月暈

2018年2月 2日 (金)

2018/1/31 皆既月食

無事に見られた皆既月食!
欠け始めからほぼ5分おき(一緒に見ていたご婦人と話をしていてちょっと遅れたりも)に撮影して、終わってみれば500枚以上の写真を撮影。
皆既月食中に雲がかかって戻るところは見られない?とヒヤッとさせられました。
Simgpk4949

皆既月食の最中から雲が広がりだし、後半は雲との戦いとなり撮影にかなり苦労しました。
月食が終了予定だった0時11分頃には雲で見えなくなり、また現れるというハプニングもありましたが、なんとか全て撮ることが出来ました。
撮影した中からマシなものを選んで、だいたい同じ位置に来るようにトリミングして、動画にしてみました。

まずは赤銅色がわかるように撮影した写真で欠け始めからもとに戻るまでを動画にしました。

暗い部分を暗くして皆既月食のときだけ赤銅色を残したバージョン。

この夜は月食にとどまらず、日付が変わろうとしている時、月食が終わろうとする月を包み込むように月暈が現れたんですよ!
撮影したのは2/1 午前0時です!
Simgpk5151

濃くなったり薄くなったりしながら数分間見られたので何枚も撮影。
もう少し見やすい暈です。
Simgpk5159

この後、どんどん雲が増えてきて、終了の瞬間は完全に雲の中でした。
終了してからまたボヤーッと現れましたが月の形ははっきりしない状態だったんですよ。
でも、始めから終わりまで十分楽しめましたよ。
さて、今年は皆既月食がもう一度あるんですよ。
でも、明け方です。
東京では7/28 3時半頃に欠け始め、4時半頃に皆既月食となりますが、月の入りが4時47分、日の出が4時45分なので観測条件はあまり良くありません。
南西から西が開け、地平線付近まで見られるところでないと見るのは難しいでしょう。
この時間では高層ビルに上がることも出来ませんから、私が今住んでいるところ付近では非常に難しい状況です。
もしかしたら引越ししているかもしれませんし、さてさて、どこで見ることになるのでしょうね。

 

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (3)

2017年12月30日 (土)

2017年12月 月齢12 十三夜の月と思いがけず月暈

今日は仏壇の掃除をしてから家中に掃除機をかけてと思っていたら、これいらないな、これもいらないなと始まって、10時頃から始めたものの、昼食をちょっとはさんでようやく15時半に終了!
腰が痛い!
一息入れてから、ちょっと足りないものと夕飯の買い出しに家を出たら、家の前でご近所さんと会って立ち話。なんと30分も!
この30分ですっかり忘れてしまったのが、今夜のお楽しみ。
でも、買い物中に気がついて、早く帰って食事して準備しなきゃ!と夕飯の買い出しだけして帰宅。
ちょっと早めに食事をして、18時半過ぎに家を出て19時ちょっと前に林試の森着!
三脚にカメラそして、久しぶりにアストロレーサーを準備。
マスは十三夜の月を撮影。
Simgpk1060
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(12月30日 19:18撮影)
月齢12.2

アプリを頼りに方向を決めて何枚か撮影した中から、今夜の目的が分かる写真をピックアップしてトリミングしました。
どれが目的かわかりますか?
Simgpk1061
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
10秒 F4.0 ±0EV ISO200(12月30日 19:19撮影)
月齢12.2

上の写真に書き込んでみました。
プレアデス星団(すばる)と牡牛座のアルデバランとその横にV字に並んだヒアデス星団です。
普通は月が近い時には見にくくて撮りませんが、いい目安になるのであえて撮影しました。
今夜は月明かりで見にくいだけでなく、うっすらと雲が広がってきた影響もあって空が白っぽくて、肉眼でもなんとか見えるプレアデス星団が見えなかったんですよ。
Simgpk1061a

さらに雲が広がってきたなぁと空を見上げながらプレアデス星団の撮影にチャレンジしていたら、なんと月の周りに丸く輪が見えたので月を中心にその輪を撮影。
なんと月の暈(月暈)が見えました。
こんなにはっきりと肉眼で確認できたのは初めてのこと!
林試の森に今年最後の撮影に来た甲斐があった!
Simgpk1068
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F4.0 ±0EV ISO100(12月30日 19:26撮影)
月齢12.2

この後、雲が厚くなりはじめて、今夜はもう終わりかなぁと見上げていたのですが、少し雲が薄れたので、月とプレアデス星団の撮影にチャレンジ!
上の方にプレアデス星団(すばる)が写っていますよ。
Simgpk1097
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
10秒 F5.6 ±0EV ISO100(12月30日 19:43撮影)
月齢12.2

プレアデス星団に狙いをつけて撮影。よく分かるようにトリミングしました。
Simgpk1103
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F4.0 ±0EV ISO100(12月30日 19:46撮影)

十三夜の月の左下のアルデバランとヒアデス星団です。

Simgpk1105
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F5.6 ±0EV ISO100(12月30日 19:47撮影)
月齢12.2

今ひとつはっきりしなくなっていた暈がまたはっきりと見えてきたので月暈を撮影しました。
Simgpk1109
林試の森にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR +アストロレーサー
20秒 F4.5 ±0EV ISO100(12月30日 19:50撮影)
月齢12.2

もう少し広角のレンズに変えればもうちょっときれいに暈が写るのでは?と見えているうちに帰ってまた出かけようと大急ぎで帰って、広角レンズに変えて緑道公園に行ってみたのですが、雲が増えてしまって暈ははっきり見えなくなっていたので撮影を断念。
明日は曇りの予報なので、このまま雲が厚くなっていきそうな雲行きです。
さて、大晦日のお月見はどうなるでしょうね。
大晦日に見えなくても、新年になってから見られるかもしれませんよ。
さて、月を待ち望むか、初日の出に備えるか、大問題ですね。

今回は、来年の月の満ち欠けがわかる本を紹介します。

月のこよみ 2018: 365日の月の満ち欠けがわかる

相馬 充 誠文堂新光社 2017-10-05
売り上げランキング : 17324
by ヨメレバ

励みになるのでポチッと押してくれると嬉しいです
 にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (2)