土星

2017年10月23日 (月)

2017年10月 月齢3.5 台風一過の月と富士山

天気が悪い日が続き、夜から朝にかけての台風。
明け方の雨は結構激しかったですよ。久しぶりに台風が来た!という降りで、雨樋から溢れて地面に叩きつけるような音が激しく聞こえてました。
そんな激しい雨も6時前には収まりだし、7時を過ぎるとパラパラと降っている程度になり、お昼前には青い空が広がりました。
今回の超大型の台風は所々で爪痕を残しましたが、大きな被害がでなくて良かったですね。
今日はこれならお月見できるなぁと楽しみにしていました。
前回のお月見は10/10の月齢20の月。天気の悪さと新月をはさんで2週間ぶりの絶好機!
今日は自宅にいました。
そして、25日が多摩川浅間神社でダイヤモンド富士が見られる日なのですが、こんな快晴の日には1日前でも見に行こう!というわけで出かけて、無事に撮れました。山腹ゴロゴロ富士です。
25日は山頂にフタをするように沈みます。
Simgpj0559

太陽が沈めば、もう月は見えるだろうなと、やや南寄りの空を見上げると、武蔵小杉のタワマン群の上に月が見えました。
わかりますか?
Simgpj0731
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F8.0 ±0EV ISO100(10月23日 16:50撮影)
月齢3.5

三日月をちょっと過ぎた細いお月様です。
Simgpj0737
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO200(10月23日 16:50撮影)
月齢3.5

徐々に暗くなる空に静かに佇む富士山と、高度を下げてくる月をのんびりと眺めていました。
暗くなりゆく空の中にもほんのりと赤い部分が伸び、空は一体何色の色を湛えているのでしょうか。
Simgpj0922
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F3.5 ±0EV ISO1600(10月23日 17:18撮影)
月齢3.5

暗くなる空。それでも微妙に幾つもの色が織りなしています。
雲も波打つようでなんとも不思議な空でした。
Simgpj1039
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F4.0 ±0EV ISO1600(10月23日 17:36撮影)
月齢3.6

さらに暗くなると、月の南側に土星が見えました。
明日がランデブーです。
Simgpj1075
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F5.6 ±0EV ISO1600(10月23日 17:47撮影)
月齢3.6

富士山も見にくくなってきたし、最後に地球照を撮って、お月見終了。
Simgpj1091
多摩川浅間神社にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F6.3 ±0EV ISO1600(10月23日 17:49撮影)
月齢3.6

台風とともに秋の長雨も去ってくれるようで、しばらくは雨の心配はなさそうですね。
あとはどの程度雲が広がるか、ってところですね。
少し秋晴れの気持ちいい空が続いてもらいたいものですね。

今回は、おなじみの月のふしぎについての絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2017年8月31日 (木)

2017年8月 月齢9.7 雲間の十日月と土星

今日は台風の影響もあって夜からお昼前まで雨。
その後もまた降るのかと思ったら、降りそうで降らず、薄日もさしたりして意外とお月見できちゃうかも?と、密かに期待していました。
でも、なかなか雲は取れないので、やはりダメかとあきらめムード。
ところが、18時頃、スーパーを出ると、南の空は結構雲が切れて薄く雲がかかっているようではあるものの青空も見えていたので、月は見えないかなぁと見ていたのですが、東寄りは雲が多く見えず。でも、暗くなればもしかしたらという期待が膨らみました。
そして夕食後、外に出てみると、雲はあるものの勢い良く流れているのがわかるので、もしかしたら見えるかも?と緑道公園に行ってみると、思った通り流れる雲の中に月が見えました。今夜の月は十日月です。
Simgpi5095
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F6.3 ±0EV ISO800(8月31日 19:17撮影)
月齢9.7

そんなにスッキリとしていたの?なんて思わないでくださいね。実際は雲だらけの空の中に月が見え、月光環が広がっているほどでした。
Simgpi5118
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/20秒 F6.3 ±0EV ISO800(8月31日 19:18撮影)
月齢9.7

空はこんなに雲が広がっていて、勢い良く流れていて、ときどき大きな雲の塊がやってきて月を隠したりしました。
Simgpi5135

無事に撮れたからいいやと、ぶらりと散歩して戻ってくると、勢い良く雲が流れているのは変わらないものの雲の量が若干減っていて、土星まで見える時があったので、見えるタイミングを狙って月と土星を撮影しました。
Simgpi5174
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO800(8月31日 20:04撮影)
月齢9.7

今回の月廻りは今のところ見られなかったのは1日だけで、見られなそうな雰囲気もありながら、何とかお月見ができています。くもが多いのは前回と同じですけど、今回はツキがありますね。
明日、明後日も台風の影響で天気はパッとしませんがもしかしたら?があるかもしれないので、雨が降っていなければ夜空を見上げてみましょう!

今回は、宮沢賢治の童話をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (4)

2017年7月 7日 (金)

2017年7月 月齢13.3 七夕の夜の小望月と土星、そして夏の大三角

今日はよく晴れて暑い!
そして今日は七夕。
というわけで、ってどういうわけかはおいといて、夕食後に三脚抱えて自転車飛ばして林試の森に行きました。
月も星もよく見える!
久しぶりにいい夜!
小望月もスッキリときれいでしたよ!
Simgpi1055
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(7月7日 19:41撮影)
月齢13.3

今日は月の横に土星がキラリ!
彦星と織姫じゃないけど7/7に出会うなんて運命かも?
Simgpi1081
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F6.3 ±0EV ISO800(7月7日 19:42撮影)
月齢13.3

そして今日は七夕の夜。
織姫と彦星の出会いを邪魔しちゃいけないけど、やはり撮影しない訳にはいきませんよね。
林試の森に三脚抱えてきたのもこのためですからね。
織姫のベガ、彦星のアルタイル、白鳥座のデネブが作る夏の大三角です。
天の川は影も形もわかりません!
クリックして見てくださいね。
Simgpi1118
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
10秒 F3.5 ±0EV ISO100(7月7日 20:13撮影)

梅雨明けしたのかと思わせる空が続いてますよね。
週末も猛暑になる予報です。夜になってもなかなか気温が下がりません。
お月見も楽じゃありませんが、月明かりに癒やされてしばし暑さを忘れましょう。

今回は、宮沢賢治の不朽の名作「銀河鉄道の夜」に込められた、宇宙への飽くなき探究心と深い知識をひもとく一冊をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (3)

2017年7月 6日 (木)

2017年7月 月齢12 入谷朝顔市で十三夜の月、おまけに土星

今日は比較的よく晴れていたし、月の出が16:26なので、17時過ぎには見えてくるのではないかと入谷朝顔市へ。
朝顔市の撮影よりも月がどこに見えてくるかの方が気になって気になって。
ようやく見つけたのが、月の出から1時間近く経った頃。
またうっすらとしていたので朝顔市と一緒に撮ると月が良くわからないので、狙いを変えて、東京スカイツリーと撮影。偶然にも月の出からちょうど1時間でした。
Simgpi0861
入谷にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F7.1 ±0EV ISO100(7月6日 17:26撮影)
月齢12.2

何か朝顔市とわかるものと撮ろうと探して、朝顔市の提灯と月をiPhoneで撮影しました。
20170706_083034051_ios

日が傾き、夕日が差してきたので朝顔市の風景と月が撮れるかなぁと見て回って、一眼とiPhoneで撮り比べて、iPhoneを採用。
20170706_084557803_ios

日没まで待って暗くなったらもっとはっきり朝顔市と月が撮れるだろうと思っていたのですが、このあと怪しい雲がどんどん広がってきて、月に怪しい雲が迫ってきました。
Simgpi0968
入谷にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F5.6 ±0EV ISO200(7月6日 18:21撮影)
月齢12.3

頭の上にも怪しい雲が広がってきたので、建物に避難しておいた方がいいかなと思ったら、ポツポツときて、来たなぁと思ったら、あっという間にザーッと雨が降り出してしまいました。でも、東の空には青空も見え、ビルには夕日が当たっているんですよ。それでも私がいるところは雨が強く降ったり弱まったりしながら降っている状態。変な空でしょ。
20170706_092706464_ios

雨は20分ぐらいでほぼやんだのですが、それでもまだ頭の上は真っ黒な雲。月は全く見えず。何か食べて時間を潰すかなと思ったら、またポツポツと降ってきて、気持ちが切れてしまったので足早に駅に向かいました。
駅についたら少しだけザーッと降ってきました。やれやれ。

地元に着くと、こちらも雨が降ったようで足元が濡れていたのですが、空は水蒸気でモヤッとした感じながらもよく晴れていて月がきれいに見えていました。
一度家に戻って、カメラだけ持って緑道公園に行って撮影。
モヤッとした感じがわかりますか?
Simgpi0991
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO800(7月6日 20:19撮影)
月齢12.4

モヤッとしながらも、明日、七夕に月と出会う土星も見えました。
Simgpi1002
緑道公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/5秒 F4.5 ±0EV ISO1600(7月6日 20:20撮影)
月齢12.4

福岡・大分・広島の大雨もひどいものですね。
今日のゲリラ豪雨もそうですが、今までの基準では考えられないようなことが起きる時代に変化してますね。
雨だからってバカにしないで、十分に気をつけましょう

今回は、宇宙に関する素朴な疑問について写真やイラストで解説する一冊をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年2月22日 (水)

2017年2月 月齢24.9 朝焼け雲と月

今朝もまた真冬の寒さ!それでも寒さこらえて5時半前に緑道公園へ。
見事に晴れた空に月が見えていました。
でも、だいぶ細くなって、東の低い位置になっていました。
Cimg5763
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/250秒 F5.9 ±0EV ISO800(2月22日 5:29撮影)
月齢24.8

地球照と土星を撮ろうと思ったのですが、カメラを置いて撮ろうとすると月が低くて電線や建物に引っかかってしまって撮りにくかったので、ウォーキングして見やすそうな立会緑道沿いの駐車場前に急行!
思っていたとおりに電線も建物のじゃまにならずに見えました。
昨日はあんなに近かった月と土星はもうこんなに離れていました。
Cimg5775
立会緑道にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/2秒 F5.6 ±0EV ISO800(2月22日 5:44撮影)
月齢24.9

地球照です。
Cimg5781
立会緑道にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/2秒 F5.9 ±0EV ISO800(2月22日 5:45撮影)
月齢24.9

グルっと回って林試の森へ。
6時過ぎに林試の森に来ると、空はすでに明るくなっていて、「明るくなるのが早くなったなぁ。ちょっと前は体操始まるチョト前に明るくなってきたぐらいだったのに」という声が聞こえてきました。
そんな声を聞きながら、空に広がる朝焼け雲と月を撮りました。
ギャオスかキングギドラかというように朝焼けに染まった雲が広がっていて、間違いなく天気が下りそうな気配でした。
Cimg5804
林試の森にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/125秒 F3.5 ±0EV ISO125(2月22日 6:13撮影)
月齢24.9

月に迫る朝焼け雲。でも、大きな塊が月にかかることはありませんでした。
Cimg5810
林試の森にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/125秒 F5.4 ±0EV ISO320(2月22日 6:14撮影)
月齢24.9

さてさて、空は曇ってしまいましたね。23日の未明から朝にかけて雨らしいので明日のお月見はお休みになりそうです。
明日のお月見ネタを考えていただけに残念なことになりそうです。
24日は日の出30分ぐらい前までなら見られるかもしれませんが、見つけるのは一苦労かも。
月見の締めくくりをきちんとしたいものですが、はたしてどうなるでしょうか。

今回は、KAGAYAが地球を旅し、全身全霊で向かい合い撮影した星景写真をまとめた写真集。をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年2月21日 (火)

2017年2月 月齢23.8 明け方の月と土星

昨日は20℃近くまで気温が上がり春の暖かさ。でも、今朝は真冬の寒さ!
寒さこらえて5時半前に緑道公園へ。
見事に晴れた空に土星を吊り上げるように月が上ってきていました。
Cimg5733
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/2秒 F5.8 ±0EV ISO800(2月21日 5:26撮影)
月齢23.8

だいぶ細くなった月です。
Cimg5734
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/200秒 F5.9 ±0EV ISO800(2月21日 5:27撮影)
月齢23.8

お月見ウォーキングをして円融寺へ。
円融寺の境内から、仁王門越しの月と土星です。
Cimg5743
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/2秒 F4.1 ±0EV ISO800(2月21日 5:51撮影)
月齢23.9

無事に月と土星の接近を撮影でしました。
この先は月がどんどん細くなり、見える位置も東の空の低いところへと移っていきます。r 日の出の時間も6:20前後とこの1ヶ月で30分早くなったので、どこまで細い月が見届けられるか。
なんとか頑張って早起きしなければ・・・

今回は、これはびっくりの1冊?いや1個?の絵本をお届けします。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年2月20日 (月)

2017年2月 月齢22.9 明け方の二十三夜の月

19日の天気予報では、未明からずっと曇りで夕方前から雨ということだったので、20日の朝は早く起きてもお月見できないなぁと諦めていました。
それでも5時半過ぎに起きて外に出ると、雲がない!改めて天気予報を確認すると、朝のうちは晴れ!これは急いでお月見に行かなくちゃと、着替えて緑道公園へ。
見事に晴れた空に月が浮かんでいました。
Cimg5704
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/4秒 F5.9 ±0EV ISO800(2月20日 5:55撮影)
月齢22.9

木星からだいぶ遠ざかってきたからそろそろ土星に近づくはず。
でも、空が明るくなってきていて、木星のように明るくない土星を見つけるのはちょっと難しく、アプリを頼りに探してみると、かろうじて見える土星を発見!
矢印の先をよく見てくださいね。
Cimg5707
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/200秒 F5.9 ±0EV ISO800(2月20日 5:59撮影)
月齢22.9

晴れが続くかと思えば、雲が出てきました。雲が出てきたなぁと思ったら、あっという間に怪しい雲が西から舌を伸ばすかのように広がってきました。
Cimg5719
緑道公園にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/200秒 F5.9 ±0EV ISO80(2月19日 7:13撮影)
月齢21.9

21日の夜明け前は土星が月の下側に寄り添うように上ってきます。
日の出(6:21)の1時間前ぐらいまでが見やすいでしょう。
明日はもう少し早く出なければ!

今回は、月のある風景をまとめた写真集です。

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)

2017年1月25日 (水)

2017年1月 月齢26.6 細い月と土星と水星と

今日2つ目の記事は通常のお月さまの記事です。
今朝は月の出が4:14と遅くなり、緑道公園では見やすい状態で月と土星が撮れないし、明日接近する水星の位置も確認したかったので、5時に起きて目黒不動へ。
昨日よりはいくらかまし?という感じでしたが今朝も寒い!
目黒不動に5時半前に到着して、神変大菩薩前ので三脚を準備して、まずは月と土星を撮影。
一日でずいぶんと位置が変わりますね。
Simgpf6230
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
2秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月25日 5:35撮影)
月齢26.6

地球照の部分がはるかに多い月です。
Simgpf6233
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
2秒 F6.3 ±0EV ISO800(1月25日 5:36撮影)
月齢26.6

肝心の水星は見えてこないかなぁと撮り続け、5:43の写真に建物の上に写っているのをパソコン上で確認。
お届けするのは少し後の5:50の水星の位置がわかりやすくなった写真です。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6253
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1秒 F4.5 ±0EV ISO800(1月25日 5:50撮影)
月齢26.6

6時の空です。
実際の空に近い感じでお届けします。
これまで水星を撮影した時は目を凝らして見つけられる程度の明るさだったのですが、今回の水星は6時でも十分肉眼で捉えられるほどの明るさで、ほんとに水星?と思う明るさでした。調べたら-0.2等の明るさでした。明るいわけです。
クリックしてご覧下さい。
Simgpf6273
目黒不動にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/3.3秒 F4.5 ±0EV ISO800(1月25日 6:00撮影)
月齢26.6

水星が見られることが確認できたので、明日の細い細い月と水星との接近は晴れさえすれば見られるとわかりました。
天気は大丈夫なので、あとは起きるだけ。
月が見られると思えばなんとか起きられるので、明日も気合で起きてがんばりますよ。

さてさて、朝のうちに見難い水星も見えちゃったということは、一日で・・・
3つ目の記事を乞うご期待!

今回は、星空に関心のある人のための「星空の入門書」をお届けします。

星空の教科書

早水 勉 技術評論社 2016-12-16
            売り上げランキング : 277870
                                                            by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ blogram投票ボタン

| | コメント (2)