PENTAX K-S2

2021年3月29日 (月)

2021年3月 月齢15 ボヤーッと立待月

午前中は青空が広がっていたのですが、午後になると晴れてはいるものの、うっすらと雲が広がっているような空で、ちょっともやっとしていました。
これなら月の出から十分お月見できるなと思っていました。
今日の月の出は18:34なので、これなら月の出から追いかけられると、いつもの場所に行きました。
月が見えてくる方向にカメラを準備して待ち、10分ぐらい経てば建物の上に見えてくるだろうと思っていたのですが、18:45を過ぎても月が上ってきている気配がない!
気がつけば18:50!
雲が広がってて見えないってこと?
でも、目を凝らしてみていると、ボヤーッと明るいところが見えてきました。
月はあそこか!
思っていたよりも南寄りだったので、カメラの向きを修正して、カメラの設定を調整して一台は連続撮影開始。
もう一台で月を撮影。
かすかに見えていただけでしたが、少し明るめに撮影したボヤーッとした立待月です。
Dscf50041
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/5秒 F6.7 ±0EV ISO3200(3月29日 18:52撮影)
月齢16.0

次第に月の形がはっきりとしてきて一枚。
Dscf50058
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/10秒 F6.7 ±0EV ISO3200(3月29日 18:58撮影)
月齢16.0

月の出から1時間後、19:34の立待月です。
Dscf50144
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/25秒 F6.7 ±0EV ISO640(3月29日 19:34撮影)
月齢16.0

そして連続撮影した写真です。
18:52:54から19:40:22まで2分30秒間隔で撮影した20枚の写真を比較明合成しました。
最初のサッタースピードでは月が全く写らなかったので、少し遅めにしたら、後半は明るすぎましたけど、月のクレーターが見えたり見えなかったりしているので、雲のかかり具合の変化がわかると思います。
Moon20210329
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/25秒 F5.6 ±0EV ISO1600(3月29日 18:52:54から19:40:22まで2分30秒間隔で撮影した20枚の写真を比較明合成)

この先は雲が多そうな空のようですね。
これから少しずつ細くなっていく月を見られるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年3月19日 (金)

2021年3月 月齢6.0 弓張月とアルデバランと火星、そしてISS(国際宇宙ステーション)

今日は朝のうちは雲が多かったのですが、お昼前には雲も薄れて青空も広がって来ましたが、モヤーっと雲があるような空が広がっていました。
これなら日没後のISS(国際宇宙ステーション)も大丈夫かも?
でも、今日もまた天気予報では日が暮れてくると雲が広がってくるとのことだったので、果たして18時50分のISS(国際宇宙ステーション)は見られるか!

モヤーっとした空の中、15時前に弓張月を発見!
Dscf49066
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/750秒 F6.7 ±0EV ISO200(3月19日 14:50撮影)
月齢5.8

今夜は18:52からオリオン座の下の方から現れて、月の下を通過して、北の空へと長く見られます。
18時過ぎにはまだ雲が広がってなかったので、
今日もいつものお月見スポットに行って撮影に挑みました。
その前に、暗くなった空の月ですと生きたいところでしたが、なんと月だけを撮っていなかった!
でも、今夜のニコニコ顔は撮影してました!
左がおうし座のアルデバラン、右が火星です。
Simgpq6107
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(3月19日 18:32撮影)
月齢6.0

この時までは良かったのですが、ISSの撮影のためにカメラの向きを決めているうちにどんどん雲が広がって来るじゃないですか!
月から北極星まで入れる予定だったのに、北極星が雲で見えなくなってる!
仕方ないのでスマホアプリで方向を確認して設定完了。
見える時間を待つのですが、どんどん雲が広がってくるじゃないですか!
せめてISSが通り過ぎるまで待ってーーーーーーと祈りながら待ちました。
そして、ISSが地表を過ぎて上ってくる時間を過ぎていつ見えてくるかと思いながら、撮影開始。
ところが低いところは完全に雲が広がって全く見えてこない!
そして、いい具合に狙っていた手前の月の手前ぐらいから見え始めてくれました。
18:56:52から18:58:58まで、シャッタースピード2.5秒で撮影した48枚の写真を比較明合成しました。
Iss20210319s
路上にて FUJIFILM X-T20+PERGEAR 12mm F2
2.5秒 F2.8 ±0EV ISO1000(3月19日 18:56:52から18:58:58までの48枚の写真を比較明合成)

この後、同じところどちょっと離れてISSを見ていた方が寄ってきて、最近この場所をみつけて望遠鏡持ってきて見ているんだけどまだ慣れない、どんな設定で撮影してるんですか?とか聞かれ、ここで撮影した過去の写真などを見せてあげたりと30分近く話し込んでしまいまいました。ちなみにマスクはしてますよ。
その間にもどんどん雲が広がってきてしまったので、ついうっかり月だけを撮るのを忘れて撤収。
あ!と気づいた時には、時既に遅しで月は雲の中!
今夜から日曜日まで、天気が悪いので、お月見はお休みですね。
日曜日の上弦の月は見られなそうですね。
春分の日に近い上弦の月の南中時は月が立ってるように見えるかの絶好の検証機会なんですけどね。
満月に向けての小休止と思って英気を養っておきましょう!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年2月28日 (日)

2021年2月 月齢16.6 上りゆく立待月

今日はよく晴れてましたね。
これなら今日も月の出(18:36)から追うぞ!と意気込んで、いつもの場所に出かけました。
今夜も上る月を連続撮影しようと、昨日見えた位置とアプリの方向から見えてくる位置に検討をつけて準備して、見えてくる前から連射開始。
そろそろ見えてくるかなと付近を歩いていると、予想していた位置よりもさらに南寄りの位置の家の影に見えていてでびっくり。
カメラの位置に戻って確認すると、携帯のアンテナのすぐ近くから上ってきていましたが、見やすい位置にカメラを動かしている余裕はないので、やむを得ずカメラの向きだけを変えて撮影続行。
連続写真は今回の最後で。

見えてきた位置で別のカメラで撮影。
月の出から8分後の上りたての立待月です。
潰れているように思いませんか?
Dscf47292
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/50秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:44撮影)
月齢16.6

それからわずか1分後の立待月です。
Dscf47309
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/25秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:45撮影)
月齢16.6

ところが、スッキリとした夜空というわけではなく、月がぼんやりはしませんでしたが、周りに雲が増えてきていました。
Dscf47361
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/5秒 F6.7 ±0EV ISO3200(2月28日 18:58撮影)
月齢16.6

月の出から1時間後(19:36)の月です。
だいぶ雲が薄れてきていましたが、まだ雲がかかっていました。
Dscf47504
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/50秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月28日 19:36撮影)
月齢16.6

18:43:34から19:43:34まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成しました。
昇る月の色の変化もわかりますが、ところどころで雲が増えて月にかかっている様子もわかると思います。
Moon20210228
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F5.6 ±0EV ISO400(1月30日 18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成)

おまけ
3/4に最接近する火星とプレアデス星団と牡牛座のヒアデス星団を撮影しました。
名前は入れてませんがわかりますよね。
Dscf47260

今日で2月も終わり。
あっという間に2ヶ月終わっちゃいましたね。
今月のお月見は雲があったりしましたけど意外とたくさん見られましたね。
さくらが咲き出す3月のお月見はどうなるでしょうね。
桜と月を楽しめるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年2月27日 (土)

2021年2月 月齢15.6 晩冬の十五夜

今日は晩冬の満月。
月の出は17:27。
月の出直後から追いかけようといつもの場所へ出かけました。
早くても17:40頃からかなと思っていたら、月の出からわずか5分後の17:32には見えてきていました。
まずいまずい、まだ準備が終わってないのにと急いで準備をして慌てて撮影開始。これが失敗の元!
17:34:30から2分30秒間隔で撮影開始。
途中で、カメラの設定を間違えてシャッタースピード固定ではなく、オートで撮影していることに気が付きましたが、時すでに遅し。
でも、30分間だけ撮影して、合成して少し暗めに修正しました。
Moon20210227s
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
2月27日 17:34~18:04まで撮影
月齢15.7

もう一台のカメラで上りたての満月を撮影しました。わかりますか?
Simgpq5930
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月27日 17:36撮影)
月齢15.6

それから10分後の満月です。
Simgpq5969
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/50秒 F6.3 ±0EV ISO1600(2月27日 17:46撮影)
月齢15.6

連続撮影を終えて、片付けてから1枚。
Simgpq5992
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/200秒 F6.3 ±0EV ISO400(2月27日 18:16撮影)
月齢15.6

家に帰ってベランダでお月見と思ったら公園の木の陰で見えなかったのでのんびり待って、夕食を食べ終えてから撮影しました。
Dscf47255
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/1000秒 F6.7 ±0EV ISO400(2月27日 20:21撮影)
月齢15.7

明日で2月も終わり。
2月の最後も晴れるようなので、日没後に上ってくる月を見て、気持ちを落ち着けて3月を迎えましょう。
桜の季節まであと少しですからね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

2021年1月 月齢17.2 のんびりと居待月

今日は風がちょっとあるものの一日中いい天気で絶好のお月見日より。
今日の月の出は18:37!
風も弱くなったし、これは月の出から追いかけよう!と、いつもの場所に出かけました。
月の出から10分後ぐらいからだろうと思って、カメラをセッティングしてフラフラしていると、月の出から5分もしない時に、準備していたところとは少し違うところの屋根の隙間に見えてきていたので急いでカメラを動かして連続撮影開始。
コンデジで、上りたての居待月を撮影しました。
Cimg16636
路上にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/4秒 F5.9 ±0EV ISO800(1月30日 18:42撮影)
月齢17.2

月がちゃんと見えるようになったところで撮影。
右上は欠けてきていますけど、少し潰れて見えますよね。
Cimg16647
路上にて CASIO EXILIM EX-ZR1600
1/25秒 F5.9 ±0EV ISO800(1月30日 18:46撮影)
月齢17.2

月が見えてからの連射はお決まりのインターバル撮影で月が上っていく様子を撮影しました。
18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成しました。
上っていく月の色の変化がわかりますね。
でも,ところどころで微妙に月の位置がずれてますよね。
触ってずれたのであれば、ずれたところからすべて同じはずだだから、シャッターの振動なのか、他の影響か。
Moon20210130
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/100秒 F5.6 ±0EV ISO400(1月30日 18:42:46から19:42:46まで2分30秒間隔で撮影した25枚の写真を比較明合成)

撮影を終えて居待月を撮影。
Simgpq5606
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/500秒 F6.3 ±0EV ISO400(1月30日 19:50撮影)
月齢17.2

家に帰り、食事をして、撮影した写真をパソコンに取り込んでから、ベランダで再び居待月を撮影。
Dscf44604
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/500秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月30日 21:37撮影)
月齢17.3

昼間は日が差して寒いということはなかったのですが、日が沈むと急速に冷え込みます。
19時台でも寒いのなんの。
使い捨てカイロを持っていってはいましたけど、手袋していても手はかじかむし、足先は冷えるし、夜の屋外での撮影はこたえますね。
徐々に月の出が遅くなって、明日は19:44。
見られるのも完全に夜ですので、しっかりと防寒が必要です。
心してお月見しましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

2021年1月 月齢6.2 弓張月にISS(国際宇宙ステーション)

今日は天気が良かったですけど、木枯らしが一日中吹き荒れていましたね。
今日の18時過ぎにISS(国際宇宙ステーション)が南西の空から、空高くを通過して北の空に消えていくまで長い時間見られる日でした。
今日はいつものスポットでカメラ2台体制でISSが現れる南西側で月とISS、北側でカシオペア座と北極星とISSを狙い、お月見もと思っていましたが、あまりに風が強いので吹きさらしのところではカメラが吹き飛ばされる危険があるため断念。
木に囲まれて少し風が弱められる近くの公園で北の空だけを狙いました。
まずはISS。
18:07に上り始めたISS。
見えてくる方向を見ていると、当初狙っていたとおり、月の方にISSが見えてきていました。
予備に持ってきていたカメラで月とISSを撮影しました。
どれがISSかわかりますよね。
Dscf42226
公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
1/2秒 F2.8 ±0EV ISO3200(1月19日 18:10:16)

そして、北の空へと向かってきたので連射開始。
18:11:20にフレームインしてから18:13:28までシャッタースピード2秒で撮影した59枚の写真を比較明合成しました。
カシオペア座をかすめていくISSです。
写真中央やや下が北極星です。
Iss20210119
公園にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
2秒 F4.5 ±0EV ISO3200(1月19日 18:11:18から18:13:28までの59枚の写真を比較明合成)

家に帰って、レンズを付け替えてベランダから月を撮影。
Dscf42262
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/200秒 F6.7 ±0EV ISO400(1月18日 18:19撮影)
月齢6.2

そして今夜も火星と接近している天王星を撮影しました。
Dscf42270
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
2秒 F5.6 ±0EV ISO3200(1月19日 18:22撮影)

明日は17:23頃の明るさの残る暮れきらない空で、ISSが南中直後の月の下を通過していきます。
見えるかどうか微妙ですけど、目を凝らせば見えるかもしれませんよ。
さらに、火星と天王星が最接近しますのでズームで狙ってみましょう。
そして、1/21には月と火星が接近し、その間に天王星もいますよ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年12月31日 (木)

2020年12月 月齢16.7 大晦日の立待月を追って

今日はいよいよ大晦日。
大晦日はよく晴れていい天気でした。
今年最後の月の出は17:35。
その前に、富士山を眺めに自転車を走らせました。
そして撮影したのがこちら。
今年最後の日没迫る太陽と富士山です。
Dscf40651

そして、昨日の満月は惜しくもだめだったので、2020年最後の月は月の出から追いかけたい!と、急いで家に戻って、月の撮影の準備をして、いつもの場所に行きました。

月の撮影の見当をつけてから、徐々に離れている木星と土星を撮影しました。木星も土星も沈むのが18時半より前と早くなり、日没が徐々に遅くなりだしたので、見える時間もほんとに限られてきました。
Dscf40752
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/500秒 F6.7 ±0EV ISO400(12月31日 17:32撮影)

そして月の側に向けて準備を整え、建物の上に見えてきそうな17:40から2分30秒間隔で1時間25枚撮影しました。
そしていつものように比較明合成しました。
撮影前に明るめに撮影した背景も合成しました。
上りゆく今年最後の立待月です。
Moon20201231a
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/100秒 F4.8 ±0EV ISO400(12月31日 17:40~18:43までの25枚を比較明合成)
月齢16.7

その間に、月の出から1時間を迎えた立待月を別のカメラで撮影しました。
Simgpq5309
路上にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/250秒 F6.3 ±0EV ISO400(12月31日 18:35撮影)
月齢16.7

連続撮影を終えて1枚。
Dscf40783
路上にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/250秒 F6.7 ±0EV ISO400(12月31日 18:44撮影)
月齢16.7

これが今年最後の投稿になります。
今年一年、お月合いくださりありがとうございました。
今年はコロナに始まりコロナに終わりましたね。
来年も引き続きコロナに振り回されそうですが、月は振り回されずに巡っていますから、落ち着いて撮影していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年12月14日 (月)

2020/12/13 ふたご座流星群

12/13~14の未明にかけて、ふたご座流星群が見頃とのことでした。
日没後も曇り空だったので撮影に出かけるか迷っていたのですが、22時頃に外を見ると、雲が減ってオリオン座が見えていたので、出かける準備をして、いつものお月見スポットに行ってみました。
雲は低い所にあるぐらいで撮影にはほぼ影響ないぐらいだったので、撮影の準備をしました。
今回は2台準備して、ふたご座側と北極星を中心にぐるぐる写真と流星群を23時過ぎから1時過ぎまでの約2時間、撮影していました。
撮影したのですが・・・

まずふたご座側。
画角やカメラの設定を決めるのに何枚も撮影して、「よし、これでいこう!」としたんですよ。
オリオン座にふたご座がわかりますよね。
Simgpq4488

ところが、いざ撮影を開始し、連射したまま2時間が経過したところで撮影終了。
確認してみると、なんと真っ暗!
え?と、設定を確認してみると、設定したはずのモードダイヤルが1つずれてるじゃないですか!
これでよし!と思って手袋をした手を動かした時にうっかり回してしまったのかなんなのか、ただひたすら真っ黒の写真を2時間も撮り続けていたんです。
私が見上げていたときだけでも、この画角の中に10個ぐらいはっきりした流星があって、これは楽しみだと思っていたのに、撮影終了直後に奈落の底へ。
Simgpq4490

全部で1200枚ぐらい撮影したのですが、午前0時以降は雲が増えはじめて、邪魔にならない範囲の写真を選んでも600枚近い写真があるので、捨ててしまうにはもったいないので、どう処理するか考えております。

北極星を中心にしたぐるぐる写真+流星群は、なんとか成功。
写真で確認できた流星は4枚でしたが、見やすかったのは2枚だけでした。
こちらも雲が増え始めた0時以降で、邪魔にならないぐらいまでの865枚を合成し、比較的わかりやすかった2枚の流星の写真を強調してみました。
それがこちら。
Meteor20201213

流星を矢印で示してみました。
Meteor20201213a

日付が変わった頃から雲が流れてきだして、星が見えないぐらいに増えたと思ったら、あっという間に引いていったりで、とりあえずは撮影していたものの、ほぼ無駄でした。
午前1時過ぎまで撮影していて、雲が多い状態だったのでもういいやと思って片付け始めたら雲がなくなってと、なんとも雲に振り回され、撮影にも一部失敗し、がっかりして帰宅しました。
今日もまた日中から曇っていて、夜には晴れる予報ですが、もうチャレンジなし!
新たな月の周りのために体力温存です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年12月 9日 (水)

2020年12月9日 南の空高くのISS(国際宇宙ステーション)

12/5からの日没後のISS(国際宇宙ステーション)週間も終盤になりました。
その中でも12/9は18時前に西北西の空から現れて、南西の空多角を通過して南南東に消えていくのを6分以上も見られる絶好の機会でした。
ただ、今日は朝から曇り空。昼過ぎから晴れてくるという予報でしたが、なかなか晴れてこない!
でも、日が傾くにつれて晴れ間が広がってきたのでチャンスありと期待していました。
17時過ぎの空にはかなり雲があるものの木星がチラチラ見えていたので期待大!
17時半過ぎに見ると、まだ雲が広がっているものの木星と土星がはっきりと見えていたのでこれはチャンス!といつものお月見スポットへ行きました。

カメラを準備して、見えてくるのをじっと待ちました。
そして、17:53を過ぎると、西北西の空の低いところから、ISSが見えてきました。
17:54頃から連射スタート!
連射した写真の中から17:55:34から17:57:18までシャッタースピード1秒で撮影した写真をえらんで比較明合成しました。
狙ったのは大接近の木星と土星の方向。写真下中央付近の2つの星がわかりますよね。
写真中央からやや右の3つ並んだ星のうち、真ん中の星はわし座のアルタイルです。
カメラをもう一台準備しておけば、夏の大三角を通過するISSが撮れたんですよ。
Iss20201209
路上にて PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]
1秒 F4.0 ±0EV ISO1600(12月9日 17:55:34から17:57:18までの87枚の写真を比較明合成)

12/12まで見られるチャンスが有るのですが、最大のチャンスは明日(12/10)の17時過ぎ。
北西から現れて。ほぼ天頂を通過して、火星の近くを通って、南東の空に消えていくまで約7分間見られます(ただし、所沢市付近)
次は12/12ですね。
それを過ぎると、今年は明け方のみになり、次のチャンスは年明けになります。
ぜひ野口聡一さんの搭乗するISSを見送りましょう!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

2020年11月 月齢6 月と土星・木星、そしてISS

今日はいい天気でしたが、日中は昨日のように強風が吹き荒れていました。
今日の夕方17時半過ぎにISS(国際宇宙ステーション)が見られるので撮影場所の下見に行く前に、月はどうかなと、14時過ぎにベランダに出て月を探すと、月の出が12:05の弓張月がしっかりと見えていました。
偶然にも月の出から2時間後に撮影していました。
Dscf36417
ベランダにて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/640秒 F6.7 ±0EV ISO200(11月21日 14:05撮影)
月齢6.0

ISS撮影予定の所沢航空記念公園へ。
撮影位置の確認後、園内を散策し、真っ赤な紅葉に囲まれた弓張月を撮影。
Simgpq4103
所沢航空記念公園にて PENTAX K-S2+TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3XR
1/160秒 F18 ±0EV ISO800(11月21日 15:11撮影)
月齢6.0

一旦帰宅して、三脚を持ち、少し暖かくして再び所沢航空記念公園へ。
先に月を撮るよりもまずはISSのためのセッティング。
セッティングしても星が見えてくると欲が出てきて、カメラの向きを変えて画角を調整。
そしてあっという間に見えてくる時間になりました。
見えてくる方向をじっと眺めていると、木の間から上ってくるISSが見えました。
よしよしと、タイミングを見計らって連続撮影開始!
17:35:34から17:37:20までシャッタースピード1秒で連射した87枚の写真を比較明合成しました。
所沢航空記念公園の放送塔と夏の大三角とISSです。
合成したら肉眼ではわからなかった星もはっきりしてくるので狙った夏の大三角がひと目でわかりませんね。
Iss20201121
所沢航空記念公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
1秒 F2.8 ±0EV ISO1600(11月21日 17:35:34から17:37:20までの49枚の写真を比較明合成)

というわけで、目印を入れてみました。
これならわかりますよね。
Iss20201121a

ISSを見送ってから、位置を変えて放送塔と月と土星と木星を撮影しました。
Dscf36555
所沢航空記念公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1秒 F3.6 ±0EV ISO1600(11月21日 17:43撮影)
月齢6.1

火星から木星まで横に撮影してパノラマ合成してみました。
書き込まなくても火星・月・土星・木星がわかりますよね。
Moon20201121

最後にドカンと弓張月です。
Dscf36572
所沢航空記念公園にて FUJIFILM X-T20+FUJIFILM XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
1/250秒 F6.7 ±0EV ISO400(11月21日 17:53撮影)
月齢6.2

明日は18時半前にとても低くて条件はよくありませんがISSが見られます。
でも、夕方から曇ってくるようなので月は明るいうちに見られそうですが、ISSはちょっと厳しそうですね。
この先はちょっと雲が多い天気になりそうなので、お月見できる時を大切にして楽しみましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

より以前の記事一覧