連続写真

2021年3月29日 (月)

2021年3月 月齢15 ボヤーッと立待月

午前中は青空が広がっていたのですが、午後になると晴れてはいるものの、うっすらと雲が広がっているような空で、ちょっともやっとしていました。
これなら月の出から十分お月見できるなと思っていました。
今日の月の出は18:34なので、これなら月の出から追いかけられると、いつもの場所に行きました。
月が見えてくる方向にカメラを準備して待ち、10分ぐらい経てば建物の上に見えてくるだろうと思っていたのですが、18:45を過ぎても月が上ってきている気配がない!
気がつけば18:50!
雲が広がってて見えないってこと?
でも、目を凝らしてみていると、ボヤーッと明るいところが見えてきました。
月はあそこか!
思っていたよりも南寄りだったので、カメラの向きを修正して、カメラの設定を調整して一台は連続撮影開始。
もう一台で月を撮影。
かすかに見えていただけでしたが、少し明るめに撮影したボヤーッとした立待月です。
Dscf50041
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/5秒 F6.7 ±0EV ISO3200(3月29日 18:52撮影)
月齢16.0

次第に月の形がはっきりとしてきて一枚。
Dscf50058
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/10秒 F6.7 ±0EV ISO3200(3月29日 18:58撮影)
月齢16.0

月の出から1時間後、19:34の立待月です。
Dscf50144
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/25秒 F6.7 ±0EV ISO640(3月29日 19:34撮影)
月齢16.0

そして連続撮影した写真です。
18:52:54から19:40:22まで2分30秒間隔で撮影した20枚の写真を比較明合成しました。
最初のサッタースピードでは月が全く写らなかったので、少し遅めにしたら、後半は明るすぎましたけど、月のクレーターが見えたり見えなかったりしているので、雲のかかり具合の変化がわかると思います。
Moon20210329
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F5.6 ±0EV ISO1600(3月29日 18:52:54から19:40:22まで2分30秒間隔で撮影した20枚の写真を比較明合成)

この先は雲が多そうな空のようですね。
これから少しずつ細くなっていく月を見られるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年3月15日 (月)

2021年3月 月齢1.9 桜咲いた日の三日月

3/13に新月をむかえ、新たな月巡りが始まりました。
3/14は日の入りが17:48で、月の入りが18:30なのでぎりぎり見られるかなと思いましたが、さすがにちょっと無理でした。
3/15は日の入りが17:49で、月の入りが19:28なので十分に見られる三日月です。

と、その前に、3/11に広島で桜の開花宣言が出て、3/14には東京でも開花宣言が出ましたね。
埼玉はちょっと寒いからまだだろうと思ったら、今日、おなじみ所沢航空記念公園に行ってみると、あちらこちらでソメイヨシノが咲いていました。
勝手に所沢に開花宣言!
Dscf48448

今日の三日月は日の入り過ぎには見られるだろうと18時過ぎにいつもの場所へ。
暮れ始めた空に細い三日月が浮かんでいました。
月がわかりますか?
Dscf48469
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
1/60秒 F4.5 ±0EV ISO640(3月15日 18:07撮影)
月齢1.9

三日月です。
Dscf48471
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/100秒 F6.7 ±0EV ISO1600(3月15日 18:08撮影)
月齢1.9

直前まで風が強かったので三脚を持っていかなかったのですが、月が見えだしたら風がやんだので、これならと一度家に帰って三脚を持って戻りました。
三脚でじっくりと地球照を撮影しました。
Dscf48475
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/5秒 F6.7 ±0EV ISO1600(3月15日 18:24撮影)
月齢2.0

この後、18:30から沈みゆく三日月を2分30秒間隔で19:10に低くなって見にくくなるまで撮影し、いつものように比較明合成しました。
Moon20210315a
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
3月15日 18:30~19:10まで撮影
月齢2.0

連続撮影後、少し移動して、ぎりぎり見える三日月を撮影しました。
茶畑のファンに吹かれる三日月です。
Dscf48519
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1秒 F6.7 ±0EV ISO3200(3月15日 19:13撮影)
月齢2.0

桜も咲き始めたので、咲き進んで月と桜が撮りたいですが、うまくいくでしょうか!
そして、16日から日没後のISS(国際宇宙ステーション)観測週間が始まります。
17日、18日、19日、21日です。
特に、18日と19日は月の方角から上ってくるので一緒に見られますよ。
https://lookup.kibo.space/
で、ご覧になる場所の情報を確認してくださいね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年2月28日 (日)

2021年2月 月齢16.6 上りゆく立待月

今日はよく晴れてましたね。
これなら今日も月の出(18:36)から追うぞ!と意気込んで、いつもの場所に出かけました。
今夜も上る月を連続撮影しようと、昨日見えた位置とアプリの方向から見えてくる位置に検討をつけて準備して、見えてくる前から連射開始。
そろそろ見えてくるかなと付近を歩いていると、予想していた位置よりもさらに南寄りの位置の家の影に見えていてでびっくり。
カメラの位置に戻って確認すると、携帯のアンテナのすぐ近くから上ってきていましたが、見やすい位置にカメラを動かしている余裕はないので、やむを得ずカメラの向きだけを変えて撮影続行。
連続写真は今回の最後で。

見えてきた位置で別のカメラで撮影。
月の出から8分後の上りたての立待月です。
潰れているように思いませんか?
Dscf47292
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/50秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:44撮影)
月齢16.6

それからわずか1分後の立待月です。
Dscf47309
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/25秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:45撮影)
月齢16.6

ところが、スッキリとした夜空というわけではなく、月がぼんやりはしませんでしたが、周りに雲が増えてきていました。
Dscf47361
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/5秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:58撮影)
月齢16.6

月の出から1時間後(19:36)の月です。
だいぶ雲が薄れてきていましたが、まだ雲がかかっていました。
Dscf47504
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/50秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月28日 19:36撮影)
月齢16.6

18:43:34から19:43:34まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成しました。
昇る月の色の変化もわかりますが、ところどころで雲が増えて月にかかっている様子もわかると思います。
Moon20210228
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F5.6 ±0EV ISO400(1月30日 18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成)

おまけ
3/4に最接近する火星とプレアデス星団と牡牛座のヒアデス星団を撮影しました。
名前は入れてませんがわかりますよね。
Dscf47260

今日で2月も終わり。
あっという間に2ヶ月終わっちゃいましたね。
今月のお月見は雲があったりしましたけど意外とたくさん見られましたね。
さくらが咲き出す3月のお月見はどうなるでしょうね。
桜と月を楽しめるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年2月27日 (土)

2021年2月 月齢15.6 晩冬の十五夜

今日は晩冬の満月。
月の出は17:27。
月の出直後から追いかけようといつもの場所へ出かけました。
早くても17:40頃からかなと思っていたら、月の出からわずか5分後の17:32には見えてきていました。
まずいまずい、まだ準備が終わってないのにと急いで準備をして慌てて撮影開始。これが失敗の元!
17:34:30から2分30秒間隔で撮影開始。
途中で、カメラの設定を間違えてシャッタースピード固定ではなく、オートで撮影していることに気が付きましたが、時すでに遅し。
でも、30分間だけ撮影して、合成して少し暗めに修正しました。
Moon20210227s
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
2月27日 17:34~18:04まで撮影
月齢15.7

もう一台のカメラで上りたての満月を撮影しました。わかりますか?
Simgpq5930
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月27日 17:36撮影)
月齢15.6

それから10分後の満月です。
Simgpq5969
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月27日 17:46撮影)
月齢15.6

連続撮影を終えて、片付けてから1枚。
Simgpq5992
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月27日 18:16撮影)
月齢15.6

家に帰ってベランダでお月見と思ったら公園の木の陰で見えなかったのでのんびり待って、夕食を食べ終えてから撮影しました。
Dscf47255
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/1000秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月27日 20:21撮影)
月齢15.7

明日で2月も終わり。
2月の最後も晴れるようなので、日没後に上ってくる月を見て、気持ちを落ち着けて3月を迎えましょう。
桜の季節まであと少しですからね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

2021年2月 月齢1.6 極細の既朔の月

月は2/12に新月を迎え、新しい月巡りを迎えました。
そして二日目の今日は既朔。
月の入りが18:43で、日の入りが17:21と、1時間以上の差があるので、十分に見られます。
日の入り直後から確認しようと思っていたのですが、買い物に行っていてちょっと出遅れ、17:40頃にいつものスポットに到着。
カメラを準備しながら探すと、意外にもすでにはっきりと極細の月が見えていました。
夕暮れ迫る空の既朔の月です。
Dscf45863
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/15秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月13日 17:39撮影)
月齢1.6

この後、沈んでいく月を2分30秒間隔で8枚撮影して、合成してみました。
最後の月の時は暗くなっていましたが、その前の明るい空が勝ってしまいました。
Moon20210213a
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/10秒 F6.0 ±0EV ISO400(2月13日 17:46:22から18:03:52までの8枚の写真を比較明合成)
月齢1.6

さらに、その後、4枚撮影して合成しました。
Moon20210213s
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/2秒 F6.7 ±0EV ISO1600(2月13日 18:06:48から18:16:48までの5枚の写真を合成)
月齢1.6

新たな月巡りが始まりましたね。
月は概ね、次のように移動します。
2/18,19と火星の東側を通過して、プレアデス星団に接近
2/20にはヒアデス星団に接近
2/21~23は冬のダイヤモンドの中を通過
2/26には獅子座のレグルスに接近
3/2には乙女座のスピカに接近、
3/5~7日は明け方の空でさそり座の東側を通過
3/10は日の出間際の東の低空で土星と接近、地平線が見えるところなら木星と水星も見えるかも?
どれだけ見られるでしょうね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年1月30日 (土)

2021年1月 月齢17.2 のんびりと居待月

今日は風がちょっとあるものの一日中いい天気で絶好のお月見日より。
今日の月の出は18:37!
風も弱くなったし、これは月の出から追いかけよう!と、いつもの場所に出かけました。
月の出から10分後ぐらいからだろうと思って、カメラをセッティングしてフラフラしていると、月の出から5分もしない時に、準備していたところとは少し違うところの屋根の隙間に見えてきていたので急いでカメラを動かして連続撮影開始。
コンデジで、上りたての居待月を撮影しました。
Cimg16636
路上にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/4秒 F5.9 ±0EV ISO800(1月30日 18:42撮影)
月齢17.2

月がちゃんと見えるようになったところで撮影。
右上は欠けてきていますけど、少し潰れて見えますよね。
Cimg16647
路上にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/25秒 F5.9 ±0EV ISO800(1月30日 18:46撮影)
月齢17.2

月が見えてからの連射はお決まりのインターバル撮影で月が上っていく様子を撮影しました。
18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成しました。
上っていく月の色の変化がわかりますね。
でも,ところどころで微妙に月の位置がずれてますよね。
触ってずれたのであれば、ずれたところからすべて同じはずだだから、シャッターの振動なのか、他の影響か。
Moon20210130
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F5.6 ±0EV ISO400(1月30日 18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成)

撮影を終えて居待月を撮影。
Simgpq5606
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(1月30日 19:50撮影)
月齢17.2

家に帰り、食事をして、撮影した写真をパソコンに取り込んでから、ベランダで再び居待月を撮影。
Dscf44604
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/500秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月30日 21:37撮影)
月齢17.3

昼間は日が差して寒いということはなかったのですが、日が沈むと急速に冷え込みます。
19時台でも寒いのなんの。
使い捨てカイロを持っていってはいましたけど、手袋していても手はかじかむし、足先は冷えるし、夜の屋外での撮影はこたえますね。
徐々に月の出が遅くなって、明日は19:44。
見られるのも完全に夜ですので、しっかりと防寒が必要です。
心してお月見しましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)