天王星

2021年3月17日 (水)

2021年3月 月齢4.0 月と天王星、そして桜とISS(国際宇宙ステーション)

今日の日中は晴れているものの昨日よりも雲が多い空。
でも、天気予報では日が暮れてくると雲が無くなるとのことだったので、首を長くして待っていました。

実際に、日没間際には雲が薄れてきて、月も見えてきました。
Dscf48650
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/110秒 F6.7 ±0EV ISO200(3月17日 17:44撮影)
月齢3.9

今日も日没後にISS(国際宇宙ステーション)が見られます。
今夜は18:54からオリオン座の下の方から現れて、東の空へと長く見られました。
今日は所沢航空記念公園に行って撮影。
その前に、暗くなった空の月です。
Dscf48662
所沢航空記念公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/250秒 F6.7 ±0EV ISO1600(3月17日 18:34撮影)
月齢4.0

今日も地球照を撮影しました。
Dscf48665
所沢航空記念公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1秒 F6.7 ±0EV ISO1600(3月17日 18:34撮影)
月齢4.0

最初は航空記念公園とわかるものとISS(国際宇宙ステーション)を撮影しようと思っていたのですが、例年、他のソメイヨシノよりも早く咲き進むソメイヨシノが、今年も早く咲き進んでいたので、この桜と撮るべく準備をして待ちました。
18:53から撮影を始めたのですが、木の陰に見えた18:54:06から18:56:25までシャッタースピード2秒で撮影した64枚の写真を比較明合成しました。
桜が満開ではないし光があたっていないことに、強風で桜が揺れてることもあって、桜が目立ちませんが、手前の桜はわかると思います。
今年は桜の見頃は来週中になりそうですが、ISSの見頃は今週と月末月初なので、いいタイミングで撮れなそうなので、今日撮れたのが最初で最後?
Iss20210317
路上にて FUJIFILM X-T20+PERGEAR 12mm F2
2秒 F2.0 ±0EV ISO800(3月17日 18:54:06から18:56:25までの64枚の写真を比較明合成)

そして、ISSの通過後、十分暗くなった空で狙ったのは最接近した月と天王星です。
天王星は肉眼ではみつけられませんが、カメラの望遠レンズであれば十分に撮影できます。
Dscf48811
所沢航空記念公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2.5秒 F6.2 ±0EV ISO1600(3月17日 19:09撮影)
月齢4.0

明日もISSが19:41頃に西の空に見えてきて、北の空へと飛んでいきます。
でも、天気予報では夕方から雲が広がり始めるようで、見られるかどうか微妙な状況です。
そのまま週末も曇りや雨っぽいので、今回のISS観測週間は今日で終わりかもしれません。

桜とお月見はどうなるでしょうね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年1月22日 (金)

2021年1月 月齢9.2 思いがけず十日月

今日は天気予報よりも早く午前中から曇りだしてしまいました。
予報ではこのまま曇り空が続いて、明日は午後から雨か雪が降り出し、明後日まで続くとのことだったのでお月見はだめだなと諦めていました。

ところが、日が傾いてきた16時過ぎ、雲間に青空が覗き始めました。
そして、なんと月が顔を出してくれちゃいました!
はじめのうちは雲間になんとかという具合でしたが、どんどん雲が薄れて月がはっきりと!
家に帰り着いてもまだ見えていたのでベランダで撮影会
今日の月は十日月です。
Dscf42895
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月22日 17:57撮影)
月齢9.2

実際には雲が少しずつ増えてきていて、モヤーっとしていました。
それでも、月の西側に火星が見えました。
撮影してみたら、かすかに天王星も写っていました。
Dscf42902
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F4.5 ±0EV ISO1600(1月22日 17:59撮影)
月齢9.2

月を囲むようにヒアデス星団、プレアデス星団(すばる)、火星が位置しているので、レンズを広角レンズに付け替えて撮影。
薄く雲がかかる中でなんとか撮影できました。
Dscf42908
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
2秒 F5.6 ±0EV ISO1600(1月22日 18:02撮影)
月齢8.2

週末は雨か雪が降りそうで、どちらもお月見はお休みになりそうです。
その後も来週は天気が悪そうで、次のお月見はいつになるでしょうね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

2021年1月 月齢8.2 上弦の月と火星・天王星の接近とISS(国際宇宙ステーション)

今日は風は少し気温が上がって穏やかな天気でしたね。

今日は上弦の月。
天文学上の上弦の月は6:02で、南中の時刻が18:01と12時間後というありそうでない日。
そして、その直後の18:09からISS(国際宇宙ステーション)が西の空から現れて北へと向かう予定でした。

月は南でISSは北なので、ベランダからは見えないので、いつものお月見スポットへ出かけて、月見とISSの撮影です。

まずは月。アラームをセットして南中の18:01に撮影した、上弦から12時間後の月です。。
Dscf42680
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月21日 18:01撮影)
月齢8.2

月の北側に火星が見え、火星と月の間に天王星がいました。天王星は肉眼ではわかりませんでしたけどね。
Dscf42687
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1秒 F5.4 ±0EV ISO1600(1月21日 18:01撮影)
月齢8.2

それから急いでレンズを広角レンズに付け替えて、カメラの向きを変えて、カメラの時刻を修正して、試し撮りをしながら画角を決定。
あっという間にISSが見えてくる時間になったので、連射開始。
18:10:50から18:14:36までシャッタースピード2秒で連射した103枚の写真を比較明合成しました。
比較明合成すると見た目よりも多くの星が現れてどれがどの星かわからなくなっちゃいますね。
上の光跡はスターリンク衛星のようです。
右下の2つの光跡は航空自衛隊入間基地を飛び立った飛行機です。
Iss20210121s
路上にて FUJIFILM X-T20+PERGEAR 12mm F2
2秒 F4.0 ±0EV ISO1600(1月21日 18:10:50から18:14:36までの103枚の写真を比較明合成)

今回のISSの撮影には買ったばかりの広角レンズでの初撮影。
ピントが合っているかもよくつかめないまま、とりあえずメモリを合わせて撮影してみましたが、拡大すると星がぼやけているんですよ。
実は老眼で今ひとつシビアに合わせられてないんですよね。
老眼鏡持って撮影に行かないとだめっぽいけど、撮影しにくいなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年1月20日 (水)

2021年1月 月齢7.2 月と火星とISS(国際宇宙ステーション)

今日は風はあるものの昨日ほどの強い風はなく、天気が良かったですね。

今日は17:20に南中を迎える月に向かってISS(国際宇宙ステーション)が南西の空から現れる予定でした。
まずは17時の月です。
この方向にISSだけど、16:56に日の入りなので空は明るく暮れきらない空に見えるかどうか。
Dscf32848
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/20秒 F6.7 ±0EV ISO200(1月20日 17:00撮影)
月齢7.1

月の東側に火星がいるのですが、17時にはわからず。
火星が見えればISSも見えるだろうなと思っていました。
そして、17:20過ぎにISSが上り始める直前、月の左を見るとおぼろげに火星が見えたので、これは見える!と眺めていると、上ってきたISSがかろうじて見え、上るにつれてはっきりわかるようになってきたので、17:22すぎから連射開始。
17:22:38から17:25:02までシャッタースピード1/5秒で連射した181枚の写真を比較明合成しました。
月と火星に沿うようにISSが駆け抜けていきました。
Iss20210120
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
1/5秒 F5.6 ±0EV ISO800(1月20日 17:22:38から17:25:02までの181枚の写真を比較明合成)

それから約1時間後、しっかりと日が暮れてから月を撮影。
Dscf42626
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO200(1月20日 18:16撮影)
月齢7.2

だいぶ接近した月と火星です。
火星の左下に天王星がかすかに写っていますよ。
Dscf42640
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F4.5 ±0EV ISO3200(1月20日 18:19撮影)
月齢7.2

大接近した火星と天王星です。
普段から見ていないのでどれだけ接近したかわかりにくいですけど、望遠の最大ズームで収まっているのですからかなりの大接近ですよね。
Dscf42648
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F6.7 ±0EV ISO3200(1月20日 18:20撮影)

おまけ
プレアデス星団(すばる)です。
Dscf42659
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2.5秒 F6.7 ±0EV ISO3200(1月20日 18:27撮影)

一番明るいおうし座のアルデバランとV字型のヒアデス星団です。
Dscf42669
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2.5秒 F6.2 ±0EV ISO3200(1月20日 18:27撮影)

1/21は月と火星が接近し、その間に天王星が見られます。
1/23はプレアデス星団とヒアデス星団の間に月が見られます。
1/24は水星が東方最大離角となって、西の空の低空ながら水星としては見やすくなります。ただ、目印がないので見つけにくいですけどね。
どれも地味ながら、見る価値はありますよ!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年1月19日 (火)

2021年1月 月齢6.2 弓張月にISS(国際宇宙ステーション)

今日は天気が良かったですけど、木枯らしが一日中吹き荒れていましたね。
今日の18時過ぎにISS(国際宇宙ステーション)が南西の空から、空高くを通過して北の空に消えていくまで長い時間見られる日でした。
今日はいつものスポットでカメラ2台体制でISSが現れる南西側で月とISS、北側でカシオペア座と北極星とISSを狙い、お月見もと思っていましたが、あまりに風が強いので吹きさらしのところではカメラが吹き飛ばされる危険があるため断念。
木に囲まれて少し風が弱められる近くの公園で北の空だけを狙いました。
まずはISS。
18:07に上り始めたISS。
見えてくる方向を見ていると、当初狙っていたとおり、月の方にISSが見えてきていました。
予備に持ってきていたカメラで月とISSを撮影しました。
どれがISSかわかりますよね。
Dscf42226
公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
1/2秒 F2.8 ±0EV ISO3200(1月19日 18:10:16)

そして、北の空へと向かってきたので連射開始。
18:11:20にフレームインしてから18:13:28までシャッタースピード2秒で撮影した59枚の写真を比較明合成しました。
カシオペア座をかすめていくISSです。
写真中央やや下が北極星です。
Iss20210119
公園にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
2秒 F4.5 ±0EV ISO3200(1月19日 18:11:18から18:13:28までの59枚の写真を比較明合成)

家に帰って、レンズを付け替えてベランダから月を撮影。
Dscf42262
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月18日 18:19撮影)
月齢6.2

そして今夜も火星と接近している天王星を撮影しました。
Dscf42270
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F5.6 ±0EV ISO3200(1月19日 18:22撮影)

明日は17:23頃の明るさの残る暮れきらない空で、ISSが南中直後の月の下を通過していきます。
見えるかどうか微妙ですけど、目を凝らせば見えるかもしれませんよ。
さらに、火星と天王星が最接近しますのでズームで狙ってみましょう。
そして、1/21には月と火星が接近し、その間に天王星もいますよ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年1月18日 (月)

2021年1月 月齢5 はっきりとしてきた月と、おまけ

今日は午前中は雲が多かったのですが、お昼ごろから日が差し始めました。
天気予報も悪くなかったのでお月見を楽しみにしていました。
16時前、外に出る用事があったので空を見上げると、雲が流れる中に月が見えました!
安全な場所に移動して月を撮ろうと思って時間を見たら、もうまもなく南中時刻(15:58)だったので、時間を待って撮影しました。
青空の中、南中を迎えた月です。
Dscf42164
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/400秒 F6.7 ±0EV ISO200(1月18日 15:58撮影)
月齢5.1

その後はどんどん雲が薄れてきて、日が暮れる頃には空がスッキリとして月が綺麗に見えていました。
家に帰ってベランダから撮影しました。
Dscf42170
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/100秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月18日 18:25撮影)
月齢5.2

今日も地球照を撮影してみました。近くに恒星が写ってますね。
Dscf42174
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F7.1 ±0EV ISO1600(1月18日 18:25撮影)
月齢3.2

そして、地味ながら今、接近している惑星たちがいます。
それが火星と天王星。
1/20に最接近するのですが、天王星が肉眼ではみえないし、双眼鏡で見ると見えそうなのですが、これといって特徴がないので見えても他の星と見分けがつかないのでわからないかも?
私もとりあえず火星付近を撮影してみて、ステラナビゲーターというソフトを使って、どれが天王星かを確認しないとわかりませんでした。
Dscf42220
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F5.6 ±0EV ISO3200(1月18日 18:32撮影)

週末は雨か雪になるとの天気予報になっていましたが、平日は天気は良さそうです。
明日(1/19)は18時過ぎに南西から北西、そして北の空へと空高くを通過していきます。
そして1/20は南中(17:20)直後の月と火星の近くをISSが通過し、さらに火星と天王星が最接近です。どちらも見られるか微妙ですけどね。
私は今月、暇になっちゃったので狙ってみますよ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

2020年2月 月齢3 細い月と金星、天王星

今日は久しぶりにスッキリと晴れ。でも風が強かったですね。
24日に新月を迎え、ようやくの晴れ。
最初に見つけたのは日の入りが遅くなってまだ明るい17時前の空でした。
Simgpp7958
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F8.0 ±0EV ISO200(2月27日 16:56撮影)
月齢3.7

そしてその月も右上には見にくいけどキラリと光る星が一つ!
そう、宵の明星・金星です。わかりますか?
Simgpp7963
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F9.0 ±0EV ISO200(2月27日 17:09撮影)
月齢3.7

そして、ようやく暗くなり始めた18時過ぎの空。
金星もきれいに輝いていました。
Cimg14737
駐輪場にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/20秒 F5.9 ±0EV ISO1600(2月27日 18:02撮影)
月齢3.7

ちょっとだけ月の輪郭も写った細いお月様です。
Cimg14738
駐輪場にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/20秒 F5.9 ±0EV ISO1600(2月27日 18:02撮影)
月齢3.7

そして家に帰ってベランダからお月見。
シャープなお月様です。
Simgpp7968
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F6.3 ±0EV ISO200(2月27日 18:23撮影)
月齢3.7

月と金星です。
Simgpp7972
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F5.6 ±0EV ISO1600(2月27日 18:28撮影)
月齢3.7

そして、肉眼ではわかりませんが、月と金星にもう一つ、天王星が近づいていました。
28日がこの3つの星が最も接近するんですけど、28日は夕方から曇ってきそうで見られなそうなので今日撮影してみました。
天王星が確認できるぐらいまで調整してみましたがわかりますか?
Simgpp7982
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
アストロレーサー使用
10秒 F5.0 ±0EV ISO200(2月27日 18:28撮影)
月齢3.7

久しぶりにお月見できました。
新型コロナで不安が広がっていますね。
私も不要不急の用事ではなかったので都内での用事を延期してしまいました。
マスク無しで山手線の満員電車はさすがに・・・
まぁ、ちょっと気持ちを落ち着けて夜空を見上げてみませんか?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年2月 1日 (土)

2020年2月 月齢7 月と梅、天王星、月面X、月面V

2月はスッキリとした晴れからの始まり。
月も早くから見えていたので、所沢航空記念公園に梅と月を撮りに出かけ、たくさんお届けする予定でしたが、今日は盛りだくさんになったのでちょっとだけ。

まず青空の月です。
Simgpp5699
所沢航空記念公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO100(2月1日 14:46撮影)
月齢7.3

紅梅と月です。
Simgpp5766
所沢航空記念公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F20 -1.0EV ISO200(2月1日 14:51撮影)
月齢7.3

そして日が暮れてからの月です。
Dscf20680
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月1日 18:19撮影)
月齢7.5

今日は、先日の海王星に続いて、太陽系で2番目に遠い惑星・天王星が月の近くに来ているので撮影してみました。
肉眼では全くわからないのでちょっと長めに撮影して画像処理をしてわかるようにしています。
Dscf20694a
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F5.8 ±0EV ISO3200(2月1日 18:25撮影)
月齢7.5

さらに今日はチャレンジするものが20時頃にありました。
それが月面X、月面V。
撮ってはPCに取り込んで確認、撮っては確認。そんなことを何度も繰り返しました。
まずは撮影した月の写真です。
Dscf20834
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO640(2月1日 20:24撮影)
月齢7.5

この写真を拡大してみると、月面Xが確認できました。
写真をトリミングして、向きを変えて、荒くならないギリギリまで拡大してわかりやすくしてみました。
確認していたら月面Vに月面L?も見えているようなんですけど、果たして?
Dscf20835

いや~、写るもんですね~
写ることがわかったのでこれでまた一つ楽しみが増えました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年9月18日 (水)

2019年9月 月齢18.2 まさかの寝待月と天王星

今日は日中はいい天気だったのですが、夕方から雲が広がり始めました。
月の出(19:37)の頃が一番見られる可能性があるかなと思いつつ、夕飯を食べ、片付けていたら20時過ぎ。この時にベランダに出てみたのですが、月の位置は公園の木の後ろ。雲がそれほど厚そうではなかったので、このまま上ってきたら見られるかもと、風呂に入って洗濯をしているうちに雲が増えていました。天気予報、当たってるじゃないか!
洗濯中もずっと気にして見ていたのですが全く見えず。
ところが、洗濯を終えた21時過ぎにベランダに出てみると、木の陰から抜け出したちょっと上に月が見えたんです。
ヤッター!とカメラを取って戻ってくると、すでに雲の中に入ってしまって、月明かりが感じられる程度でした。しばらく眺めていたのですが、どんどん雲が増えて月明かりも薄れていったので今日のお月見は大失敗!と、この時点では思っていました。
Simgpo3832

日付が変わり、さて寝るか。
と、その前に雲の中に月明かりぐらいは見えないかとベランダに出てみると、なんと、雲がなく晴れてるじゃないですか!そして月どころか周りの星も見えてる!
一体何?今日もまたお月様が声をかけてくれた?
カメラを取って出て撮影開始。
こんなにスッキリ寝待月です。
Simgpo3836
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(9月18日 0:12撮影)
月齢18.2

これだけ撮影して寝ればいいのですが、確か天王星が月の近くにいたよなと、アプリで確認すると、月の左上に接近。それならば、簡易赤道儀のアストロレーサーの出番だと、準備開始。
肉眼では天王星は見えないし、月が明るいのでうまく写るかわからないけど、チャレンジ!
シャッタースピードや画角を変えつつ20枚ほど撮影しました。
撮影してもカメラの液晶ではよくわからず。
パソコンに取り込んで一枚一枚確認して、良さげな写真をピックアプしてちょっと処理。
少し星がわかりやすくなるように処理した写真がこちら。
Simgpo3840a
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
20秒 F13.0 ±0EV ISO200(9月18日 0:18撮影)
月齢18.2

これでは何がなにかわかりませんよね。
そこで、カメラの画角をステラナビゲーターで再現してみたのがこちら。天王星がわかるようにしています。
Chart20190918

この図と見比べてみて天王星を発見!
上の写真ではわかりにくいので、トリミングしてわかるようにしてみました。
さぁ、これでわかりますか?
Simgpo3840aa

さらに、わかるように名前を入れてみました!
これでどうですか。
Simgpo3840aaa

都内で天王星を撮影したことも、それよりも遠い海王星を写したこともあるので、天王星は写るとは思ってたんですよ。
ただ、月明かりに負けやしないかと心配したのですが、なんとか写ってくれました。
いいぞ、アストロレーサー!

そして今朝。
天気予報では朝から天気が悪そうだったので、朝のお月見はだめかと思っていたら、雲間に月を見つけてしまいました!
しかもベランダのひさしにかかるギリギリのところでした。
Simgpo3866
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/320秒 F6.3 ±0EV ISO100(9月18日 7:05撮影)
月齢18.5

いや~、月があった夜で、天王星まで撮影できていい夜でした。
さて、今夜は難しそうですが、明日の朝方には天気が回復しそうなので朝のお月見に期待です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2019年2月14日 (木)

2019年2月 月齢9.5 十日月とアルデバラン・ヒアデス星団

ここのところ雲が多い空が続いていますね。
今日は晴れているものの雲が多い空が昼過ぎまで続いていました。
今日も雲が多い中でのお月見になるのかなぁと思っていたら、夕方にはスカッと晴れてくれてきれいに月が見えていましたね。
家に帰って、ベランダから空高くに輝く十日月を撮影しました。
Simgpn0600
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月14日 18:20撮影)
月齢9.5

月の近くにおうし座のアルデバランが光っていました!
Simgpn0617
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/10秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月14日 18:22撮影)
月齢9.5

撮影をしていたら、飛行機の音が聞こえてきたのでどこだ?と探すと、まっすぐに月に向かって飛んでいるじゃないですか!
月の上に来るかも!とシャッタースピードを早くして連写していたのですが、月のわずか下を通過していきました!残念、とこの時は思いました。
Simgpn0633
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月14日 18:23撮影)
月齢9.5

飛行機が通過した後、なんと両翼のエンジンから飛行機雲ができていて、それが流れて月にかかったので、シャッタースピードを遅くしてなんとか撮影しました。
月を貫く飛行機雲です!
Simgpn0645
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/2秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月14日 18:23撮影)
月齢9.5

昨日大接近していた火星と天王星。
今日、アストロレーサーを使って頑張って撮影してみました。
ちょっとピントが甘かったですね。
Simgpn0657
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR + アストロレーサー
20秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月14日 18:32撮影)

アストロレーサーを使っているなら、月の近くに見えるアルデバランとその付近のV字形したヒアデス星団、そしてちょっと離れたプレアデス星団(スバル)も撮ってみました。
Simgpn0673
ベランダにて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR + アストロレーサー
10秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月14日 18:40撮影)
月齢9.5

久しぶりの晴れで気持ちよくお月見できました!
火星と天王星はこの先どんどん離れていくし、明日は曇り空っぽいのでいいタイミングで撮れて良かったです。
さてさて、19日の18時3分頃に月が地球に約35.7万kmまで最接近して、約7時間後の20日0時54分頃にちょうど満月となります。つまり「19日の宵から20日明け方」にかけての満月がスーパームーンというわけです。
最小の満月は9月14日の満月。見た目ではわかりませんが、写真に取れば比べられるので比べたいですよね。
ところが、天気予報では19日は曇り一時雨と、最悪の予報になっています。
なんとか月が見られる程度に回復してくれるといいですね。

| | コメント (2)