月が建物の上に見られたのが5:40頃で月の出(5:04)の40分ぐらい後だったことを考えると、見えてくるのが日の出直前となるので、目黒不動で見るのはちょっと厳しそうですね。
ここよりも条件のいいところとなると・・・
明日も足を運んでみますが、おそらく、今日が見納めとなるでしょうね。
今月はたくさん見られたので十分満足です。。

今回は、世界中の「月のある美しい風景」とともに、各国に伝わる月の物語を紹介する一冊をお届けします。

夜空と月の物語

日本星景写真協会,ピーピーエス通信社 パイインターナショナル 2014-08-25
            売り上げランキング : 169984
                                                            by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年1月25日 (水)

2017年1月 月齢26.6 細い月と土星と水星と

今日2つ目の記事は通常のお月さまの記事です。
今朝は月の出が4:14と遅くなり、緑道公園では見やすい状態で月と土星が撮れないし、明日接近する水星の位置も確認したかったので、5時に起きて目黒不動へ。
昨日よりはいくらかまし?という感じでしたが今朝も寒い!
目黒不動に5時半前に到着して、神変大菩薩前ので三脚を準備して、まずは月と土星を撮影。
一日でずいぶんと位置が変わりますね。
Simgpf6230
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
2秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月25日 5:35撮影)
月齢26.6

地球照の部分がはるかに多い月です。
Simgpf6233
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
2秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月25日 5:36撮影)
月齢26.6

肝心の水星は見えてこないかなぁと撮り続け、5:43の写真に建物の上に写っているのをパソコン上で確認。
お届けするのは少し後の5:50の水星の位置がわかりやすくなった写真です。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6253
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F4.5 ±0EV ISO800(1月25日 5:50撮影)
月齢26.6

6時の空です。
実際の空に近い感じでお届けします。
これまで水星を撮影した時は目を凝らして見つけられる程度の明るさだったのですが、今回の水星は6時でも十分肉眼で捉えられるほどの明るさで、ほんとに水星?と思う明るさでした。調べたら-0.2等の明るさでした。明るいわけです。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6273
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/3.3秒 F4.5 ±0EV ISO800(1月25日 6:00撮影)
月齢26.6

水星が見られることが確認できたので、明日の細い細い月と水星との接近は晴れさえすれば見られるとわかりました。
天気は大丈夫なので、あとは起きるだけ。
月が見られると思えばなんとか起きられるので、明日も気合で起きてがんばりますよ。

さてさて、朝のうちに見難い水星も見えちゃったということは、一日で・・・
3つ目の記事を乞うご期待!

今回は、星空に関心のある人のための「星空の入門書」をお届けします。

星空の教科書

早水 勉 技術評論社 2016-12-16
            売り上げランキング : 277870
                                                            by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)