北野天神社

2021年3月24日 (水)

2021年3月 月齢11.0 北野天神の桜と月

今日も晴れてくれましたね。
今日は日没後に、小手指にある北野天神に行ってきました。
この神社はこじんまりと氏子の方などが中心となって本殿前の桜をライトアップしていて今年で3回目。
そう、私が引っ越しした直後の春からライトアップをしていて、初めて訪れた時に準備をされていて、よかったら見に来てくださいと声をかけられ、これが縁で毎年足を運び、12月には一緒にISSも見たりしました。

桜のライトアップは「夜桜あかり」と名付けられています。
Dscf49799

日没後の月はもう頭の上。
Dscf49728
北野天神社にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/250秒 F6.7 ±0EV ISO400(3月24日 18:32撮影)
月齢11.0

桜と月を御覧ください。
Dscf49768

Dscf49810

Dscf49918

Dscf49786

お先に失礼しますと声をかけて、帰ろうとしたのですが、月を見上げると、月の周りに丸く月暈が広がっているじゃないですか!
これは撮らないとと、仕舞ったカメラをまた取り出して、月を見上げて撮影するのですが、なかなかはっきりと暈が写ってくれない!
そうこうしているうちに暈が薄れてきて大慌て。
なんとか撮影できた月暈です。
わかりますか?
Dscf49935
北野天神社にて FUJIFILM X-T20+PERGEAR 12mm F2
1秒 F2.8 ±0EV ISO3200(3月24日 19:55撮影)
月齢11.0

桜と月を撮影するなら、満月までの月が早い時間に見やすい高さに来るのでおすすめです。
つまり、週末頃までが絶好の機会です。
少し雲が多そうですが、楽しんでみてください。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年12月 7日 (月)

2020年12月7日 北野天神社でISS(国際宇宙ステーション)

12月になり土曜日から見にくい条件ながら日没後のISS(国際宇宙ステーション)観測週間が始まっています。
そして今日12/7は北の空に上っていくISSが非常に見やすい条件でした。
北の空ということは、よく行く小手指にある北野天神社の本殿の後ろというか上空というかに見える!
前日の昨日(12/6)に実際に飛行ルートを確認に行ってきました。
そして、SpacestationARというアプリを使って確認し、スクリーンショットを撮影しました。
Img_8290

この図をインスタグラムにアップしたところ、4人の方が見に来られました。
というよりも、北野天神社の氏子の方々で、さらに本殿前の千木などを組まれた方などで、私などよりも北野天神にはゆかりの深い方々でした。
ただ、一眼はもってきたものの使い方がよくわからないということだったので、細かな設定をしてあげて、一緒に見えてくるのを待ちました。
そして、ISSが見えて来る時間になって撮影開始。

17:53:14から17:54:52までシャッタースピード2秒で連射した45枚の写真を比較明合成しました。
飛行機がやたらとたくさん北の空へと飛んでいました。
Iss20201207
北野天神社にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
2秒 F4.0 ±0EV ISO1600(12月7日 17:53:14から17:54:52までの45枚の写真を比較明合成)

写真をつなぎ合わせてGIF動画にしてみました。
Iss20201207_20201207224501

予測図を見ても、動画を見ても、北極星の近くを通過していますよね。
というわけで、北極星の付近をトリミングしてみました。
かなり接近して見えました。
Iss20201207crop

「初めてみた!」「あんなに明るいのね!」「写真に撮れた!ISSを撮ったんだよと自慢しよ!」など賑やかに、楽しく眺めることができました。

次に見やすいのは12/9の18時前。接近している木星と土星の方向のはるか上空を北から南へと通過していきます。
ただ、9日の天気は今ひとつなので見られるかどうか。はたして?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)